韓国旅行「コネスト」 ソウル・南山、光をテーマにした観光名所に。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウル・南山、光をテーマにした観光名所に

ソウル・南山、光をテーマにした観光名所に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル29日聯合】ソウル・南山が光をテーマにした観光名所に生まれ変わる。
 ソウル市は29日、今年から2009年までの約3年間実施される南山「光の博物館」プロジェクトの最初の事業として、南山Nソウルタワーにフランスの照明芸術家、アレキサンドレ・コリンカ氏の作品「エレクトロニック・ファイヤー」を設置し、来月31日から稼動すると明らかにした。「出会いの火」がテーマのこの作品は、電子音楽に合わせタワー前の八角亭広場の地面から煙が立ち上がり、タワーの下から上へ徐々に照明を当ててタワーが燃えているかのような演出を施す。市関係者の説明によると、作品で表現される火は韓国の繁栄と韓国人の情熱、信念を象徴しているという。来月31日の除夜の鐘つきの際に初披露され、来年から毎日午後8~11時の毎時8分間、作品鑑賞が可能となる。

 また、八角亭広場にはフランスのセドリック・ルボルニュ氏の作品「光の霊魂」が来月31日まで設置される。人の形に型取られたアルミニウムの造形物が目に見えないワイヤーの上に置かれ、空中で光を放ちながら浮いているように見える。

 市は来年、八角亭広場の進入路や南側循環路に光のギャラリーを造成し、2009年には歩行専用北側循環路や南山図書館、噴水台広場などに多様な照明作品を設置する計画だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年11月29日 19:39
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 携帯電話バッテリー爆発死亡者、作業車に轢かれていた
  • 今年の内金剛観光終了、6カ月で2万人が訪問
  • 忠清北道で携帯電話が爆発…30歳男性が即死
  • ソウルに乗換センター構築、定着後に混雑通行料拡大
  • <麗水エキスポ>「経済10兆ウォン効果」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]