韓国旅行「コネスト」 映画『私が殺人犯だ』制作会社「盗作主張は事実無根」。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 映画『私が殺人犯だ』制作会社「盗作主張は事実無根」

映画『私が殺人犯だ』制作会社「盗作主張は事実無根」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画『私が殺人犯だ』の制作会社側が、シナリオ作家ユン氏の“盗作”主張に反論した。

シナリオ作家ユン氏(35)は13日、「『私が殺人犯だ』は自分のシナリオを盗作した作品」として上映中断とフィルム全量回収を主張し、制作・配給社メディアフレックスと共同制作会社ダセポクラブ、チョン・ビョンギル監督を相手取り、ソウル中央地裁に上映禁止仮処分申請を出した。また「09年7月にケーブルチャンネルQTV番組『真実の瞬間』を見た後にアイデアを得てシナリオを作成した」と主張した。

これに対し、制作会社ダセポクラブの関係者は13日、韓国の日刊スポーツとの電話で、「『私が殺人犯だ』は、チョン・ビョンギル監督が1980年代に日本を騒がせた“食人殺人魔”佐川一成事件を扱ったドキュメンタリーからインスピレーションを得て、09年初めから執筆した作品」とし「09年7月14日に最初のトリートメントが完成されたので、盗作というのは話にならない」と述べた。続いて「反論できる証拠資料を十分に確保しているので(ユン氏の)仮処分申請はすぐに棄却されると考えている。その後に名誉毀損に強く対処する」と伝えた。

『私が殺人犯だ』は、時効となった連続殺人犯が自叙伝を書いてスターになった後、過去に自分を追った刑事と対決するという設定のアクションスリラー。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年11月14日 12:06
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • 俳優ウォンビン、駅に登場するなり人ごみ「ひょっとしてマネキン?」
  • PSYがマドンナ公演に登場 乗馬ダンス披露
  • <インタビュー>初主演映画で韓流スター演じたキム・ジェジュン
  • T-ARAヒョミン、ファー使いの空港ファッション「欠点なし」
  • 俳優ソ・ジソブ、隠れゲーマー? “国民ゲーム”エニパンで高得点
  • 関連記事
  • 『私が殺人犯だ』のパク・シフ、筋肉質のボディーを公開
  • 俳優パク・シフ「恋愛しなくなって7年、結婚は…」(1)
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]