韓国旅行「コネスト」 2014年K-POPまとめ | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > 話題のヒットソング > 2014年K-POPまとめ

2014年K-POPまとめ

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
2014年のK-POP界は、トレンドの急転換や新たなヒットコンテンツが登場する一方で、事件事故など多事多難なまさしく激動の時代となりました。年間アルバムランキングから、キーワードでその動きと話題をおさらいしてみましょう!
主流になりつつある? 男子の「洗練+シック」コンセプト
Teen Top(ティーントップ)
Teen Top(ティーントップ)
ボーイズグループを筆頭に、男性アーティストたちの節制・洗練されたダンスや、大人っぽいシックなコンセプトがよく見られた一年。複雑な振り付け・激しいテンポのダンスミュージック一色だったK-POPアイドル界に、R&Bやスウィングジャズ、バラードなどが多数登場しました。また衣装もスーツなど、大人の男のイメージを強調するものへと変化が!トレンドの浮き沈みが激しいK-POP界ですが、この路線がいつまで好調を見せるのか注目です。
東方神起「Something」 (3位「Tense」収録、159,971枚)
東方神起「Something」
東方神起「Something」
デビュー10周年アルバムはこれまでとは一線を画すジャンル構成。「Something」では、スリムなスーツ衣装をまとってダイナミックかつキレのある無駄のない貫禄ラインパフォーマンスを披露!
INFINITE「Last Romeo」 (5位「Season2」収録、118,787枚)
INFINITE「Last Romeo」
INFINITE「Last Romeo」
アルバムコンセプトは「少年と男の境界で」。タイトル曲「Last Romeo」はダンス曲ですが、機械音が抑えられ、ギターやドラム、ブラス、ストリングのサウンドが生かされており、ちょっぴり大人な雰囲気!
B1A4「Lonely」 (6位「Who Am I」収録、115,865枚)
B1A4「Lonely」
B1A4「Lonely」
20代の青年たちの、深みを増しつつある透明な感性でつづられたアルバム。「Lonely」はダンス曲で飽和したK-POP界に放たれた、R&Bヒップホップジャンルが耳に心地よい曲。
Teen Top「Missing」 (11位「EXITO」収録、84,678枚)
Teen Top「Missing」
Teen Top「Missing」
魅力的なボーカルが上手く生かされたR&Bリズムの切ないラブソング。マイクスタンドと椅子による節制された振り付けでこれまであまり目立たなかった歌唱力が引き立ち、ダンスグループTeen Topの再発見となりました。

Teen Top「Missing(簡単じゃない)」を詳しく見る
SUPER JUNIOR「THIS IS LOVE」 (13位「THIS IS LOVE」収録、83,129枚)
SUPER JUNIOR「THIS IS LOVE」
SUPER JUNIOR「THIS IS LOVE」
バラード、ジャズ、R&Bポップ、ブラスなどこれまでとは異なった音楽ジャンルからなり、全体的に大人の男の魅力が意識されています。「THIS IS LOVE」はささやかな愛の喜びを歌ったロマンチックなラブソングで、スーツ衣装が印象的!
BEAST「12:30」 (19位「Time-12:30」収録、71,099枚)
BEAST「12:30」
BEAST「12:30」
全体的に高いクオリティの曲ラインナップからなり、中でもより成熟したヴォーカルと感性が光るアルバム。「12:30」は、ピアノメロディと重厚で洗練されたリズム、失恋の痛みをつづった歌詞がよく際立った切ないラブソング。
女子は「健全+エロかわ」路線がダークホースに!
Apink(エーピンク)
Apink(エーピンク)
2014年もガールズグループのきわどいセクシーコンセプトは多数見られましたが、3月に「見せない」衣装の清純派ガールズグループApink(エーピンク)の「Mr.Chu」が大ヒット!それに続くように、AOA(エー・オー・エー)の「ショートヘア」やGirl's Dayの「Dariing」など、「清純」に「エロかわ」をプラスしたコンセプトの曲が当たりました。
清純コンセプトはメンバーに未成年者がいる場合によく見られますが、元気で爽やかな少女イメージにセクシーさをプラスした「健全エロかわ」路線は性別・年齢問わずアピール力があるのか、新しいヒットジャンルとなりそうなほど人気を得ています。なお、これには、2014年3月に政府が各放送局に向けて勧告した歌番組の衣装規制も関係しているでしょう。
Apink「Mr.Chu」 (35位「Pink Blossom」収録、38,242枚)
Apink「Mr.Chu」
Apink「Mr.Chu」
「妖精アイドル(ヨジョンドル)」Apinkのアイデンティティを確立させたともいえる「Mr.Chu」。はにかみながらも正直に積極的に愛しい気持ちを伝える、少女の強さとまっすぐな魅力が散りばめられたポップダンス曲です。爽やかな投げキッスの振り付けも人気に。
Girl's Day「Dariing」 (80位「Summer Party」収録、13,557枚)
Girl's Day「Dariing」
Girl's Day「Dariing」
思わず肩が揺れてしまうような気持ちのよい曲が揃ったサマーアルバム。タイトル曲の「Darling」はブラスセッションと軽快なシャッフルリズムが魅力のダンス曲で、ひらひらのミニスカート衣装で蝶のように軽やかに舞う振り付けもアツい夏を盛り上げました。

