韓国旅行「コネスト」 韓国、海洋警察・防災庁を解体…「国民安全処」傘下に。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 韓国、海洋警察・防災庁を解体…「国民安全処」傘下に

韓国、海洋警察・防災庁を解体…「国民安全処」傘下に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
与野党が31日、「セウォル号3法」に合意した。旅客船セウォル号沈没事故から198日目だ。セヌリ党の李完九(イ・ワング)院内代表と新政治民主連合の禹潤根(ウ・ユングン)院内代表は国会でこの日午後、セウォル号特別法・政府組織法・犯罪収益隠匿規制処罰法(兪炳彦法)の「セウォル号3法」に関する合意事項を発表した。合意した法案は11月7日の国会本会議で処理することにした。

最大の争点だった政府組織法改正案の場合、政府の原案通り海洋警察庁と消防防災庁を解体し、首相直属の「国民安全処」(原案は国家安全処)傘下の次官級本部に編入することにした。しかし組織の独自性は保障することにした。海洋警察の代わりに新設される海洋警備安全本部は国民安全処長官の指揮のもと人事・予算の独自性を維持し、海上で発生した事件の捜査権限も行使する。海洋交通管制センターは海洋水産部と海洋警備安全本部が共同管理する。消防防災庁の代わりとなる中央消防本部も人事・予算の独自性を維持する。与野党は消防安全税を導入して消防予算を確保し、消防職の国家職転換を推進することにした。また、大統領秘書室には災難安全秘書官を置く。

セウォル号特別法に関しては、真相調査委員長は犠牲者家族代表会議が選出する常任委員が引き受け、副委員長(事務局長兼職)はセヌリ党推薦常任委員が、真相究明小委員長は新政治連合推薦常任委員がそれぞれ引き受ける。委員会の同行命令状を違反すれば1000万ウォン(約100万円)以下の過怠金が科される。兪炳彦(ユ・ビョンオン)法も多衆人命被害事故の場合は第三者に追徴できるようにするなど従来の合意通り妥結した。このほか教育部長官が兼任する社会副首相(教育・社会・文化分野)の新設も原案通りとなった。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年11月01日 11:48
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • オランダ国王夫妻の訪韓歓迎式
  • 北朝鮮 弾道ミサイル発射可能の新型潜水艦建造
  • 198日ぶりセウォル号特別法が決着したが…遺族賠償は別の難題
  • 韓国政府 仁川アジアパラ大会参加の北朝鮮選手費用を支援
  • 韓国経済にダメージ 対中輸出の不振長引く見通し
  • 関連記事
  • 中央日報「政治」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    朴大統領、特検捜査に対応を表明
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    新高速鉄道の運行開始
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]