韓国旅行「コネスト」 お父さんの産休制度、来年7月から施行。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > お父さんの産休制度、来年7月から施行

お父さんの産休制度、来年7月から施行

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来年7月から妻の出産により夫が3日間、産休をもらうことができるとともに、育児期に育児休職を選択する代わりに勤労時間を縮めて勤務することができるようになる。

労働部はこうした内容の男女雇用平等法改正案が国会本会議を通過し、来年7月から施行される予定で、法の名称も「男女雇用平等と職場・家廷生活両立支援に関する法律」に変更されると23日、明らかにした。

改正案によると妻が出産したら配偶者は無給で3日間産休をもらうことができ、産休を付与しない事業主には500万ウォン以下の過料が賦課される。また以前は同じ子供に対し育児休暇を取ったことがあれば育児休暇はもう取れないことになっていたが、今後は1回に限り育児休職を分割して使うことができる。

育児休暇とは、満1歳未満の子供(2008年から満3歳未満まで拡大)をもつ男女勤労者が、養育のために職場を休むことで、最長1年まで使うことができる。

労使が合意すれば勤労者が育児期に育児休職を選択する代わりに勤労時間を短縮できる育児期勤労時間短縮制も導入、「1週当たり15時間以上と30時間以下」の条件の下、勤務時間を自由に調整できることにした。

勤労者が小学校就学前の児童を教育できるよう、弾力的な勤労時間制と延長勤労制限などの措置を事業主が取らなければならないという努力義務規定も新設した。






COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年11月24日 13:38
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 整形の力…国内初の「整形モデルコンテスト」
  • 韓国人のライフスタイル、この10年間で様変わり
  • ‘毛皮ヘッドホン’登場
  • ユニバーサルスタジオ建設地、京畿道華城に決まる
  • アシアナ、新しい機内食の食器を発表
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    サムスントップ逮捕状請求棄却
    サムスンの半導体、アウディに搭載
    歌手イ・ジフン、米国系韓国人と熱愛
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    韓国、65歳以上が15歳未満を逆転
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    新ドラマ「師任堂」、働く女性の物語
    韓国ユニバーサルスタジオ、結局失敗
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]