韓国旅行「コネスト」 うごめく消費…韓国内需景気回復するか。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > うごめく消費…韓国内需景気回復するか

うごめく消費…韓国内需景気回復するか

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国政府が内需振興のために打ち出した「韓国版ブラックフライデー」はひとまず出だしの興行には成功した。主要消費業種の今年の秋夕(チュソク)の売り上げも昨年より大幅に上がった。これに対し韓国政府は政策効果が少しずつ現れ消費心理が回復していると診断する。だ、一部の専門家は中国観光客特需、セウォル号事故後の反動効果、節約消費の拡散などを理由に内需景気回復とみるには早いと反論する。

ロッテ百貨店が4日に明らかにしたところによると、ブラックフライデーイベント期間で最初の週末となる1~3日の売り上げは前年同期比23.6%増加した。靴が62.8%増えたのをはじめ、ハンドバッグが42.1%、アウトドアが28.8%など、増加幅が大きかった。ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長(60)はこの日百貨店とマート、免税店に「流通マージンを減らしてでも良い製品が消費者に伝わるようにせよ」とイベントを指揮した。現代百貨店と新世界百貨店も同じ期間に売り上げが前年比でそれぞれ27.6%と36.7%増えた。特にファッション部門と宝石・時計などが善戦したことがわかった。

また、この日企画財政部が秋夕の景気をモニタリングした結果、昨年8月18日~9月10日と今年9月7日~29日の売り上げ比較で今年の秋夕にコンビニエンスストアの売り上げは52.3%増え、百貨店も10.9%、大型マートも6.7%それぞれ増えた。このほかオンラインショッピングモールが14.2%、アウトレットが13.8%、農畜産物専門売り場が11.4%増加した。8月27日の個別消費税引き下げ直後となる先月の国産自動車販売台数も1年前に比べ15.5%増えた。

これまでの消費心理に温もりが感じられないという評価と違った流れだ。また「韓国版ブラックフライデー」が韓国政府が広報する「最大80%割引」と違い、割引幅はほとんど30~50%以下で、品目も制限的という理由から「形だけのセール」という批判を受けた点を考慮すれば、それなりに善戦したことになる。

企画財政部のイ・チャンウ経済政策局長は、「コリアグランドセール、個別消費税引き下げにより各種割引行事が続き消費心理が回復した。政策効果が少しずつ現れている」と話した。

しかし専門家の見方はもう少し慎重だ。内需景気回復と言うにはまだ早いという分析だ。ブラックフライデーの場合、中国の最大名節である10月1日~7日の国慶節連休に合わせて韓国を訪れた中国人観光客特需が百貨店売り上げにさらに大きな影響を及ぼしたという分析が出ている。実際に1~3日にロッテ本店の中国人売り上げは前年比76.2%増えた。

在来市場の場合、事前準備と広報不足でブラックフライデー効果をほとんど得られずにいる。ソウル・永登浦(ヨンドンポ)市場関係者は「秋夕名節以降お客が大幅に減り、いまも同様だ。商人の大部分がブラックフライデーが何かもよくわからないのに、突然(中小企業庁で)予算支援を申請し割引をしろと言うので事実上準備ができない」と話した。

亜州(アジュ)大学経済学科のキム・ジョンホ教授は、「消費は特性上割引や税制優遇に敏感で、あらかじめ消費したり先に消費するものを先送りする現象がしばしば現れる。秋夕のような特定期間を比較するのではなく、長期間にわたる統計を比較してみても内需景気が回復しているのかそうでないのかを正しく知ることができる」とした。昨年のセウォル号事故と今年の中東呼吸器症候群(MERS)拡散のような消費への衝撃が相次いだという点から、比較対象数値が極めて低く現在の数値が良く見える統計上の錯視となる反動効果も排除することはできない。

財布を開くもののお金を節約する「倹約型消費」の様相もくっきりとしている。秋夕の売り上げ増加率で割引幅が大きいオンラインショッピングとアウトレットが百貨店と大型マートを上回った。秋夕連休に入場者が特にたくさん集まったのも常設展示館を無料で利用できる国立中央博物館だった。

内需統計をめぐって「日本型不況」の兆しを読みとる見方もある。今年の秋夕に売り上げが最も多く増えた業種はコンビニだった。たばこ値上げとコンビニ創業が増えたのに伴う店舗数増加の影響が大きかった。KB投資証券のヤン・ジヘ専任研究員は「コンビニは1食を安い価格でまかなえ、弁当やカップラーメンのようなインスタント食品を主に売っているが、1人暮らし世帯、高齢人口増加と不況が重なった日本でコンビニが大きく成長した前例がある。韓国の流通業界でも同様の構造変化が現れている」と診断した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年10月05日 09:15
コネスト関連記事
  • コリアブラックフライデー 2015
  • ロッテ百貨店
  • コリアグランドセール
  • 韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • <TPP妥結>韓国、TPP不参加なら韓米FTA効果が半減も
  • 韓国、国民総所得に対する企業所得比重がOECDで1位
  • 秋夕の9月も…物価上昇率0.6%止まり
  • 韓国、輸出は持続的に後退…内需はやや回復
  • 韓国の消費者物価 前年同月比0.6%上昇=デフレ懸念も
  • 関連記事
  • 「韓国高齢化ペース、日本追い越し…10年後に老後難民時代くる」
  • 「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(1)
  • 世界1位の技術、わずか1つ…危機のMade by Korea
  • 中央日報「経済」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]