韓国旅行「コネスト」 韓流ブーム、アジア偏りなど構造面問題も=担当閣僚 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 韓流ブーム、アジア偏りなど構造面問題も=担当閣僚

韓流ブーム、アジア偏りなど構造面問題も=担当閣僚

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部の崔光植(チェ・グァンシク)長官は20日、韓流ブームのプラス効果に言及する一方で、韓流コンテンツ輸出のアジアへの偏りなど、問題点を指摘した。貿易協会主催の最高経営者朝食会で講演した。

 崔長官は、ドラマからスタートした韓流ブームはK-POPやアニメーションなどのジャンルに広がりながら、文化輸出をけん引していると説明。2008年に3億5000万ドル(約276億円)だったコンテンツ貿易収支は、2011年には24億7000万ドルに急拡大した。これは、慢性的な赤字に苦しんできたサービス貿易の黒字転換に一定の役割を果たすことが予想されるという。

 一方で、最大の問題点として文化産業の構造のもろさを挙げた。韓流コンテンツの輸出は、アジア向けが7割、放送・音楽が9割と大きな偏りが見られる。文化コンテンツ事業の基礎的な研究・開発(R&D)とマーケティング投資が不足しているためとした。

 崔長官は「歴史と伝統に、韓国のアイデンティティーを見いだすべき」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年07月20日 09:25
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 一日に14万人…麗水万博に最多入場客
  • 病虫害防除ヘリコプターが墜落=大邱
  • 灯りを包み込む仁川国際空港
  • ビールのように泡が出るマッコリ登場
  • 珍島犬からネコが生まれた?=韓国・莞島
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]