韓国旅行「コネスト」 1日にコーヒー2000杯を売るミスコリア、その経営の秘訣とは?。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 1日にコーヒー2000杯を売るミスコリア、その経営の秘訣とは?

1日にコーヒー2000杯を売るミスコリア、その経営の秘訣とは?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「1日にコーヒー2000杯を売る秘訣ですか?社長が勤勉でなければなりません」

最近、都心の大通りなら間違いなくコーヒー専門店3、4店は目にすることができる。

 コーヒーの味やインテリアまで似通っていて、特徴がなければ差別化された競争力を確保するのは容易ではない。そんななか、フランチャイズ・コーヒー専門店EDIYAのソウル大峙洞(テチドン)ポスコ店は1日に2000杯以上を売っている。全国およそ800店のEDIYA加盟店の中で最高記録だ。

店主のキム・ソユン社長(35)は「いくつものコーヒー専門店の前を通りすぎても、私達のお店に来てくれる常連さんのおかげ」と話した。秘訣はスタッフが顧客と目が合う数秒の間に明るく親切な態度で良い印象を残すということだった。心をつかむのに失敗すればそのお客さんは1回きりで終わるということを経験したキム社長は、売り場のアルバイト6人を全部正社員に切り替えた。以降、スタッフの表情が明るくなって常連が増え、そのぶん売上が上昇していったという。キム社長は「スタッフに投資することほど残るものはない」と強調した。

2002年のミスコリア「ミス・ゴールデンデュー」に選ばれたキム社長は不動産コンサルティング会社を経て5年前にコーヒー事業に飛び込んだ。小さいカフェでもいいから自分で経営してみたいという夢を実現したのだ。「社長ほど勤勉なスタッフはいない」という姿勢で、スタッフより30分先に出勤して30分遅く退勤する。彼女は「自分の事業を始め、どうせならうまくやってたくさん儲けようという気持ちが湧いてきた」と笑った。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年07月25日 15:15
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 韓国、円安でマグロの販売が42%急増
  • スマホ世界シェア サムスンが首位維持=アップルは下落
  • 韓国経済、低成長から脱出…第2四半期の成長率1.1%
  • ジンエアーが仁川~長崎に就航、韓国系LCCで初めて
  • ハイト真露 高級焼酎をリニューアル発売=韓国
  • 関連記事
  • 中央日報「経済」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]