韓国旅行「コネスト」 ドラマ視聴率が混戦状態…ソ・ジソブ「幽霊」、ダークホースとして急浮上。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > ドラマ視聴率が混戦状態…ソ・ジソブ「幽霊」、ダークホースとして急浮上

ドラマ視聴率が混戦状態…ソ・ジソブ「幽霊」、ダークホースとして急浮上

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
地上派3局による水・木曜日ドラマ競争が混戦様相を見せている。

31日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの「カクシタル」は全国視聴率12.4%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録して同時間帯の視聴率ランキング1位を守った。しかし前回比0・3%ポイント下落して、上昇気流に乗ることができなかった。関心を集めたカクシタルの存在が、シン・ヒョンジュン扮するイ・ガンサンであることが明かされるなどドラマの緊張感を高めたが、視聴者の視線を捕らえるにはもう一歩だった。

同時間帯に放送されたMBC(文化放送)「I DO I DO」も、前回比0.7%ポイン下落し、9.8%を記録して放送2回目にして2桁視聴率は崩れた。キム・ソナのロマコメ演技に「以前とあまり変わらない」「またロマンチックコメディー?」などの反応につながり沈滞した。

一方、SBS(ソウル放送)の「幽霊」は1.3%ポイント上昇した8.9%で、前日の不振を取り返した。

特に「カクシタル」と「I DO I DO」の下落した視聴率分ををそのまま取り込み、今後の展開される地上波3局による視聴率争いで強力なダークホースとして浮上した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年06月01日 16:00
コネスト関連記事
  • 韓国ドラマガイド(2012年5月~6月)
  • 【NOW!ソウル】おかえり!ソ・ジソプ
  • 韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • キム・ジュンス、ミュージカルアワードで人気スター賞
  • BIGBANGとWonderGirls、ミニアルバムで対決
  • CNBLUEのチョン・ヨンファ、演技は一時休止…音楽に集中
  • 少女時代テヨンの“マメ人形”に関心集中
  • 大学に登場したヒョンビン 「マイクの握り方、カラオケ仕込み?」
  • 関連記事
  • チャン・グンソクとユナ、「ラブレイン」屈辱的な視聴率で寂しく退場
  • ソ・ジソブ主演ドラマ「幽霊」、首都圏視聴率1位
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入所
    朴泰桓 アジアの壁をまた越えた
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓が観光交流促進協議に署名予定
    日韓政府、観光交流促進協議署名へ
    G-DRAGONブランド、海外進出
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    韓国人が最も好きな広告モデルは?
    EXO中国公演、暫定延期へ
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]