韓国旅行「コネスト」 サムスン李会長 容体著しく改善するも意思疎通はまだ 。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > サムスン李会長 容体著しく改善するも意思疎通はまだ

サムスン李会長 容体著しく改善するも意思疎通はまだ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】心筋梗塞の緊急手術を5月に受け、入院している韓国最大の財閥サムスングループの総帥、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長(72)の容体が著しく改善している。同グループ未来戦略室の李濬(イ・ジュン)コミュニケーションチーム長(専務)が13日、伝えた。

 李チーム長は同日の社長団会議で具体的な容体や治療方法はプライバシーにかかわるため説明できないとしながらも、李会長について「健康で、改善している」と話した。

ただ、まだ意思疎通はできない。李会長は今月17日で入院から100日になる。

 李会長が入院しているサムスンソウル病院の医療陣は入院から1カ月後の6月初め、「李会長は1日8~9時間、目を開け手足を動かせる状態だ」としていた。 また、サムスン側は病床で主要懸案について説明すると反応を示す状態だと伝えていた。

  李会長は5月10日深夜、ソウル市内の自宅で心筋梗塞を起こし、近くの順天郷大病院に運ばれた。病院到着直後に心臓まひの症状が出たが応急措置で症状が落ち着き、11日未明にサムスンソウル病院に移送され「ステント」と呼ばれる網状のチューブで心臓の血管(冠状動脈)を広げる手術を受けた。

 その後、低体温治療を受けている。同治療は体温を下げ細胞の代謝を落とすことで組織損傷を最小限にとどめるもの。

 心肺機能が正常に戻ったため一般病室に移り、入院から半月で意識を回復した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年08月13日 11:52
コネスト関連記事
  • 【うちの社食を紹介します。】三星(サムスン)グループ
  • 韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 仁川国際空港の累計利用客数 4億人突破
  • 外国人専用カジノ備えた複合リゾート4カ所設立
  • 漢江を仏セーヌ川に リゾート開発を積極支援=韓国政府
  • 秋夕ギフト予約 不況響き低価格商品が人気=韓国
  • LG電子、7兆ウォン規模の世界スポーツ照明市場へ挑戦
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、65歳以上が15歳未満を逆転
    サムスン首脳が逮捕状審査に出席
    少女時代ソヒョン、宝石より美しい瞳
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    イ・ミンホのファンミ 6千席即完売
    新ドラマ「師任堂」、働く女性の物語
    平昌五輪インスタにキム・ヨナ登場
    韓国ユニバーサルスタジオ、結局失敗
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]