韓国旅行「コネスト」 第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ) | 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 > 第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)

第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
左:太田恵美さん、右:村岡ゆかりさん
左:太田恵美さん、右:村岡ゆかりさん
韓国の伝統酒というと、やさしい甘味と飲みやすい味わいが人気のマッコリがおなじみですが、焼酎(ソジュ)や韓国ワインも含めると1,000種をはるかに超えるということをご存知でしょうか?そんな伝統酒の世界に魅せられた人々が知識やサービスを競い合うのが、韓国伝統酒ソムリエ競技大会です。2014年で第5回を迎えた同大会に日本人として初出場・初入賞を果たし「伝統酒ソムリエ」の称号を獲得したのが、村岡ゆかりさんと太田恵美さん。お二人の韓国伝統酒との出会いやソムリエ活動について、梨泰院(イテウォン)のマッコリ居酒屋「月香(ウォルヒャン)」で伺いました。
マッコリを起点に伝統酒の奥深い世界へ
許浚の医学書「東医宝鑑」(世界記録遺産)にも関心
許浚の医学書「東医宝鑑」(世界記録遺産)にも関心
村岡:韓国に来たのはドラマ「チャングムの誓い」を観て、「食」と「医学」の密接な関係に感動したことがきっかけです。その後、朝鮮時代の名医、許浚(ホジュン)に関するドラマにも感銘を受け、色々調べていたところ、韓国は現代の食事にも韓方(ハンバン)という伝統医学が今もなお息づいている世界でも珍しい国だということが分かり、実際に韓国に行き「医食同源」をコンセプトに食文化を研究したいと思うようになりました。
日本語で進行され旅行者にも人気のマッコリソムリエ体験教室
日本語で進行され旅行者にも人気のマッコリソムリエ体験教室
訪韓当初は宮中料理と韓医学の関連性に興味がありましたが、あるとき農林畜産食品部(部は日本の省に相当、以下農林部)主催のマッコリ祭りに参加する機会がありました。そこでマッコリだけでも1,000種類以上あると知り、その奥深さに大きな衝撃を受けたのです。さらに薬草をはじめとする韓薬を加えて造るお酒もあり「これこそ医食同源である!」と思った次第です。それからは「マッコリソムリエ体験教室」の受講からスタートし徐々に韓国伝統酒の世界に足を踏み入れていきました。
皆で酌み交わす韓国の飲み方もお酒を美味しくさせる
皆で酌み交わす韓国の飲み方もお酒を美味しくさせる
太田:私は語学堂在学中に友人から誘われて参加した「日本人マッコリソムリエ会」が伝統酒に興味を持つ契機となりました。「日本人マッコリソムリエ会」は、「マッコリソムリエ体験教室」修了者のためのアドバンスクラスです。もともと日本にいるときから嫌いなお酒がないくらいお酒が好きだったので、せっかく韓国に来たなら現地のお酒にも触れてみたいと思い参加しました。マッコリ以外にも伝統酒等を色々試飲する機会があり、「お酒」という共通の趣味を持つ方たちにも出会い楽しい時間を過ごす中で、韓国のお酒の魅力にハマっていきました。
難関!韓国伝統酒ソムリエ競技大会
村岡:大会の存在は「マッコリソムリエ体験教室」を運営するミョン・ウク代表から聞き初めて知りました。食とお酒の関係について専門的な研究を進めていきたいと考えていたので、代表の勧めもあり出場を決めました。

大会は国家代表、大学生、外国人の3部門に分かれ、筆記試験に合格するとブラインドテイスティングを主とする本選、サービス技能等を競う決勝戦へと進み、最終的にグランプリが決定されます。私たちは外国人部門なので外国人用の問題が出ると思っていたのですが、試験内容はほぼ同じで困惑いたしました。しかしソムリエ会メンバーの方々の応援もあり、とにかく最後まで諦めず精いっぱい頑張ろうと必死に勉強しました。
太田:大会にあたり過去に国家代表部門で優勝した方を招いて勉強会を行ないました。初めて出場するため、大会の概要から試験勉強に必要な参考書、ブラインドテイスティングのコツまで基本的なことを中心に教えていただきました。また、一緒に出場するメンバーたちとの自費合宿も何度か行ないました。会議室を貸しきって勉強したり、テイスティングの練習として様々なお酒を試飲し感想を言い合ったりしながら味を覚えていきました。
勉強に使った参考書
勉強に使った参考書
生産地、原料、度数など

