韓国旅行「コネスト」 第79回~小倉友和さん(韓国ダイワ) | 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 > 第79回~小倉友和さん(韓国ダイワ)

第79回~小倉友和さん(韓国ダイワ)

お気に入りに追加 (登録者 : 1人) 印刷する
自然を感じながら楽しむレジャーの中で根強い人気を誇る「釣り」。韓国でも近年アウトドアに対する関心の高まりから釣り人口が増えています。釣りが盛んな日本の釣り具は品質も世界トップクラスと言われ、韓国の釣り人にも日本製を好む人が多いそう。そんな韓国でおなじみの日本の釣具ブランドが「DAIWA(ダイワ)」です。現地でマーケティングを担当し、商品開発や市場調査に日々奔走されている小倉友和さんに、日韓の釣り文化の違いや韓国の釣り事情について、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)のオフィスで伺いました。

名前: 小倉友和
勤務先: 韓国ダイワ株式会社
年齢: 満38歳(1975年生)
出身地: 東京都
在韓歴: 2年4カ月
経歴: 1999年に「ダイワ精工株式会社(現グローブライド株式会社)」入社。福岡営業所にて2年半営業に携わった後、本社の営業課、商品開発、新規事業担当を経験し、2012年1月より現職。
食事も景色も…まるごと楽しむ韓国の釣り
日本と韓国は地理的に近いため、釣る魚や釣り方は基本的に同じです。大きな違いといえば、韓国の人々は釣りに出かけること、つまり釣行(ちょうこう)そのものを楽しむ傾向が強いです。釣りだけではなく、行った先で料理を味わったり美しい景色を見たり…と、釣りに行く1日をトータルで満喫します。
特に大事にされていると感じるのが食に関してです。日本は比較的釣り自体がメインで、食事はコンビニなどで簡単に済ませば良いと考える人も多いですが、韓国では釣りの合間にしっかり食事をとります。海に出る船釣りは昼食付がほとんどで、船長が料理を作ってくれることも。食事をせずに釣りをしていたら、船長から「早く食べてください!」と怒られたこともありました(笑)
釣りの一番の楽しみは、やはり釣った魚を自ら食べることです。その味は格別で、まさに釣り人だけの特権です。韓国でも刺身で食べられることが多く、メウンタン(辛い鍋料理)も好まれます。
刺身はコチュジャンで食べるのが韓国式
刺身はコチュジャンで食べるのが韓国式
メウンタン
メウンタン
人気は初心者でも扱いやすいルアーフィッシング
釣りは大きく淡水と海水に分かれます。淡水で人気なのはルアーという疑似餌を使ったブラックバス釣り、そして韓国で忘れてはならないマブナ釣りです。プンオと呼ばれるマブナの釣りは古来から行なわれ、市場規模も一番大きく、韓国では釣りの代名詞となっています。

海釣りではアオリイカやマダイを狙うルアー釣りの人気が高く、韓国南方の南海(ナメ)では秋になるとタチウオ釣りが大盛況です。ソウルから遠いため、釣具屋が企画したツアーバスで麗水(ヨス)まで行くスタイルが普及しており、一度行くとその釣果に驚きます。

個人的におすすめは、ソウルから車で1時間ほどの仁川(インチョン)沖でできるヒラメのルアー釣りです。ヒラメと言うと日本では高級魚のイメージがありますが、初心者でも意外と簡単に大物が釣れる面白さがあります。
見た目にもこだわる韓国人、商品選びは高級志向
現在は主に日本の商品を輸入販売しています。対象魚が似ているため使用する道具は同じですが、求められる商品の種類は日韓で趣向の違いが現れます。韓国の人々は特に見かけを重視するようで、初心者でも高価な最上級モデルを購入する人が多いです。

また韓国の釣りのスタイルに合わせた商品開発も行なっています。例えばタチウオ釣りの場合、日本では2~3本の針の仕掛けに軽めのオモリを使用することが多いですが、韓国は10本以上の針に200号(750g)以上のオモリを用います。使用する仕掛けによりロッドやリールも異なるため、こうした釣り方の違いに合わせた釣り具を取り揃える必要があります。韓国専用品の数は年間で発売される新製品のうち約4分の1程度を占め、売上規模はまだ小さいですが徐々に増やしていく予定です
高価だが高性能の製品が売れ筋
高価だが高性能の製品が売れ筋
伝統工芸の螺鈿細工を取り入れたロッド
伝統工芸の螺鈿細工を取り入れたロッド
釣果メインだった専門誌で「ハウツー」指南を連載中
他にも、実釣(じっちょう)と言って販売店の担当者と一緒に釣りに行き釣法を体験してもらったり、新製品の取材対応、日本の釣り方や針の結び方などを紹介するために雑誌の記事連載も行なっています。韓国には釣り専門の雑誌が6誌ありますが、いずれも内容は「どこで、誰が、何を釣ったか」が中心です。

