韓国旅行「コネスト」 心の芯まで凍りついている韓国人…「心の温度」マイナス14度。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 心の芯まで凍りついている韓国人…「心の温度」マイナス14度

心の芯まで凍りついている韓国人…「心の温度」マイナス14度

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
きょうを生きる韓国人は自身の「心の温度」がマイナス14度まで凍っていると感じていることが明らかになった。

1日、アウトドアブランド「Nepa」が市場調査機関「マクロミル・エムブレイン」に依頼して世代別・計1000人を対象に「心の温度」を尋ねた結果、平均マイナス14度であることが分かった。これは「心配だ(-10度)」と「深刻だ(-20度)」の間であるといえる。最も「心が凍っている」人は未来に対する不安のせいで心の温度がマイナス17度だと答えた大学生と就職活動中の学生(就活生)だった。入試に苦しめられる高校生はマイナス16.6度、20・30代会社員はマイナス13.8度、50代会社員はマイナス13.5度、40代会社員はマイナス9.3度を示した。

10人に8人(79.1%)は「今後、心の温度はさらに低くなるだろう」と答えた。競争がますます激しくなり(39.9%)、経済展望が明るくない(36.5%)等がその理由だ。特に、56.7%は心の温度が低くなる時に消費欲求も低くなり、55.9%は野外活動の欲求も落ちると回答した。

一方、40・50代会社員は美談に接した時、高校生や20代大学生は家族や友人などから褒められたりその期待に応えられた時、20・30代会社員は大切な人々とおいしい料理を食べている時に心が温かくなるとそれぞれ回答した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年09月02日 10:47
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 韓国、外国人の運転免許証取得88.8%急増…「他の国より費用・時間が少なく済む」
  • 【写真】「ドラえもんタワー」
  • 秋近づく
  • 【コラム】地下鉄2号線、韓国人の情熱に出会う場所
  • 韓中日の人事行政トップ会談 ソウルで始まる
  • 関連記事
  • 中央日報「社会・文化」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ギャラクシーS8、3~4月公開
    「ポケモンGO」韓国でサービス開始
    百貨店の旧正月ギフト 売上高が減少
    「朴大統領の裸体」風刺画に批判の声
    朴大統領、弾劾可決後初の外出
    日本人観光客250万人誘致目指す
    韓国次期大統領選、文氏が快走
    漢江公園でクロスカントリー
    リュ・スヨン&パク・ハソン結婚写真
    ビョン様、失いたくないものは家族
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    17.01.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]