韓国旅行「コネスト」 宗教家にも課税へ 今月中に立法予告=韓国 。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 宗教家にも課税へ 今月中に立法予告=韓国

宗教家にも課税へ 今月中に立法予告=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部高官は8日、宗教家の所得を勤労所得と規定し課税することを盛り込んだ所得税法施行令改正案を今月中に立法予告する方針を示した。立法予告とは法律を制定・改正・廃止する際に官報などで内容を知らせ、意見を募集する制度。

 宗教家への課税は現行の法律でも可能とされるが、反発がある可能性があり、課税の根拠を明確に定めることにした。宗教家の所得を勤労所得にするかその他の所得にするかについては、勤労所得にすることを決めた。

 企画財政部は宗教界と協議を行ったとしているが、宗教活動による所得を勤労所得にすることへの宗教界の反発が予想される。だが、宗教家への課税を求める声が多く、立法には問題ないとみられる。特に、カトリック教会は1994年、税金を払うことを決定。一方、プロテスタント側からは自主的な納税者があり、公平性に欠くとの指摘もあった。

 企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官は昨年8月、税法改正案を発表し、「宗教家であるなしにかかわらず、所得があれば納税の義務があるということには議論の余地がない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年01月08日 14:35
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 予算の6割を上半期に執行 景気てこ入れ目指す=韓国
  • 韓国初ロケット「羅老」、今月中にも打ち上げ可能
  • 現代・起亜自の工場 深夜勤務廃止=2交代制へ
  • 世界の観光業界 韓国人の海外旅行増に注目
  • 韓国移動通信3社、今日から順に営業停止…補助金戦争“休戦”(1)
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    免税店特許期間延長法案が廃案に
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    大統領 弾劾案発議「国民裏切った」
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]