韓国旅行「コネスト」 第51回百想芸術大賞 | エンタメ総合 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > エンタメ総合 > 第51回百想芸術大賞

第51回百想芸術大賞

제51회 백상예술대상 시상식
お気に入りに追加 (登録者 : 3人) 印刷する
映画、ドラマ、バラエティで活躍したスターが大集結!
2015年5月26日(火)、ソウル東部にある慶熙(キョンヒ)大学校の平和の殿堂にて、「第51回百想(ペッサン)芸術大賞」授賞式が開催されました。映画12部門、テレビ13部門と幅広い分野に渡って授与され、毎回俳優からコメディアンまで人気スターたちが一堂に会する豪華な授賞式となっています。今年は誰が栄冠を手にしたのでしょうか?
百想芸術大賞とは
今年51回目を迎える百想芸術大賞。韓国の大衆文化芸術の発展と芸術的士気高揚を目的とし、1965年に始まりました。今回の審査対象は2014年4月1日から2015年3月31日まで、韓国国内で上映、または放映された映画・テレビ番組(連続ドラマの場合期間内に5回以上放映されたもの)。韓国の数ある授賞式の中でも、映画・テレビ両方を扱った唯一の総合芸術賞であり、長い歴史と信頼ゆえに「韓国の演技者たちが最も受賞したい賞」とも言われます。
主催:日刊スポーツ
主管:中央日報文化事業
後援:JTBC、iQIYI(愛奇芸)、LF、KakaoTalk、InStyle
放送:JTBC
ホームページ:http://isplus.joinsmsn.com/100sang/
豪華絢爛!レッドカーペット
21時開始の授賞式に先立ち、19時50分からスターが続々と会場入り。レッドカーペット前はカメラフラッシュの嵐と大勢のファンの声援でたちまち熱気に包まれました。
「百想芸術大賞」の主役たち
シン・ドンヨプ、

キム・アジュン、

チュウォン
シン・ドンヨプ、
キム・アジュン、
チュウォン
チョン・ウヒ
チョン・ウヒ
チョン・ギョウン
チョン・ギョウン
チョ・ボンネ
チョ・ボンネ
ヨム・ジョンア
ヨム・ジョンア
キム・スルギ
キム・スルギ
キム・ヒャンギ
キム・ヒャンギ
パク・チュミ
パク・チュミ
ハン・ソナ(Secret)
ハン・ソナ(Secret)
パク・ユチョン(JYJ)
パク・ユチョン(JYJ)
ムン・ジョンヒ
ムン・ジョンヒ
ナム・ジヒョン
ナム・ジヒョン
イ・ジョンヒョン
イ・ジョンヒョン
ピョン・ヨハン
ピョン・ヨハン
ユ・イニョン
ユ・イニョン
キム・セロン
キム・セロン
ソン・セビョク
ソン・セビョク
チョン・ヒョンム
チョン・ヒョンム
カン・ハヌル
カン・ハヌル
イ・ソム
イ・ソム
キム・レウォン
キム・レウォン
キム・オクビン
キム・オクビン
ハン・イェリ
ハン・イェリ
キム・サラン
キム・サラン
ユ・ヘジン
ユ・ヘジン
パク・ソンウン
パク・ソンウン
イ・ソンギュン、チョ・ジヌン
イ・ソンギュン、チョ・ジヌン
イ・ソンミン、