基本情報は丸暗記
生産地、原料、度数など
基本情報は丸暗記
村岡さんお手製の単語帳には

覚える内容がびっしり
村岡さんお手製の単語帳には
覚える内容がびっしり
村岡:一口に韓国伝統酒と言っても、マッコリ、マッコリの上澄みである薬酒、薬酒を蒸留した焼酎、韓国ワインと多様なお酒が試験対象になります。伝統酒の歴史や発酵学に関しては専門書を読みましたが、全て韓国語なので理解するのに苦労いたしました。また、醸造に関する用語などは酒類業界でのみ使われている昔の言葉も多く、書物やインターネットで検索しても見つからないため、専門家の方々のお力をお借りして乗り切ることができました。特に、日本酒の利き酒師の資格を持ち、韓国の大学で日本酒の講義もしているミョン・ウク代表からは、難解な醸造用語等を分かりやすい日本語に変えて教えていただくなど、代表なくしてはここまで来れなかったと思います。
太田:私は韓国の地理を全く知らなかったので、全国各地の醸造場の位置を覚えることが一番大変でした。勉強法としては、まず韓国地図を描き、ここが江原道(カンウォンド)慶尚道(キョンサンド)…と地名を書き込みます。さらに醸造場の場所を点で入れていき、生産地とお酒の名前、原料などをセットでイメージできるまで、何度も見返して覚えていきました。

頑張った甲斐あり、大会では村岡さんと共に入賞することができました。他の出場者からも刺激を受け、とても良い経験になっただけでなく、今まで「おいしい」という感覚だけで楽しんでいた伝統酒について深い知識を得たことでお酒に対する見方や飲み方が変わりました。
韓国酒の伝道師として魅力をアピール
村岡:伝統酒ソムリエとしては、まだあまり知られていない伝統酒の存在と魅力を知っていただく活動を行なっています。最近では10月最終木曜の「マッコリの日」を記念し、仁寺洞(インサドン)で行なわれた「マッコリフェスティバル2014」に参加いたしました。農林部や(社)韓国マッコリ協会からの支援もあり、マッコリソムリエ体験教室の専用ブースで新米マッコリの試飲会や利き酒会を実施した他、伝統酒の魅力についての講演をさせていただきました。
マッコリフェスティバル2014にて
マッコリフェスティバル2014にて
ユン・ミョンヒ国会議員とイ・ドンピル農林部長官に伝統酒の説明も
ユン・ミョンヒ国会議員とイ・ドンピル農林部長官に伝統酒の説明も
蔵元めぐりでお酒のルーツに出会う
太田:私たちは韓国各地の蔵元を訪ね、その様子をSNSで紹介する、農林部主催の記者団「訪ね行く蔵元(チャジャガヌン ヤンジョジャン)」のメンバーでもあります。これまでに忠清南道(チュンチョンナムド)舒川(ソチョン)の素麹酒(ソゴッチュ)、礼山(イェサン)のりんごワイン、唐津(タンジン)の白蓮(ペンニョン)、全羅南道(チョルラナムド)海南(ヘナム)のもち米マッコリの蔵元などを訪問しました。

村岡:ミョン・ウク代表が農林部と企画した「訪ね行く蔵元」での蔵元見学は、造り手から直接お話を伺うことのできる貴重な機会でした。どのようなお気持ちで醸していらっしゃるのか、これまでにどのようなご苦労があったのかなど、参考書には書かれていない造り手の「心」について知ることができたからです。
ワインや日本酒と同じく、韓国の伝統酒も季節や温度により味が変わってきますが、さらに出荷後の日数や保管状況、造り手の心理状態など些細な環境の変化にも敏感である点が特徴です。そして、その結果生まれる味の変貌さえも楽しめるというのが非常に面白いと思います。
素麹酒の造り手、ウ・ヒヨルさん(大韓民国食品名人)
素麹酒の造り手、ウ・ヒヨルさん(大韓民国食品名人)
米粒が浮いた浮蟻酒(プウィジュ)はトンドン酒とも言われる
米粒が浮いた浮蟻酒(プウィジュ)はトンドン酒とも言われる
太田:以前は焼酎と聞くと一般に流通している緑色の瓶を想像し、味に苦手意識がありました。ところが蔵元巡りをしてみて、同じ焼酎でも多彩な種類があること、そして実際に造り手から話を伺い、お酒が醸されている場を目の当たりにすると、見違えるように美味しく感じられることに驚きました。

