韓国旅行「コネスト」 韓国の政権引き継ぎ委 労働時間短縮案を検討 。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 韓国の政権引き継ぎ委 労働時間短縮案を検討

韓国の政権引き継ぎ委 労働時間短縮案を検討

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領職引き継ぎ委員会が、労働時間を短縮するため、休日出勤を残業に含めることを検討する。

 同委員会の関係者が11日、「長時間勤務の慣行を変えるため」と説明した。

 朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領は大統領選で、10大公約の一つとして「労働者の暮らしの質引き上げ」を掲げた。具体的には、2020年までに年間労働時間を経済協力開発機関(OECD)平均まで短縮するとした。

 現行の勤労基準法(労働基準法に相当)は、法定労働時間を1日8時間、週40時間、時間外労働を週12時間までと定めている。しかし、雇用労働部の解釈によると休日労働は時間外労働に含まれないため、平日の40時間と時間外労働12時間に2日間の休日労働を合わせ、週68時間勤務したとしても法定労働時間を守ったことになる。

 休日出勤を残業に含めるためには、1週間の概念を「休日を含む7日間」と法で明示すればよい。すでに与党セヌリ党がこうした内容を盛り込んだ勤労基準法改正案を国会に提出している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年01月11日 09:40
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 朴次期大統領 英・仏大使と会談=協力確認
  • 国連の北朝鮮制裁議論 中国が米国と接触開始
  • 青瓦台、李大統領側近の特赦を検討
  • 朴次期大統領 きょう中国政府の特使と会談
  • 朴次期大統領が財界代表と会合 「温かい成長」を強調
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    主要4カ国駐在大使ら初の情勢点検会
    外貨預金残高 7カ月ぶり低水準
    国政介入事件 次はロッテとSKか
    作曲家の吉俣良 3月に来韓公演
    整形経験者91.3%、性格も変わる
    特検、サムスン電子副会長の逮状状を
    韓国「放棄世代」、余暇や結婚も放棄
    大統領権限代行、23日施政方針発表
    「君の名は。」250万人突破確実
    海の水も凍る寒さ、きょう午後和らぐ
    週間アクセスランキング
    G-DRAGON、サンダラと熱愛?
    17.01.10
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]