イム・シワン(ZE:A)、

キム・デミョン
イ・ソンミン、
イム・シワン(ZE:A)
キム・デミョン
ペク・チニ
ペク・チニ
パク・チョンア
パク・チョンア
ジョンウ
ジョンウ
クリスタル(f(x))
クリスタル(f(x))
ソリョン(AOA)
ソリョン(AOA)
ペ・ドゥナ
ペ・ドゥナ
イ・ジュン、コ・アソン
イ・ジュン、コ・アソン
イ・ハニ
イ・ハニ
パク・ヒョンシク(ZE:A)
パク・ヒョンシク(ZE:A)
シム・ウンギョン
シム・ウンギョン
イム・ジヨン
イム・ジヨン
シン・ミナ
シン・ミナ
アン・ソンギ
アン・ソンギ
イ・ジョンジェ
イ・ジョンジェ
チソン
チソン
ソン・ユナ
ソン・ユナ
イ・ユリ
イ・ユリ
パク・シネ
パク・シネ
チェ・ミンシク
チェ・ミンシク
パク・イェジン
パク・イェジン
チョ・ジェヒョン
チョ・ジェヒョン
日差しの照りつく暑さにも屈しない!朝9時から待ったファンも
会場前には長蛇の列が
会場前には長蛇の列が
「CNBLUE・ヨンファ♡」
「CNBLUE・ヨンファ♡」
「ギョンス(EXO・ディオ)めっちゃ愛してるー!」
「ギョンス(EXO・ディオ)めっちゃ愛してるー!」
パク・ユチョンのドラマが大好き!
パク・ユチョンのドラマが大好き!
イ・グァンスに会いたいです~!
イ・グァンスに会いたいです~!
今年初めて最高気温30度に達した暑さの中、大勢のファンがスターを間近で見ようと集結。まさに壁ともいえる人混みにおいて、身長差をカバーしようとミニ脚立やセルカ棒を駆使する姿も。海外からは日本をはじめ、中国や台湾など主に中国語圏のファンたちが特に多く見られました。JYJのパク・ユチョンを見に来たという中国人ファンは、会場となった慶煕大学に留学中。特にドラマ「屋根部屋のプリンス」と「匂いを見る少女」がお気に入りだそう(写真左下)。バラエティ番組「ランニングマン」で活躍しているイ・グァンス好きの中国人ファンは、京畿道(キョンギド)水原(スウォン)から朝9時に到着する熱意を見せました(写真右下)。
受賞結果発表
授賞式はタレントのシン・ドンヨプと、2年ぶりにタッグを組んだ俳優のキム・アジュン、チュウォンの3人の司会で進行。お笑い芸人で構成され海外公演も行なう実力派ノンバーバルパフォーマンスグループが前座で登場し会場を盛上げた後、第1部と第2部に分かれて賞ごとにテレビ部門と映画部門が発表されました。大画面にパク・ユチョンやイ・ミンホなど人気スターが映し出される度、発表を見守るファンたちの悲鳴にも似た歓声が上がる一面も。祝賀公演ではジョン・ヨンファ(CNBLUE)が生演奏をバッグにバラード曲「ある素敵な日(オヌモッチンナル)」を披露し会場を甘い歌声でいっぱいに。パク・チニョン(JYPエンターテイメント社長)は歌いながら所属歌手であるスジ(miss A)と熱愛中のイ・ミンホに近づき「アンニョンハセヨ?」と話しかけるなど、ウィットに富んだパフォーマンスで場を沸かせました。映画部門、ドラマ部門ごとに受賞結果を紹介します。
※授賞式の模様は、JTBCで21:00~23:30にかけて生放送されました。
テレビ部門
大賞

ナ・ヨンソク(バラエティ番組「三食ごはん」)
大賞
ナ・ヨンソク(バラエティ番組「三食ごはん」)
最優秀演技賞

イ・ソンミン(「未生~ミセン~」)、

ソン・ユナ(「ママ~最後の贈りもの~」)
最優秀演技賞
イ・ソンミン(「未生~ミセン~」)、
ソン・ユナ(「ママ~最後の贈りもの~」)
クリスタル
クリスタル
LF人気賞
LF人気賞は、4月24日から5月24日まで1ヶ月間スマートフォンアプリ及び中国版Twitter・Weibo(ウェイボー)で行なわれたファン人気投票が反映されました。

テレビ男性部門はEXOのディオ(「大丈夫、愛だ」)とイ・ジョンソク(「ピノキオ」)が共に45%以上獲得する大接戦を繰り広げた末、イ・ジョンソクが栄光を勝ち取りました(授賞式にはスケジュールにより不参加)。女性部門はf(x)のクリスタル(「僕には愛しすぎる彼女」)が65%を超える圧倒的支持率で受賞。
映画部門
大賞

