韓国旅行「コネスト」 ナッツリターン事件で検察が趙顕娥前副社長の拘束令状請求へ。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ナッツリターン事件で検察が趙顕娥前副社長の拘束令状請求へ

ナッツリターン事件で検察が趙顕娥前副社長の拘束令状請求へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
検察が趙顕娥(チョ・ヒョンア)前大韓航空副社長に対する事前拘束令状を請求することにした。「ナッツリターン」事件を捜査中のソウル西部地検関係者は20日、「来週初めに趙前副社長に対する捜査を終え身辺処理問題を決める方針」と話した。同関係者は、「国民的関心事案であり最高検との協議が必要だが、犯罪容疑の重さと証拠隠滅の可能性などを考慮すると拘束捜査は避けられないようにみえる」と話した。最高検関係者も「会社が組織的に証拠隠しを図った点から事案を重く扱わなければならないというのが高位幹部の意見」と話した。趙前副社長は航空保安法違反、業務妨害、証拠隠滅などの容疑を受けている。

ソウル西部地検はこの日大韓航空の専務を呼び、趙前副社長の機内でのトラブルを隠すために会社側が組織的に乗務員に虚偽の陳述を強要したのか、乗務員に対する懐柔や圧迫に趙前副社長がどの程度介入したのかを調査した。これに先立ち検察は同社の常務を3回にわたり呼び国土交通部と検察の調査に備えて証拠隠滅を試みたかを追及した。この過程で趙前副社長ら高位幹部とやりとりした報告や指示についても調査した。捜査チーム関係者は「確保された証拠で懐柔や圧迫の輪郭は明らかになった状態だ。これに対する趙前副社長の役割を明確にするための裏付け調査を進めている」と説明した。西部地検は証拠隠滅に加担した大韓航空幹部も司法処理する計画だ。そのうちの一部に対しては拘束令状が請求される可能性もある。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年12月21日 10:23
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 韓国教授が選ぶ今年の四字熟語「指鹿為馬」
  • 韓国原発の資料またネット流出 「稼動中断を」と脅迫も
  • 警察「水原“臓器ない遺体” 計画的な犯行」
  • 【写真】4000冊で作った「ブック・ツリー」=韓国
  • 検察「大韓航空前副社長、役員ではなく乗客」
  • 関連記事
  • 国土部の航空監督・運航審査官、27人中21人が大韓航空出身者
  • 検察「大韓航空前副社長、役員ではなく乗客」
  • 「ナッツリターン」事態、企業らはイメージ管理に苦心
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ムン・ソリと西川美和監督 あす対談
    イ・ヨンエ、「女神」のように登場
    「限韓令」も防げないコン・ユの人気
    G-DRAGONのMV1億再生突破
    海事大学卒業式、新しい出発へ
    ギャラクシーS8、3~4月公開
    「ポケモンGO」韓国でサービス開始
    百貨店の旧正月ギフト 売上高が減少
    「朴大統領の裸体」風刺画に批判の声
    朴大統領、弾劾可決後初の外出
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    17.01.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]