韓国旅行「コネスト」 毎年10兆ウォン投じたのに…出生率1.18人に減少=韓国。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 毎年10兆ウォン投じたのに…出生率1.18人に減少=韓国

毎年10兆ウォン投じたのに…出生率1.18人に減少=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の昨年の出生率が1.18人に落ちたことがわかった。保健福祉部は11日、朴槿恵(パク・クネ)大統領への業務報告で昨年の出生率をこのように報告した。昨年11月までに生まれた子どもの数に基づき12月分の見当をつけ2013年の出生率を推定した。2012年の1.3人から大きく落ちた。昨年の出生率は少子化対策施行前の2003年と同じだ。

保健福祉部は昨年の出生児が43万8000人で前年より約4万6600人(9.6%)減ると推定した。出生率は2005年に1.08人と最低値に落ちた後、政府が年平均10兆ウォン(約9619億円)以上を当時ながら2012年まで増加傾向を維持してきた。保健福祉部関係者は、「結婚しなかったり先送りする人が増え出生率が低くなった。2012年は「黒竜の年」であることが作用し出生率が高かった側面がある」と話した。

保健福祉部はこの日の報告で、出生率を上げるために時間制労働者などが望む時間に保育園などの施設を利用する時間制保育班を導入することにした。このほか、夜間・休日時間の延長保育サービス提供、産業団地への保育施設設置などの対策を施行すると明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年02月12日 09:39
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 人気ドラマ、バラエティの中の場所…韓流観光商品に育てる
  • 大雪で孤立した住民をヘリで救助=韓国・江原道
  • 昌慶宮、今冬初めての夜間開放=韓国・ソウル
  • 老後備えるために生活切り詰め…韓国の消費不振の背景
  • 仁川空港鉄道利用の外国人観光客増加で問い合わせ相次ぐ=韓国
  • 関連記事
  • 中央日報「社会・文化」ニュース

     

  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    元KARAヨンジのさわやかな笑顔
    仁川空港にカプセルホテルオープン
    潘基文氏、李前大統領と30分間会談
    大田にロボット研究センター開所
    韓国、若者の失業と信用不良の時代
    オン・ジュワンとチョ・ボア 破局
    旧正月を控え、高く積まれる宅配荷物
    ソウルに大雪 地下鉄は混雑
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]