村岡:蔵元で飲むお酒は格別ですよ。最初少し強いかなと思っても、見学後に実際醸していらっしゃる蔵元の社長様と改めて酌み交わすお酒は、本当に魔法にかかったようにまろやかです。
「マッコリにパジョン」の公式が当てはまらない?!
村岡:私自身がお酒が好きということもあり、日本ではお酒に合う料理を中心に研究していたのですが、韓国に来てからもお酒と料理の相性には関心がありました。韓国では一般に「マッコリにはパジョン(ネギチヂミ)が合う」と言われますよね?でも必ずしもそうではないんですよ。日本に地酒があるように韓国にも地マッコリがありますが、蔵元に行きその土地の郷土料理といただくと、また格別な一体感を味わうことができます。

太田:お酒の基本は「水」ですので、その土地の水で作られたお酒には、地域の名産を用いた郷土料理や昔から食べられてきた伝統料理が一番合います。

村岡:素麹酒(ソゴッチュ)が造られる舒川(ソチョン)という地域は海の近くなのですが、そこでいただいた素麹酒とアンコウ鍋は格別なお味でした。

太田:食事との相性がとても良く、お酒も進んで私たちのテーブルだけ素麹酒が次から次へと空き瓶になっていきました(笑)。

村岡:「水が合う」という言葉がありますが、まさにお酒と料理の相性もその一言に尽きます。生まれ育った土地の材料で作られた料理が一番口に合うように、お酒もその地域の料理といただいてこそ本来の味を楽しむことができると思うのです。
おすすめの韓国伝統酒は?
村岡:1つだけ挙げるのは難しいですが、あえて挙げるなら全ての伝統酒にとって「母なる酒」である生マッコリです。なぜ母なる酒かというとマッコリから様々なお酒に進化していくからです。
簡単にご説明すると、米に水と麹を加えたものを1~2週間発酵させます。そして、分離したもののうち濁っている部分がマッコリ、上澄みが薬酒で、この薬酒を蒸留したものが焼酎となります。こうしたお酒のストーリーを楽しむスタートとして生マッコリをおすすめいたします。
乳酸菌が生きた状態の生マッコリと違い、日本で飲めるマッコリはほとんど殺菌マッコリです。酵母が生きていると発酵が進み噴出する原因になりますので、現在多くのマッコリは加熱殺菌をして輸出されています。 私の知人が先日訪韓した際に生マッコリを試飲してもらったところ、「これ本当にマッコリ?すごくおいしい!」と、すっかりファンになってしまいました。それだけ本場で飲む出来立ての生マッコリは格別なのです。韓国旅行にいらっしゃる折にはぜひ味わっていただきたいと思っております。
素麹酒
素麹酒
太田:お酒が苦手な方でしたら、素麹酒(ソゴッチュ)がおすすめです。他のお酒に比べてお米の割合が多いので、ほんのりとした甘味があり、飲み口もやわらかいです。

村岡:そのおいしさには逸話があります。昔、科挙(朝鮮時代の官吏登用試験)を受けるため両班(ヤンバン、貴族階級)の子息が都心にある試験会場に向かったのですが、途中で素麹酒の醸造場を通りかかりました。疲れていたので一杯飲ませてもらったところ、あまりの美味しさに数週間に渡って居座ってしまい、結局試験を受けられなかったそうです。そのことから「座り込んでしまうお酒(アンジュンペンイスル)」という別名もあります。
「白蓮」はマッコリも人気
「白蓮」はマッコリも人気
太田:女性受けするお酒だと、「白蓮(ペンニョン)マルグンスル」も飲みやすくておすすめです。こちらは今年3月、イ・ゴンヒ三星グループ会長の誕生日パーティーで乾杯酒にも選ばれたお酒です。イ会長自身がワインソムリエの資格を持っていて、毎年乾杯にはワインが出ていたのですが、初めて韓国国内の伝統酒が採用されたということでも注目を集めました。
焼酎にショウガ、甘草、桂皮などを漬け込んだ甘紅露
焼酎にショウガ、甘草、桂皮などを漬け込んだ甘紅露
村岡:朝鮮3代名酒と言われる「梨薑膏(イガンゴ)」「甘紅露(カモンロ)」「竹瀝膏(チュンニョッコ)」もぜひ試していただきたいですね。昔の文献には必ずと言って良いほどその名が載っており、現代にも造り方が伝えられているお酒です。

