韓国旅行「コネスト」 ソウル市、第3子以降に月10万ウォンの養育費支援。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > ソウル市、第3子以降に月10万ウォンの養育費支援

ソウル市、第3子以降に月10万ウォンの養育費支援

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

ソウル28日聯合】ソウル市は来年から、第3子以降の子どもが生後72カ月に達するまで、月10万ウォン(約1万2000円)の養育手当て、または保育施設利用費の50%を支援する。市は28日、こうした内容の「ソウル市多子女家族の乳幼児養育支援などに関する条例」を制定、来年1月から施行すると明らかにした。現在は第3子以降の子どもについては、生後36カ月まで施設保育費全額が支援されている。
 両親は保育施設利用料支援と現金支給から希望に応じて選択でき、三つ子以上の場合には、一緒に生まれた乳幼児がみな第3子と同じ支援を受けられる。支援を受けるには、両親と対象になる子どもがソウル市に住所を置くことが条件となる。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年12月28日 10:01
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 「来年は先進化元年」李明博当選者が新年の辞
  • 盧大統領「絶望と挫折を抱いて帰郷」
  • 許京寧氏「生業なしに常に選挙だけ準備」
  • ソウル市が人材育成支援、500億ウォンの基金設立
  • 「386」から「475世代」に国政の核心が変わる
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    雪景色が絵画のような美しさ
    2017コリアグランドセール開幕
    反朴政権リスト疑惑で現職閣僚逮捕
    元KARAヨンジのさわやかな笑顔
    仁川空港にカプセルホテルオープン
    潘基文氏、李前大統領と30分間会談
    大田にロボット研究センター開所
    韓国、若者の失業と信用不良の時代
    オン・ジュワンとチョ・ボア 破局
    旧正月を控え、高く積まれる宅配荷物
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]