韓国旅行「コネスト」 カード小額決済の拒否容認案 商店主も反対=韓国。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > カード小額決済の拒否容認案 商店主も反対=韓国

カード小額決済の拒否容認案 商店主も反対=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】クレジットカードでの1万ウォン(約654円)以下の小額決済拒否を認めるよう韓国政府が検討している法改正について、外食産業などの小規模商店主が反発している。政府は中小の商店主がカード会社へ支払う加盟手数料負担を軽減するためとしているが、商店主からは「かえって負担が増える」と不満が噴出している。

 飲食業中央会は12日、18日に予定されている「汎外食人10万人決議大会」で法改正撤回を求める声明書の採択を検討していると明らかにした。中央会の関係者は、商店主が本当に求めているのは手数料を1.5%に引き下げることで、政府の今回の対策は助けにならないと主張。顧客の小額のカード決済を拒否する飲食店はないとして、「今回の政策はかえって飲食店と消費者の間に対立を引き起こすだけ」と反発した。

 カード手数料引き下げに向けた100万人署名運動を進める小商工人団体連合会も、与信専門金融業法に「カード決済拒否時に懲罰可能」という条項が残っている限り、カード会社の優越的な地位は変わらないとして、「結局、皆が不満を抱く政策になる恐れがある」と批判した。

 一方、インターネットなどでも消費者を中心にした「小額決済拒否の容認」に反対運動が広がっており、論争は当分続くとみられる。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年10月12日 14:22
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 「趙明哲を除去せよ」北が指令…脱北者警護を強化
  • 訪米中の李大統領が両院合同演説 北朝鮮の変化促す
  • 日本官房長官「慰安婦請求権、完全に解決済み」
  • 左遷された北朝鮮の朴奉珠元首相、実力者として返り咲き
  • 中断していた開城工業団地工事 韓国政府が再開容認
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]