Girl’s Day「女子大統領」を詳しく見る
AOA「ショートヘア」 (98位「ショートヘア」収録、9,481枚)
AOA「ショートヘア」
AOA「ショートヘア」
ファンキースタイルのブラスとギターサウンドによるグルービーなポップトラック曲。髪を切って気分転換する女の子の心理を表した歌詞がショートヘアの流行と合いタイムリーだったのもヒットの背景にあるでしょう。ポップなプチコスプレ衣装で踊るちょっぴりセクシーな振り付けがポイントでした。
個性&魅力発散 「タロ(個別)」活動がアツかった!
SUPER JUNIORのキュヒョン
SUPER JUNIORのキュヒョン
熱愛説や結婚グループ離脱、事件事故と、多くのアイドルグループにとって2014年は受難の一年となりました。その一方で、グループ内メンバーの単独活動もいくつか見られ、それがおそらく期待以上の成果をあげたのもまた2014年だったといえるでしょう。個々の成長や新たな魅力のアピールがグループのイメージアップにつながり、活路をも開き始めるなど、良い方向へ作用しているように思えます。
SHINeeテミン「Danger」 (23位「Ace」収録、66,126枚)
SHINeeテミン「Danger」
SHINeeテミン「Danger」
「ダンスマシーン」テミンの真価が惜しみなく発揮されたタイトル曲「Danger」。キュートな末っ子からワイルドな男へ大胆なイメージチェンジを果たし、強烈なインパクトを与えました。
同じグループのメンバージョンヒョンもソロアルバムリリースへ!

テミン「Danger(怪盗)」を詳しく見る
SUPER JUNIORキュヒョン 「光化門で」 (29位「光化門で」収録、49,388枚)
SUPER JUNIORキュヒョン

「光化門で」
SUPER JUNIORキュヒョン
「光化門で」
音源サイトのリアルタイムチャートで何ヶ月間もベスト10にランクインするほどヒット街道を驀進中のバラードソング「光化門(クァンファムン)で」。
人気トーク番組「ラジオスター」などで知名度のあるSUPER JUNIORキュヒョンの甘く深い歌声がとことん引き出された、聴き心地のよい曲です。
BIGBANG SOL「目、鼻、口」 (39位「Rise」収録、35,092枚)
BIGBANG SOL「目、鼻、口」
BIGBANG SOL「目、鼻、口」
忘れられない人を思い描くような歌詞の「目、鼻、口」は、3ヶ月連続で音楽チャートの月間ベスト10にランクインし、K-POPアワードの権威「ゴールデンディスク賞」で音源部門大賞も受賞。節制されたメロディでSOL(テヤン)の魅力的なヴォーカルがより一層際立っています。
「逆走行」?懐メロ&リバイバルブームがピーク目前
往年のヒット曲や人気アーティストが再び脚光を浴びる、いわゆる「逆走行(ヨッチュヘン)」がさらなるヒートアップを見せた2014年。キーワードは「1990年代」!一世を風靡したアーティストたちがニューアルバムを引っさげて活動を再開、人々の記憶をやさしく呼び起こすように全盛期のイメージを維持しつつ、より磨きがかけられた曲でK-POPチャートを立て続けに強打する異例のブームが巻き起こりました。

