韓国旅行「コネスト」 李在鎔副会長、サムスン経営権の継承を開始。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 李在鎔副会長、サムスン経営権の継承を開始

李在鎔副会長、サムスン経営権の継承を開始

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
サムスン生命公益財団とサムスン文化財団は15日、理事会を開き、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長(73)の代わりに李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(47)を新任理事長に選任した。グループ経営権継承の開始を知らせる象徴的な措置という評価が出ている。

李健熙会長のサムスン文化財団理事長の任期は来年8月27日まで、サムスン生命公益財団理事長の任期は今月30日までだ。しかし李会長が1年間ほど臥病状態であり、正常な業務遂行が不可能であるため、早期に新任理事長を選任した。

財界は李副会長がグループの公式後継者としての地位を固めたと解釈している。李健熙会長のグループ内の3つの公式肩書のうち、サムスン電子会長を除いた2つを息子の李副会長が引き継いだためだ。特に両財団は故李秉チョル(イ・ビョンチョル)先代会長と李健熙会長が順に理事長を務めた。

両財団はサムスングループ支配構造の側面でも核心的な役割をしている。両財団はサムスン生命など主要系列会社の株式を保有している。しかしサムスングループは李副会長の選任に関し、株式の相続とは関係がないと一線を画した。サムスングループの関係者は「財団がグループ系列会社の株式を追加で取得したり、財団に株式が移ることはないだろう」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年05月16日 09:57
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • ロッテホテル釜山 RAINら韓流スターを広報モデルに
  • 韓国のたばこ輸出、内需販売量を上回るもよう
  • 韓銀、政策金利を年1.75%に据え置き
  • サムスン電子、世界情報技術産業時価総額で10位…3年連続下落
  • 韓国KTやソウル市など移動型EV充電設備を1万個構築
  • 関連記事
  • 中央日報「社会・文化」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、65歳以上が15歳未満を逆転
    サムスン首脳が逮捕状審査に出席
    少女時代ソヒョン、宝石より美しい瞳
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    イ・ミンホのファンミ 6千席即完売
    新ドラマ「師任堂」、働く女性の物語
    平昌五輪インスタにキム・ヨナ登場
    韓国ユニバーサルスタジオ、結局失敗
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]