韓国旅行「コネスト」 未成年芸能人に過度な露出の要求禁止、標準契約改正 。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 未成年芸能人に過度な露出の要求禁止、標準契約改正

未成年芸能人に過度な露出の要求禁止、標準契約改正

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】芸能マネージメント会社は今後、未成年者の芸能人に過度な露出や扇情的な行為を求めてはならず、学習、休息などの基本権利を保障しなければならない。

 公正取引委員会は17日、未成年芸能人の人権保障のためにこうした内容を反映した「大衆文化芸術人の標準専属契約書」の改正を行ったと明らかにした。

 改正契約書には、第18条に児童・青少年保護条項を新設し、第1項に「芸能マネージメント会社は児童・青少年芸能人の身体的・精神的健康、学習、人格、睡眠、休息、自由選択など基本的な人権を保障する」と規定した。

 第2項には「児童・青少年芸能人の場合、営利または興行を目的に過度な露出や扇情的に表現する行為を求められない」と明示した。

 公正取引委はこれまで韓国芸能マネージメント協会、韓国芸能制作社協会、文化体育観光部、女性家族部などの意見を集約して標準契約書を改正したと説明した。今回改正した標準専属契約書は事業者や事業者団体に積極的な適用を勧める予定だ。

 ただ、標準契約書は宣言的な意味合いが強く、勧告水準である。強制的な拘束力がないため、あまり効果は期待できないと指摘されている。これに対し、公正取引委は不当な要求を拒否できる根拠として活用できるとしている。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年06月17日 16:17
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • キム・テヒ、ミニスカートで始球式
  • 「バイク死亡者、D-LITEの車と衝突前は生きていた可能性も」
  • 「ブレイクダウン」キム・ヒョンジュン、ソロデビュー後初めて1位
  • イ・スンギ、「スマスマ」に出演し驚きの語学力をアピール
  • 2PMのジュンスとジュンホ、自作曲を先行公開
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    姜正浩選手飲酒運転・逃走容疑で立件
    韓国映画産業、経済効果は6兆ウォン
    無人車のための「頭脳」、開発に成功
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    イ・ビョンホンが主演俳優賞
    16.11.26
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]