その背景には、とにかく数・大きさを競う韓国の釣り人たちの高い競技志向がありますが、釣り場に関する情報はともかく、どうやって釣るのか、どんな道具を買えば良いのかなど、初心者向けの情報が不足しており、釣りに関心はあっても始め方が分からない人が多いのが現状です。

道具の販売だけでなくハウツーまで含めて釣りの魅力を伝えていくことは、弊社の課題でもあり、今後注力していかねばならないと思っています。
釣り専門誌やムック本
釣り専門誌やムック本
手がけた連載や特集
手がけた連載や特集
説明のイラストもお手製
説明のイラストもお手製
「釣ったもの勝ち」の市場調査、活きた情報は足で稼ぐ
済州島の海
済州島の海
マーケティングの仕事は常に目線を先へ向け、市場調査などを通じ今後起こりうる出来事を予測することが重要です。現在の流行は全て過去に計画していたものなので、今流行っているものを作っていては遅いです。特に韓国は変化のスピードが速いため、いち早く情報をキャッチしていかねばなりません。

市場調査は釣りの世界と同じで、「釣ったもの勝ち」です。可能な限り多くの調査結果を集めるには足で稼ぎます。弊社は韓国に1社しかないため、韓国全土が営業範囲。私も月の3分の1は出張で、販売店への商品紹介や市場調査に出かけています。
これまで韓国の都市という都市はほぼ訪れましたが、何十回と足を運んでいるのが済州島(チェジュド)です。済州島は暖流と寒流が出会う場所であり、また島全体が溶岩でできているため海底の起伏が激しい地域。潮の流れが複雑なので魚のエサとなるプランクトンが発生しやすく、韓国では絶好の釣り場として知られています。釣りの盛んな場所だからこそ定期的に足を運び、販売店での売れ筋を把握したり商品動向を分析して商品企画に役立てています。
自分の起こしたアクションが結果に直結する世界
小倉さんが制作したLUKINAホームページ
小倉さんが制作したLUKINAホームページ
釣り業界は企画者と顧客が直接的に繋がっているのが大きな特徴です。顧客の生の声がなければ企画も生まれません。昨年発売した、ヒラメ釣りの道具をトータルで揃えられるシリーズ「LUKINA」は大きな反響を得られました。韓国は仕掛けだけ、竿だけと単品に特化したメーカーが入り乱れており、お客様からも分かりにくいという声があったため、総合釣り具メーカーである弊社の強みを生かして開発しました。さらに持ち物リストから釣り方まで紹介するホームページも開設し、購入から使用まで全般的にサポートする形で展開したのが功を奏しました。
私は企画を担当していますが、商品の誕生から販売までの一連の流れの中では一つの役割に過ぎないと思っています。「誰が作ったのか」が重要なのではなく、営業担当者たちが自社の商品として自信をもってお客様に紹介し、喜んでもらえたり意見をいただきながら、そこで得られたアイディアや改善点を企画者である私に提案してくれる。さらにより良い商品が生まれるためのそうしたサイクルを作る手伝いができていることに今はやりがいを感じています。

