韓国旅行「コネスト」 「離婚訴訟中の浮気、姦通罪は成立しない」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 「離婚訴訟中の浮気、姦通罪は成立しない」

「離婚訴訟中の浮気、姦通罪は成立しない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
夫婦が婚姻関係を維持する意思がない中で、妻が他の男性と性関係を持った場合、姦通罪は成立しない、という判決があった。

釜山(プサン)地裁は26日、姦通容疑で起訴され、一審で有罪を宣告されたA(44、女性)と相手男性B(44)に対する控訴審で、原審を破棄し、控訴を棄却した。

釜山地裁は判決文で「Aが夫に隠れてBと性関係を持ったとしても、その時期がAが夫を相手に離婚訴訟を起こした後であり、夫婦の間で離婚の意思が明らかに一致していたと判断される」とし「法律的に婚姻関係にあったとしても、夫婦の間で離婚するという意思が明らかな場合、相手の姦通に対し事前同意した見なすべき」と明らかにした。

Aは06年7月3日夜、Bと車の中で性関係を持った容疑で起訴され、昨年4月の一審でBとともに懲役10月、執行猶予2年が言い渡された。

AはBと性関係を持つ前の05年12月、夫の暴力などを理由に離婚訴訟を起こした一方、夫も06年3月、「離婚はAの乱れた生活のため」と主張し、養育権など離婚と関連した調停を裁判所に申し立てた。Aの異議申請で裁判所の調停成立が延期された中、夫が06年5月からAを尾行、不倫現場を目撃して告訴した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年03月27日 13:54
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • KTX・ソウル水西駅、2015年ごろ開通
  • 男性教師割り当て制を再推進
  • 朴正煕元大統領の生家保存会長殺される
  • インスニの金剛山公演 5月15日に確定
  • 「ラブショットの強制はセクハラ」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、65歳以上が15歳未満を逆転
    サムスン首脳が逮捕状審査に出席
    少女時代ソヒョン、宝石より美しい瞳
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    イ・ミンホのファンミ 6千席即完売
    新ドラマ「師任堂」、働く女性の物語
    平昌五輪インスタにキム・ヨナ登場
    韓国ユニバーサルスタジオ、結局失敗
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]