韓国旅行「コネスト」 【噴水台】アイドルの「うまく別れる方法」=韓国。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 【噴水台】アイドルの「うまく別れる方法」=韓国

【噴水台】アイドルの「うまく別れる方法」=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
少女時代ジェシカの脱退で騒々しい1週間だった。強制脱退または自発的脱退をめぐり主張が食い違う状況。ファンも驚いた。

アイドルグループをめぐる葛藤は初めてでない。「奴隷契約」やメンバーの不和などが理由だ。解散やメンバー交代など内紛が相次いだ。特に2000年代のK-POP韓流開拓の代表走者だった東方神起とWonder Girlsは最も劇的な破局を迎えた。それぞれ日本と米国という巨大市場で成功したトップ走者だった。東方神起は2人組の東方神起とJYJに分裂し、Wonder Girlsは消えた。国内ではトップスターだったが海外では一からスタートする過程が、相当な後遺症をもたらしたと推測される。韓流や海外市場開拓が果たしてメンバーの欲望だったのか、所属事務所の欲望だったのかは正確に知るすべもない。最近はZE:Aのメンバーがソーシャルネットワークサービス(SNS)で所属事務所の社長を批判し、翌日に和解するというハプニングもあった。

上映中の『9muses:彼女たちのサバイバル』はアイドル世界の裏を見せるドキュメンタリーだ。イ・ハクチュン監督が1年余りマネジャー生活をしながら、ガールズグループ「9muse」の過酷なデビュー過程を撮った。「悔しければスターになれ。その時に待遇する」「かわいいふり、誠実なふり、頭が空でないふりをしろ」。所属事務所の関係者の言葉に、メンバーは「自分がなぜこんなことをしているのか分からない。もうすぐ脱退しようと思っている」「芸能でも何でも、はやく一人でも成功して一人でやるつもり」と答える。

劇場版には出てこないが、BBCが昨年放送したものには所属事務所の代表が紙でメンバーのほおをたたく場面があり、論議を呼んだ。しかし監督は「脈絡上、ほおをたたいたとは考えにくい」とし「アイドルと所属事務所の関係は単に被害者と加害者ではない。お互いの欲望のために必要とする関係」と話した。つまり、このように合致した欲望が食い違う時に紛争と葛藤が生じる。少女時代の問題もファッション事業、結婚などメンバーの個人活動とチームの活動が衝突して始まったようだ。

最近SNSには「日本では『卒業』という形でアイドルをうまく送りだすのに残念だ」というコメントが見られる。どうせいつかは別れることになるため、「卒業」という形が定着したということだ。卒業メンバーのための卒業コンサートも開く。永遠のアイドルはいない。今はもう、アイドルをうまく育てることに劣らず、うまく別れる方法も考えなければいけないようだ。血を分けた家族のような情が一日で敵になって攻撃し合う姿に衝撃を受けるファンのためにもだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月04日 12:14
コネスト関連記事
  • 「JYJ」ファーストコンサート
  • 現役アイドル、結婚!
  • 韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • モデルのキム・ヨンア、AKB48立ち上げた事業家と再婚
  • 少女時代「テティソ」、痛みの中でも華麗な舞台で圧倒
  • 釜日映画賞、『弁護人』が4冠、ソン・ガンホ-シム・ウンギョンが主演賞
  • <釜山国際映画祭>巨匠・新鋭に幅広く光…注目の作品は?(1)
  • 少女時代脱退ジェシカ「当惑して、くやしくて」…報道資料全文公開(1)
  • 関連記事
  • 中央日報「芸能」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]