韓国旅行「コネスト」 サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」

サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長は17日、父で同グループを創業した故李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の遺産をめぐる兄弟間の訴訟について、徹底的に争う姿勢を示した。

 同グループをめぐる遺産争いについては、秉チョル氏の長男で肥料会社元会長の孟熙(メンヒ)氏が2月に李会長を相手取り、約7200億ウォン(約507億円)の支払いを求める訴訟をソウル中央地裁に起こしている。訴状などによると、秉チョル氏が死去した際、第三者名義で信託していた財産を孟熙氏に知らせずに、李会長が自分名義にしていたという。

 この日、李会長は記者団に対し、「最高裁でなく憲法裁判所まで行くつもりだ。1銭も支払うつもりはない」などとし、法廷闘争で譲歩するつもりがない意向を示した。

 サムスン創業者の遺産をめぐっては、秉チョル氏の次女、淑熙(スクヒ)氏も李会長を相手取り約1900億ウォン(約134億円)相当の株式譲渡を求める訴訟を起こしている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年04月17日 16:20
コネスト関連記事
  • 【うちの社食を紹介します。】三星(サムスン)グループ
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 韓国の保健医療技術 トップ米国とは4.3年差
  • 来月開幕の麗水万博 海洋ロボット館が完工=韓国
  • 韓国の会社員「金持ちの第一条件は親の財力」
  • 韓国訪問の外国人観光客 1~3月期は前年比22%増
  • 春に覆われたソウル汝矣島
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]