韓国旅行「コネスト」 黄禹錫博士が帰ってくる?。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 黄禹錫博士が帰ってくる?

黄禹錫博士が帰ってくる?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
幹細胞論文捏造疑惑で裁判中の黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大獣医大教授が再起を狙っている。

論文捏造と非倫理的な卵子獲得などの問題で、昨年3月、黄元教授の体細胞クローン胚研究承認が取り消されてから1年10カ月あまりたった。

17日、保健福祉部によると黄禹錫元教授の国内研究拠点である担当生命工学研究院が最近、福祉部に提出した「体細胞胚研究計画書」が13日、公式に受付されたことが確認された。

福祉部関係者は「11日、担当研究所から体細胞胚研究計画書を提出され、検討した結果、13日付で公式に受け付けることにした」とし「研究計画書には責任研究員ではないが、所属研究員として黄禹錫博士の名前が含まれている」と述べた。

黄禹錫元教授の側近によると6月から黄元教授はタイの某研究機関で幹細胞研究を続けながら再起のための本格的な準備を進めているということだ。しかし、黄元教授の裁判が進行中の状況で福祉部が研究を承認するかは未知数の上、人の皮膚の細胞を利用した逆分化万能(ips)細胞が患者個人型ES細胞の倫理問題を解決する代案として浮上した状況で、黄元教授が意図どおり再開することができるか注目される。

◇何を研究するのか

担当研究所は福祉部に提出した研究計画書で、既存に黄禹錫元教授が試みた患者個人型体細胞クローン胚研究を再開するという実験計画をうち出した。これは人間の卵子から核をとり除いた後、患者の体細胞核を卵子に入れて体細胞を複製し、各種疾病治療に使われる幹細胞を作る方法だ。

しかし、この方法は2005年、黄禹錫博士が患者個人型幹細胞を作ったと報告したが、虚偽だと明らかになった後、研究費支援と卵子寄贈がぱったりと途絶え、沈滞期を迎えた。一方、韓国の研究が進まないでいる間、米国科学者たちは霊長類では初めてサルの体細胞を複製し、幹細胞を作るのに成功、再び生命科学界の耳目を集めた。

◇ヒトクローン胚、実効性はあるのか?

しかし、変わった生命倫理法は、体細胞クローン胚研究をかなり制限しており、黄元教授の研究が法の枠の中で実現可能なのか、懐疑的という評価だ。現行法規中では事実上、体細胞クローン胚研究が成果を出すのには容易でないという話だ。

では担当研究所が体細胞クローン胚の研究計画書を提出した理由は何か。

これに対してこの関係者は「現在は卵子供与を厳格に制限しているが、今後、世界各国の研究成果が発表されて倫理問題に対する論議が解法を見出せば合理的に法が改定されることがあるのではないかという思惑がある」とし「それまでは法の枠の中でも研究を続けなければならないのが我々の宿命だ」と吐露した。

しかし黄元教授の再開にはもうひとつ障害物がある。

生命科学界の最近の研究の流れが人間クローン胚から皮膚の細胞を逆分化させて万能細胞(幹細胞)を作る方向に急転回する可能性が高くなったという点だ。

先月、米国と日本研究チームは、人間の皮膚の細胞に4種類の遺伝子をウイルスに載せて注入後、活性化させる方法で、幹細胞を樹立に成功したとネイチャーとセル誌にそれぞれ発表した。

その上、クローン羊ドリーを作ったイギリスのエジンバラ大学イアン・ウィルマット教授の場合、最近、人間のクローン胚放棄を宣言し「胚芽なしで幹細胞を生産する日本の科学者たちの新しい技術を支持する」と明らかにした。

これに対して担当研究所関係者は「今回の研究は皮膚細胞の逆分化を起こして幹細胞を作ったという点で画期的な新しい領域を開拓したという点は認める」としながら「今、よちよち歩きを始めた段階で、ウイルスによるがん細胞の発生問題を解決しなければならないことに比べ、体細胞クローン胚研究は、すでに全臨床段階も動物実験も終わった段階であり、速度の面で差がある」と述べた。

◇ 黄禹錫博士、カムバックは可能か

黄元教授が国内研究を再開するためには担当研究所が提出した研究計画書が疾病管理本部傘下研究計画審議委員会の承認を受けなければならない。

福祉部関係者は「審議委では研究計画だけではなく、研究員たちに体細胞クローン胚の研究を遂行する資格があるかも、同時に検討することになる」とし「現在、黄博士に対する裁判が進行中なので、審議委が法令で規定した胚芽の研究計画書承認手続きに合うように判断するだろう」と述べた。

匿名を要求した生命科学界のある関係者は「もちろんまだ裁判が進行中ではあるが、体細胞クローン胚研究の強化された倫理基準を作るのに原因を提供した黄元教授が参加する研究を、果たして福祉部が許容するかはかなり懐疑的だ」と話している。

結局、黄元教授のカムバックは遅くても2月末か3月初めに結論が出る予定だ。研究計画審議委員会は研究計画書が提出されてから90日以内に決断を出さなければならないからだ。

YONHAPニュース

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年12月17日 14:10
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 年末の大型公演会場でまた事故
  • 銃器強奪の男「恋人に心理的苦痛与えたかった」
  • 賞味期限表示のない「チムジルバンの卵」
  • KINTEXに室内スキー場やアクアリウム建設へ
  • 海外有名テーマパーク、次々と韓国進出
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    農心ラーメン、年間輸出規模1億ドル
    韓国最高ブランド、ギャラクシー1位
    日本映画4作品、釜山で今週末上映
    ことしの訪韓外国人観光客過去最多
    WBC韓国代表、チーム構成に問題
    新人女優チェ・ソジン映画試写会登場
    イ・ビョンホン、映画イベントに参加
    大統領、退陣時期を近く決断か
    日米韓6カ国協議代表13日ソウルで
    朴大統領の支持率やや上昇二桁に
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]