韓国旅行「コネスト」 日印EPAで韓国に危機感、「対日対策が必要」。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 日印EPAで韓国に危機感、「対日対策が必要」

日印EPAで韓国に危機感、「対日対策が必要」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本とインドが経済連携協定(EPA)を締結したことを受け、昨年1月にインドとの包括的EPAが発効しインド市場で有利な立場にいた韓国が危機感を抱いている。

韓国貿易協会の国際貿易研究院は18日、「日印EPA締結が韓国企業に及ぼす影響」という報告書を提出した。

これによると、インド市場で韓国産の製品に対する競争割合が最も高かったのは日本だった。日印のEPAが発効すれば、これまで韓国がインド市場においてほかの競争国と比べ優位だった経費の節減などの利点が損なわれる恐れがあると分析した。

対インドEPAで韓国と日本の条件を比べた場合、商品分野の開放割合では韓国の85%より日本の90%の方が有利。製造業や造船業などでも日本の利点が多いと国際貿易研究院は指摘している。

さらに同研究院の関係者は、韓国側がインドに廃止を要求していた「自国の貨物について自国の船舶が優先輸送権を持つ制度」が日本には適用されなかった点を重要視。「日本の海運業者が受ける恩恵は大きい」としている。

また同関係者は、自動車部品、石油化学、電子、機械などでも韓国より日本の方が有利だとし、「早ければ年内にも発効する日印EPAについて、関連企業は競争国との関税撤廃要求などを詳細に把握し、それに応じたマーケティング戦略を取る必要がある」と話している。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年02月18日 09:05
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 「三星テレビ、昨年260億ドル販売で世界1位」
  • 韓国GM、「シボレー」ブランドで新たにスタート
  • 業界1位の釜山貯蓄銀行が6カ月間の営業停止に
  • ソウル北部に“韓国版ハリウッド”を造成
  • サムスン精密化学、米シリコン大手と合弁設立へ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]