韓国旅行「コネスト」 慰安婦問題未解決は韓国政府に責任、憲法裁判所 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 慰安婦問題未解決は韓国政府に責任、憲法裁判所

慰安婦問題未解決は韓国政府に責任、憲法裁判所

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の憲法裁判所は30日、旧日本軍によって従軍慰安婦にされた被害者の賠償請求権について、韓国政府が何の措置も講じなかったのは憲法に違反するとの判断を下した。

 被害者は、慰安婦の賠償問題について韓国政府が1965年の韓日請求権協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する大韓民国と日本国との間の協定)に関する問題として何もしなかったことを「不作為」だと主張。これによって、基本的人権を侵害されたと憲法裁判所に訴えていた。

 この日、同裁判所は「韓国政府が何の措置も取らなかったのは被害者の基本的人権の侵害にあたり、憲法にも違反している」という憲法訴願審判請求で、6(違憲)対3(合憲)の裁判官意見で、違憲と判断した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年08月30日 16:29
コネスト関連記事
  • ナヌムの家(日本軍「慰安婦」歴史館)
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 昨年の交通事故率、仁川広域市が最悪
  • 金剛山テストツアースタート、「万景峰号」出航へ
  • 「コリアン・ドリーム」外国人労働者70万人時代到来(1)
  • 黄海・白ニョン島沖に海洋科学基地、2015年完成
  • 青少年有害物規制緩和、“酒・たばこ”露骨な勧誘表現に制限
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]