韓国旅行「コネスト」 サムスン対アップルの特許訴訟 米地裁で初審理スタート。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > サムスン対アップルの特許訴訟 米地裁で初審理スタート

サムスン対アップルの特許訴訟 米地裁で初審理スタート

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【サンノゼ聯合ニュース】米カリフォルニア州の連邦地裁で30日、サムスン電子と米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)特許をめぐる裁判の審理が始まった。

 陪審員選びに先立ち、双方は弁論の進め方に敏感な反応を示した。サムスン電子側の弁護人は、「昨年10月に死去したアップルの共同創業者ジョブズ氏の写真を提示することは、裁判の公正性を損ないかねない」と主張。米国で革新の象徴と認識され死後も人気が急上昇中の同氏がアップルと重ね合わせて見られ、陪審員の判決に影響を及ぼす懸念を示したもの。しかし、ルーシー・コー判事はこの要請を受け入れなかった。

 一方、サムスン電子はアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のデザインがソニーのアイデアをもとにしたと主張しているが、コー判事は前日、アップルの要請を認め、この内容を弁論に盛り込まないよう命じた。これに対しサムスン電子がその重要性を再三強調したところ、コー判事は弁論に盛り込む内容の水準などをアップルと協議するよう、一歩譲った。

 双方の主張がある程度整理された後、陪審員10人が選ばれた。

 審理は約1カ月間行われる。裁判の結果は世界各国で進められている両社の訴訟に影響を与えるとみられる。また、スマートフォンの世界勢力図を一気に変える可能性もある。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年07月31日 09:00
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • グーグルの検索が“韓国型”に変更
  • 韓国自動車メーカー アフリカと中東への輸出急増
  • 現代自動車、米国で22万台のリコール実施
  • サムスン 営業益・売上高とも過去最高=4~6月期
  • 低賃金労働者の割合拡大 韓国はOECDで最も高く
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    俳優キム・ボソン日本人格闘家と...
    16.12.05
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]