韓国旅行「コネスト」 金品授受禁止法 記者などへの適用めぐり違憲論争=韓国 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 金品授受禁止法 記者などへの適用めぐり違憲論争=韓国

金品授受禁止法 記者などへの適用めぐり違憲論争=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の金英蘭(キム・ヨンラン)元国民権益委員長は10日、公務員らに対し金品授受などを厳しく禁じる「不正請託および金品授受禁止法」で、金品授受の禁止対象に私立学校の教職員や記者が含まれていることが「違憲」と指摘されていることに対し、「違憲だとは思わない」と述べた。

 同法は公務員らの不正根絶を目的に制定され、来年10月から施行される。金品授受の禁止対象は政府機関と公共機関の職員、国公立学校と私立学校の教職員、記者などメディア従事者らと、その配偶者。1回100万ウォン(約11万円)を超える金品を受け取った場合、対価性や職務関連性に関係なく刑事処分を受けることになる。2012年、金氏が国民権益委員長として制定案を提出したことから、同法は「金英蘭法」とも呼ばれる。

 金氏は、世論調査で私立学校の教職員と記者が金品授受の禁止対象となっていることに69.8%が賛成したと説明し、行き過ぎた法律ではなく、比例原則違反にも当たらないとの考えを示した。

 また、民間での不正・腐敗も非常に深刻だとし、不正の根絶に向けた公務員社会の改革を企業、メディア、金融、社会団体を含むあらゆる民間分野に広げていくのが効率的だと指摘した。

 一方、言論の自由は特に保護されるべき重要な民主的価値であり、絶対に必要な自由だとし、言論の自由が侵害されないよう特段の対策が求められると述べた。

 このほか、同法の問題点として▼適用対象を本人と配偶者に限定したこと▼100万ウォン以下の金品を受け取った場合は職務関連性がある場合に限り過料を科すとしたこと▼「不正請託」の概念を狭めたこと――などを挙げた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年03月10日 15:51
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • <駐韓米大使襲撃>リッパート大使「私は今も町内のおじさん…雨降って地固まる」
  • 韓国のネット接続速度 世界平均の5.6倍でトップ
  • 【写真】完全に干上がった昭陽江=韓国
  • 菓子かばんの次は韓国ラーメンかばんが流行?!
  • 春はまだ先?
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入所
    朴泰桓 アジアの壁をまた越えた
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓が観光交流促進協議に署名予定
    日韓政府、観光交流促進協議署名へ
    G-DRAGONブランド、海外進出
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    韓国人が最も好きな広告モデルは?
    EXO中国公演、暫定延期へ
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]