韓国旅行「コネスト」 外国人専用の市内免税店、韓国で来年開設。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 外国人専用の市内免税店、韓国で来年開設

外国人専用の市内免税店、韓国で来年開設

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の関税庁は19日、青瓦台(大統領府)で開かれた国家競争力強化会議で、外国人観光客を積極的に誘致し地域経済が継続的に発展できるよう、市内に外国人専用の免税店を設置できる制度を年末までに導入する方針を明らかにした。

 外国人専用の市内免税店は国内に居住していない外国人が利用できるもので、米国やオーストラリアなどに設置されている。

 関税庁は業界からの意見聴取や公聴会を経て、年末までに告示を改正し、事業者の選定基準を定め、来年初めに事業者申請を受け付ける予定だ。

 現行の市内免税店の設置基準は面積500平方メートル以上、資本金10億ウォン(約7079万円)以上となっているが、外国人専用の市内免税店は基準が緩和されるという。

 外国人専用の市内免税店については、市内免税店を訪れた外国人から韓国人利用客が多すぎるとの苦情があるほか、業界と地方自治体から要請があったことを受け、設置を検討してきた。

 韓国にある免税店は市内免税店10店、仁川国際空港や釜山港などに設けられている免税店17店、外交官専用免税店1店の計28店が運営されている。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年08月19日 11:44
コネスト関連記事
  • ソウル新羅免税店
  • 免税店ショッピング虎の巻
  • 青瓦台観覧
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 下関市に「釜山門」完成、姉妹提携35周年記念で
  • 米メディア「現代アクセントは本当の国民車」
  • 釜山市立美術館と長崎県美術館、交流強化で協定
  • 枯れ葉剤問題の在韓米軍基地、周辺住民が白血病に
  • 韓国20代男性の半分が「専業主夫もOK」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    元KARAヨンジのさわやかな笑顔
    仁川空港にカプセルホテルオープン
    潘基文氏、李前大統領と30分間会談
    大田にロボット研究センター開所
    韓国、若者の失業と信用不良の時代
    オン・ジュワンとチョ・ボア 破局
    旧正月を控え、高く積まれる宅配荷物
    ソウルに大雪 地下鉄は混雑
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]