韓国旅行「コネスト」 許京寧氏「生業なしに常に選挙だけ準備」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 許京寧氏「生業なしに常に選挙だけ準備」

許京寧氏「生業なしに常に選挙だけ準備」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第17代大統領選挙に出馬した経済共和党・許京寧(ホ・ギョンヨン、60)候補が再び注目を集めている。

同氏は0.4%にあたる9万6756票を獲得した。いわゆる群小候補に分類される4人のうちトップだ。同氏は「朴槿恵(パク・クンヘ)前ハンナラ党代表と結婚する計画だった」「私の知能指数は430」などの発言で関心を集めたことがある。最近では、ケーブルテレビをはじめとするテレビ番組にも相次いで出演した。

だが、許候補を批判する声もある。「以前の政治家らに失望した国民が、当惑させる公約や偽りの事実にしばらくの間注目しただけ。大統領選をコメディー化した」とのこと。

26日、許候補に会った。同氏は「次回大統領選も考えているので、インタビューが過度に興味中心や戯画化されるのを望まない」とした。

次は一問一答の内容をまとめたもの。

−−得票数に満足したか。

「党員数が30万人なのに、それより少なかった。小学生からも『許京寧の人気はスゴイね』と言われたが、私の票がどこへ行ってしまったのかは私も知りたいところだ。何かの錯誤があったに違いない」。

−−大統領選を戯画化したと批判する声もあるが。

「人々は、最初はガリレイのことをバカにした。だが、結局どうなったか。順次変わっていくだろう」。

−−5億ウォン(約6000万円)の預託金や選挙資金の出所を知りたがっている人が多いが。

「預託金と選挙資金は地区党に集まったものを使っており、党員が少しずつ募金した。実は、数十億ウォンにのぼる選挙資金が費やされたが、得票率15%を超えることができず、返してもらえなくなった」。

−−IQ430はうそだと言われているが。不可能な数値なのでは。

「朴正煕(パク・チョンヒ)大統領がわたしのIQを知りたいと言うので、ソウル大学教育学部の教授を呼んでテストしたことがある。教授が誰だったかは覚えていないが、430は間違いない」。

−−掲げていた公約に現実性がほとんどないといわれているが。

「IQ100のレベルの人々の考え方だ。わたしの考える政策は、IQ100レベルの人々が考えるものとは当然異なる」。

(※許候補は▽国連本部を板門店に誘致する案▽結婚手当1億ウォンの提供−−などを公約に掲げていた)

−−普段はどんな活動をしているのか。

「生業はない。党がわたしの生計の責任を取っている。朴正煕思想研究所と許京寧政策研究所を運営中だ。常に選挙の準備だけをしている」。

−今後の計画は。

「次の統一地方選に、地方区または経済共和党の比例代表1番として出馬するつもりだ。国民の立場からも、突然大統領職を務めさせるのは不安だろうが、国会議員を務めさせた後にやらせれば安定的だと考えるはずだ」。

ミン・ドンギ記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月27日 15:25
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 盧大統領「絶望と挫折を抱いて帰郷」
  • ソウル市、第3子以降に月10万ウォンの養育費支援
  • ソウル市が人材育成支援、500億ウォンの基金設立
  • 「386」から「475世代」に国政の核心が変わる
  • 許京寧氏「大統領を4度する運勢…大統領選に再挑戦」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]