韓国旅行「コネスト」 韓国ロケット「羅老」打ち上げ、早くても来月中旬以降に可能。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 韓国ロケット「羅老」打ち上げ、早くても来月中旬以降に可能

韓国ロケット「羅老」打ち上げ、早くても来月中旬以降に可能

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国宇宙ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-1)の打ち上げは来月中旬以後に再開される見通しだ。

教育科学技術部のノ・ギョンウォン戦略技術開発官は28日、「羅老宇宙センターで27日に韓ロ飛行試験委員会(FTC)会議を開き、破損した羅老号のゴムリング形態のシールをロシアに送り精密分析することにした」と明らかにした。精密分析はロシア技術陣の要請に従ったもの。ノ開発官は、「羅老号の3度目の打ち上げ日程は29日に開かれる打ち上げ管理委員会で公式に決める。ヘリウムが漏れたのがシール破損のためなのか、そうでなければすき間が先に発生してシールが破損したのか、まだ結論を下すことができていない」と話した。これにより今回の羅老号打ち上げ期限の31日までに打ち上げを再開するのは事実上難しくなった。

ロシアに送られたシールの精密分析と結果通知までは相当な期間がかかるというのが羅老号技術陣の説明だ。たとえ分析が早く終わっても、新たな打ち上げ日程を決め、これを国際機関に通知する手続きも踏まなければならず、早くても来月中旬以後に3度目の打ち上げが可能と教育科学技術部は予想している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年10月29日 08:20
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 「1人当たりのGDP3万ドル時代、今後10年以上かかる」=韓国
  • ギャラクシーとiPhone 衝撃に強いのは?
  • 韓国ロケット「羅老」に異常発見 打ち上げ準備中断
  • 韓国の消費者心理 3カ月連続で基準値割り込む
  • 外資系91社 ソウルで就職説明会開催
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国最古の金製工芸品
    韓国男子フィギュアに期待の新星
    職務停止の朴大統領 官邸で休息
    7週目の集会はお祭りのよう
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    新高速鉄道の運行開始
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]