チェ・ミンシク(「鳴梁(ミョンニャン)」)
大賞
チェ・ミンシク(「鳴梁(ミョンニャン)」)
最優秀演技賞

チョ・ジヌン、イ・ソンギュン (「最後まで行く」)
最優秀演技賞
チョ・ジヌン、イ・ソンギュン (「最後まで行く」)
最優秀演技賞

ヨム・ジョンア(「カート」)
最優秀演技賞
ヨム・ジョンア(「カート」)
イ・ミンホ
イ・ミンホ
パク・シネ
パク・シネ
LF人気賞
LF人気賞映画男性部門はイ・ミンホ(「江南 1970」)とJYJのパク・ユチョン(「霧のかかる海」)が接戦の末 、イ・ミンホが栄光を手にしました。女性部門は過去4年連続人気賞を獲得してきたパク・シネ(「尚衣院」)が圧倒的人気で今年も受賞し、5年連続の記録を打ち立てました。

また、2人は部門に関係なく中国人ファン投票の結果により決定されるiQIYI(愛奇芸:アイチーイー)人気賞にも選ばれ、韓国のみならず中国での絶大な人気を改めて感じさせました。
イ・ジョンジェ
イ・ジョンジェ
シン・ミナ
シン・ミナ
InStyleベストスタイル賞
ファッション誌「InStyle(インスタイル)」からファッション感覚の優れた人に贈られるInStyleベストスタイル賞には、俳優イ・ジョンジェと女優シン・ミナが選ばれました。イ・ジョンジェはすらっとした着こなしでスーツ姿の似合うスターとしても有名で、各種受賞式のベストドレッサー常連俳優です。

一方、淡いピンクや白のドレスが多かった中でシン・ミナはブラック&ホワイトのシンプルなドレスを身にまとい、会場に現れた瞬間から目を引きました。
※受賞式一部写真提供:日刊スポーツ
非正規雇用やシングルマザー、現代韓国社会の問題点にスポットライトを当てた作品のノミネートが多かった今年の「百想芸術大賞」。受賞作・俳優には観客動員数1,700万人を突破した大作映画「鳴梁(ミョンニャン)」や、5部門6候補という最多ノミネート作品のドラマ「風の便りで聞きました」など話題の作品が多数選ばれました。新人演技賞は映画「海にかかる霧」のパク・ユチョン、ドラマ「未生~ミセン~」のイム・シワンが受賞するなどアイドル出身俳優の活躍が目立ちました。映画部門の最優秀演技賞は「最後まで行く」のイ・ソンギュンとチョ・ジヌンが共同受賞。チョ・ジヌンが先に名前を呼ばれたイ・ソンギュンに向けて拍手を送っている最中に自身も受賞し、あっけに取られつつ慌ててステージへ向かうという一幕も見られました。

来年はどんな話題の作品、スターが登場し栄冠を手にすることになるのでしょうか。韓国エンタメ界から引き続き目が離せません。
映画部門 テレビ部門
大賞 チェ・ミンシク(「鳴梁(ミョンニャン)」) 大賞 ナ・ヨンソク(バラエティ番組「三食ごはん」)
作品賞 「ファジャン」  作品賞(3作) ドラマ部門:「風の便りで聞きました」
バラエティ部門:「アブノーマル会談」
教養部門:「料理人類」
監督賞 キム・ソンフン(「最後まで行く」) 演出賞 キム・ウォンソク(「未生~ミセン~」)
シナリオ賞 キム・ギョンチャン(「カート」) 脚本賞 パク・キョンス(「パンチ」)
最優秀演技賞 イ・ソンギュン、チョ・ジヌン(「最後まで行く」)
ヨム・ジョンア(「カート」)
最優秀演技賞 イ・ソンミン(「未生~ミセン~」)
ソン・ユナ(「ママ~最後の贈りもの~」)
助演賞 ユ・ヘジン(「パイレーツ」)
キム・ホジョン(「ファジャン」)
テレビ芸能賞 チョン・ヒョンム(「非正常会談」、「シングル男のハッピーライフ」)
イ・グッチュ(「ルームメイト シーズン2」、「コメディビッグリーグ」)
新人演技賞 パク・ユチョン(「海にかかる霧」)
チョン・ウヒ(「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」)
新人演技 イム・シワン(ZE:A)(「未生~ミセン~」)
コ・アソン(「風の便りで聞きました」)
LF人気賞 イ・ミンホ(「江南 1970」)
パク・シネ(「尚衣院」)
LF人気賞 イ・ジョンソク(「ピノキオ」)
クリスタル(「僕には愛しすぎる彼女」)
新人監督賞 チョン・ジュリ(「私の少女」)
関連記事

  最終更新日:15.05.27
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第4週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第2週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第5週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第3週
エンタメ総合
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]