今、私は弊社に対する多くの人の期待を感じながら、それに応えられる立場にあります。成功するにせよ失敗するにせよ、自らの行動が結果を出すことに直結している点は非常に面白いです。日本でもルアーロッド(ルアー釣りで使用する竿)の企画に携わり同じことを思っていましたが、市場への浸透が早い韓国の方がよりダイレクトな感じがします。
休日も釣り三昧!初心者も大歓迎の釣りクラブ
プライベートでも週末はほとんど釣りに出かけています。先日も一人で慶尚道(キョンサンド)晋州(チンジュ)まで鮎釣りに行ってきました。地方へ行くと方言が聞き取れないことも多々ありますが、一緒に釣りをしていた梅農家の人から旬の梅をおすそ分けしてもらったりと、温かい人情にも触れられて楽しいです。
SJC釣りクラブにて
SJC釣りクラブにて
釣った魚はその場で味わうことも
釣った魚はその場で味わうことも
SJC(ソウルジャパンクラブ)の釣りクラブにも所属しており、基本、毎月1回の例会では50名を越える会員たちと一緒に釣りに出かけたり、イベントを開催したりしています。初心者、経験者問わず気軽に参加できるので、家族連れや女性も多いですよ。男性は比較的釣り自体を楽しむことが重要なので1~2匹釣れたら満足しますが、女性はまず、かかった船代を計算します。「元は取らねば」という思いからでしょうか、夢中になってずっと釣っています(笑)。
「釣り」は誰でも知っているという点で身近なものですが、やり方が分からないため敷居が高いのだと思います。特に女性は彼氏や父親に連れて行ってもらう機会がないと、釣りとの関わりを持つことは難しいです。そうした垣根を釣りクラブを通じて取り払っていきたいです。
多様な機会の活用で「釣り」をもっと身近に
同僚は日本生活経験者が多い
同僚は日本生活経験者が多い
韓国への異動は家族を日本に残しての海外赴任で、大変な面も確かにありますが、逆に世界を知るための良いチャンスだと捉え前向きに考えました。当初は韓国語も「アンニョンハセヨ(こんにちわ)」「メクチュチュセヨ(ビールください)」しか分からなかったので、毎日がスリルと笑い、失敗の繰り返しでしたが、「来たからには楽しもう!」と気持ちを切り替え、積極的に出かけるようにしました。日本を離れたことでポジティブになれましたね。
仕事の面でも自分で限界を定めず、どんどん挑戦していきたいです。そんな姿勢で毎日業務に取り組んだ結果、韓国でも認められたことで、「もっと頑張れるのではないか」「次の新天地にもチャンスがあるのではないか」という気持ちが芽生えたのは大きな変化でした。「一度だけの人生」とはまさにその通りで、チャレンジしたいことはまだまだたくさんあります。韓国に来たことで欲張りになってしまいました。

韓国のアウトドア市場は登山ブームもあって急速に拡大しており、昨年その規模は売上高基準で世界2位に浮上しました。しかし、釣りに関しては体験したことがない人はいまだ多く、もっと釣りが身近なものとして認識されるような紹介の仕方が必要だと思っています。また、ボートなど他のアウトドアレジャーとのコラボレーションを通じても今後はより広く展開していきたいです。「百聞は一見に如かず」と言いますが、釣りは最初の一歩さえ踏み出せれば、きっと楽しんでもらえます。それだけは私、確証が持てます(笑)。
中国には「一生幸せでいたければ釣りを覚えよ」ということわざもある通り、釣り自体は非常に楽しいものです。しかしゴルフなどと違い、ルールが存在しないことが釣りの最大の欠点であり、問題です。釣り場のごみ問題は依然深刻ですし、小さな魚を持って帰ってしまう人も多く、このままでは資源が枯渇して釣り文化の衰退にもつながりかねません。仕事からは少し離れますが、釣りを楽しむ多くの人々に未来を見据えた釣りについての意識もぜひもってもらいたいです。
インタビューを終えて…
「パルリパルリ(早く早く)に加え、カプチャギ(突然)の国。どこで何が起こるかわかりません(笑)」と韓国を表現された小倉さん。しかし、そんな予測不可能な毎日も、持ち前のポジティブシンキングで刺激と捉え、どこか楽しみながら巧みに乗り越えられているような印象を受けました。若者や女性など今後取り込める余地のある層は厚く、韓国での本格的な釣りブームはまだまだこれから。ぜひその立役者となってご活躍されることを期待しています。
韓国ダイワ株式会社
釣具をはじめゴルフやテニスなど各種スポーツ用品の企画・開発を行なうグローブライド株式会社の韓国販売拠点として2005年に設立。リール・ロッド・ルアーなど9,000種以上にのぼる釣用品の販売およびアフターサービスを手がける。

住所:京畿道(キョンギド) 高陽(コヤン)市 一山東区(イルサンドング) 獐白路(チャンベンノ) 208 ソンアムビル8F
電話番号:031-949-5225
ホームページ:www.daiwakorea.com
  最終更新日:14.07.11
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第84回~川端悠輔さん(観光案内ガイド)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第26回~関康夫さん(日本大使館領事部)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第83回~カンナムさん(歌手・タレント)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]