実際に生産地に足を運んで味わっていただくのが一番なのですが、ソウルご旅行中に購入なさるなら新世界百貨店本店に伝統酒専門店「ウリスルバン」がございます。韓国伝統酒振興協会が運営する売場で、今回ご紹介した伝統酒をはじめ様々なお酒が手に入ります。
「酔うため」から「味わうため」のお酒に
地マッコリを楽しめるバーが増加
地マッコリを楽しめるバーが増加
村岡:韓国の大衆酒と言えば焼酎が代表的ですが、私はこの4年間、周囲の韓国人に「(伝統焼酎ではなく)なぜ焼酎を飲むのですか」と事あるごとに尋ねてきました。しかし答えは皆さん同様で、「早く安く酔えるから」という理由から市販の焼酎が選好されているのが現状です。

マッコリは近年おしゃれなマッコリバーや居酒屋が登場し徐々に関心が高まっていますが、大量生産されているマッコリ以外は買い切りで販売するため、専門店では割高なこともあり、まだまだ若い方には馴染みが薄いようです。ましてや焼酎は市販の焼酎と伝統酒で価格差が非常に大きいため、なかなか伝統酒が普及しにくい状況にあります。
太田:韓国ではお酒自体が「酔うためのもの」として強く認識されているので、これからは「味わうためのお酒」へと変化していってほしいと思います。韓国には非常に多彩な伝統酒があり、地域ごとに特色があります。また蔵元を訪問して感じたことですが、造り手の真心が込められている点が最大の魅力です。

韓国人はいつも飲むお酒が決まっていることが多いですが、もっと周囲にも目を向けてもらえるよう、伝統酒ソムリエとして自分の知識をさらに深めつつ、まだ知られていない伝統酒の存在とその魅力を伝えていきたいです。

名前 太田恵美(おおた えみ)
出身地 神奈川県
在韓歴 2年
経歴 延世(ヨンセ)大学校韓国語学堂在学中、知人を通じて知った日本人マッコリソムリエ会に参加したことがきっかけで伝統酒に関心を持つ。日本人マッコリソムリエ会副会長(韓国副支部長兼任)。2014年農村振興庁認定・韓国伝統酒ソムリエ。社団法人韓国マッコリ協会名誉マッコリソムリエ。第5回韓国伝統酒ソムリエ競技大会入賞。
村岡:最近韓国では諸外国の料理店も増えてきました。今後、他国の料理の良さを知ると共に韓国の伝統的な料理の良さも再認識され、その次には料理に合ったお酒を探し求めるようになると思います。そのとき、「酔うためのお酒」ではなく「心に安らぎをもたらすお酒」として韓国伝統酒にフォーカスが当たるようになると良いですね。そんな日が来るまで、他国に類を見ない魅力を持つ韓国の伝統酒をより多くの方々に知っていただけるように努力していきたいと思っております。

名前 村岡ゆかり(むらおか ゆかり)
出身地 兵庫県
在韓歴 4年
経歴 専門調理師免許(フランス・イタリア部門)を保持し、伝統食酒文化研究家として日本で講演・雑誌連載、TV出演等の活動多数。2010年に渡韓後、ビジネスサポートを行なう株式会社グローバルユー代表取締役社長を務める傍ら、韓国伝統酒の研究に取り組む。日本人マッコリソムリエ会会長(韓国支部長兼任)。

2014年農村振興庁認定・韓国伝統酒ソムリエ。社団法人韓国マッコリ協会名誉マッコリソムリエ。2014年に韓国農林畜産食品部長官賞、韓国マッコリ協会功労賞を受賞。第5回韓国伝統酒ソムリエ競技大会入賞。
「こってりした参鶏湯(サムゲタン)のスープにはキリっとした強めの焼酎が合いますよ。冬に温かい室内から外に出たときのようなキーンとした旨さがあります」。普段の韓国生活でもお酒を欠かすことがないと言うお二人ですが、伝統酒に関する表現が魅力的なこと!お酒を嗜まない人も思わず試してみたくなるような語り口はさすがでした。
インタビュー場所の「月香」では伝統酒を味わいながら理解を深められる「マッコリ&朝鮮銘酒ソムリエ体験」が開催中。講義は2時間と短時間で旅行者にもおすすめ。韓国のお酒に興味のある方はぜひ参加してみてください。
  最終更新日:14.11.20
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第84回~川端悠輔さん(観光案内ガイド)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第26回~関康夫さん(日本大使館領事部)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第83回~カンナムさん(歌手・タレント)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第81回~堀口俊英さん(堀口珈琲)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]