特に活動休止や自然消滅していたグループが再びファンたちの元に帰って来るケースが多かったため、テレビやネットでは「○○年ぶりの帰還」「再結成」というフレーズが合言葉のように飛び交い、K-POPシーンは異様な盛り上がりに!年を追うごとに勢いを増しているリバイバルブームの流れはいよいよ絶頂に近づいているように見えます!
キム・ドンリュル 「How I Am(それが俺だ)」 (36位「同行」収録、37,681枚)
キム・ドンリュル

「How I Am(それが俺だ)」
キム・ドンリュル
「How I Am(それが俺だ)」
ヴォーカルデュオ「カーニバル」出身でシンガーソングライターのキム・ドンリュル。3年ぶりのバラードアルバムは収録曲すべてが主要チャート上位を席巻!タイトル曲「How I Am(それが俺だ)」は1位に!
god 「みにくいアヒルの子」 (38位「Chapter8」収録、35,159枚)
god「みにくいアヒルの子」
god「みにくいアヒルの子」
多くの大ヒット曲を持ちK-POP界の元祖国民的グループと言えるgod(ジーオーディー)。活動休止となっていた彼らの12年ぶりのアルバムです。god印の感性豊かなバラードで帰ってきました!
ソ・テジ 「Christmalo.win」 (62位「Quiet Night」収録、20,652枚)
ソ・テジ「Christmalo.win」
ソ・テジ「Christmalo.win」
時代の流れへの真摯なマインドで音楽的な挑戦と実験を繰り返し、1990年代に現在のK-POPにつながる基礎を築いたミュージシャン、ソ・テジ。5年ぶりにリリースされたストーリー仕立てのアルバムは、どこか非現実的なシンセサウンドの成すファンタジー感が魅力!
FLY TO THE SKY 「君を君を君を」 (76位「Continuum」収録、14,220枚)
FLY TO THE SKY「君を君を君を」
FLY TO THE SKY「君を君を君を」
5年の空白の時を経てファンの前に戻って来たR&Bデュオ、FLY TO THE SKY。立て続けにヒットを飛ばしていた彼らの、よりグレードアップしたボーカルハーモニーがたまらないアルバムです!壮大な楽器編成も聴きごたえがあります。

FLY TO THE SKY「君を君を君を」
2014年アルバムランキングベスト20
出典:HANTEO CHART(集計期間:2014/1/1~2014/12/31)
順位 歌手名 アルバム名 販売量(枚)
EXO-K Overdose(ミニアルバム2集) 233,367
EXO-M Overdose(ミニアルバム2集) 175,234
東方神起 Tense(7集) 159,971
SUPER JUNIOR MAMACITA(7集) 128,416
INFINITE Season2(2集) 118,787
B1A4 Who Am I(2集) 115,865
SHINee Why So Serious?(3・2集) 105,513
BEAST Good Luck(ミニアルバム6集) 112,853
B.A.P. First Sensibility(1集) 104,444
10 JYJ Just Us(2集) 87,883
11 Teen Top EXITO(ミニアルバム5集) 84,678
12 東方神起 SuriSuri(7集リパッケージ) 84,516
13 SUPER JUNIOR THIS IS LOVE(7集スペシャルエディション) 83,129
14 B1A4 Solo Day(ミニアルバム5集) 82,800
15 VIXX Eternity 82,513
16 防弾少年団(BTS) Dark&Wild(1集) 75,504
17 VIXX Error(ミニアルバム2集) 71,307
18 EXO First Box(SRN) 71,154
19 BEAST Time-12:30(ミニアルバム7集) 71,099
20 CNBLUE Can't Stop Vol.1(ミニアルバム5集) 70,626
関連記事

  最終更新日:15.01.28
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
2014年 K-POPで見るドラマOST特集
話題のヒットソング
2014年上半期の話題ソング
話題のヒットソング
2013年アルバムランキング
話題のヒットソング
2013年 このOSTをCheckしよう!
話題のヒットソング
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]