韓国旅行「コネスト」 「NOW!ソウル」で振り返る2013年 | ニュースで見る韓国 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国の社会 > ニュースで見る韓国 > 「NOW!ソウル」で振り返る2013年

「NOW!ソウル」で振り返る2013年

お気に入りに追加 (登録者 : 3人) 印刷する
2013年はどんな年だった?
皆さん、年越しの準備は進んでいますか?韓国は旧暦でお正月を祝うため、新暦での新年は日本に比べると大きな行事ではありません。それでも1年をきちんと締めくくり、気分新たに2014年を迎えたいところ。そこで2013年の有終の美を飾るべく、特別記事をご用意しました。韓国の最新情報や街中のホットな話題をリアルタイムでお届けしてきた「NOW!ソウル」で、コネストとともに2013年を振り返ってみましょう!
芸能・エンタメ 経済・社会 文化・ファッション 生活・環境 行事・イベント エリアニュース
芸能・エンタメ
モデル出身の俳優が大活躍

安定的な人気を見せるアイドル兼俳優「演技(ヨンギ)ドル」に続き、2013年の韓国芸能界ではイ・ジョンソクやキム・ウビン、イ・スヒョクなどモデル出身の俳優が大活躍。持ち前のスタイルの良さで様々な商品のイメージキャラクターを務めたほか、ドラマや映画、バラエティ番組など幅広い分野で豊かな個性を発揮しています。

イ・ジョンソク(左)とキム・ウビン(右)はドラマ「学校2013」で共演 2013年はドラマ「鮫」や映画「怖い話2」に出演したイ・スヒョク(右) 立っているだけで絵になるイ・チョンヒ(左)とチョン・ギョウン(右)
番組ロケで使われた商品やお店が話題に

テレビ番組の撮影で使われた商品やお店は、番組人気に付随して話題になることが珍しくありません。2013年に大ヒットした軍隊生活バラエティー「本物の男(チンチャ サナイ)」のなかで紹介された軍隊フードもそのひとつ。人気スター同士が仮想の新婚生活を送る番組「私たち結婚しました」で仮想夫婦が訪れるデートスポットも注目を集めました。

軍隊の戦闘食料をイメージした
レトルト食品
チャン・グンソク主演のドラマ「きれいな男」に登場するカフェ「DROPTOP デートロケが行なわれた
ピョルタバンミスリーシーズン1

★「NOW!ソウル」でキャッチした芸能人たち ★
2013年は記者会見やスターの公開結婚式などのイベント会場で多彩な顔ぶれをキャッチ。「NOW!ソウル」を飾った、2013年のホットフェイスをフラッシュバック!

(左から)ジュンス、ジェジュン、ユチョン
(02.20掲載)
ソネ(ワンダーガールズ・リーダー)
(01.28掲載)
(左から)イェウン、ヘリム、ソヒ(ワンダーガールズ・メンバー)
(01.28掲載)
チョ・グォン(2AM)
(01.28掲載)
(左から)スロン、チャンミン、ジヌン(2AM)
(01.28掲載)
(左から)ソヒョン、スヨン、ユナ、ティファニー(少女時代)
(01.28掲載)
ユンナ
(01.28掲載)
経済・社会
値上げ続々、庶民の生活に大きな打撃
経済の低成長やデフレが懸念されるいっぽう、2013年は庶民の生活に近い食品や交通費などの品目で物価が上昇しました。乳製品メーカーが原乳価格の上昇にともない8月から牛乳の値上げを実施したほか、鶏卵など生活必需品の値上がりが目立ちます。10月からはタクシー運賃も4年ぶりに値上げされ、庶民の生活に少なくない影響を及ぼしています。
オンラインショップ、実店舗を続々オープン
インターネット上のオンラインショップのみで展開していたショップが次々と実店舗(オフラインショップ)をオープン。気になるアイテムを実際に手に取って見ることができると人気を集めています。オンラインショップ市場で不動の人気を誇り日本でも人気のある「STYLE NANDA(スタイル ナンダ)」蚕室(チャムシル)大邱(テグ)ロッテ百貨店にも入店を果しました。
「STYLE NANDA」弘大本店▶
観光客にも嬉しいインフラ整備

アジアを代表する大都市として、グローバル社会のなかでも存在感を増すソウル。観光客誘致に積極的で、インフラ環境は年々改善が進められています。外国人観光客が多く訪れる主要エリアでは、清掃回数の加増やゴミ箱の追加設置による環境美化活動の強化や、都市景観を左右する商業看板のデザイン改善が図られています。また停留所にひっきりなしに来るバスの扉から路線番号が飛び出すようになったことは、小さい変化ながらも大きな利便性向上につながりました。

人気観光地で夏から始まった
環境美化活動の強化
2013年度のソウル市「良い看板」に
選定された韓服店の看板
停留所にとまったバスが扉を開くと
路線番号が飛び出すようになった
文化・ファッション
待望のアート・芸術空間がソウル都心に

2013年のソウルにはふたつの公立美術館が開館しました。ひとつはソウル北部の文化拠点として期待されるソウル市立北ソウル美術館。もうひとつは朝鮮王朝時代の正宮・景福宮(キョンボックン)の隣にできた国立現代美術館ソウル館です。特に国立現代美術館ソウル館は、北村(プッチョン)三清洞(サムチョンドン)仁寺洞(インサドン)光化門(クァンファムン)などソウル都心の文化発信地を連結する場所に立地。ソウルでのアート・芸術体験がますます身近になりました。

ソウル市立北ソウル美術館 国立現代美術館ソウル館
流行を追いつつも個性化を追求

登山愛好家が多い韓国で年々拡大しているアウトドアファッション市場。2013年はキャンプの大流行もそれを後押し。個性を求める消費者の要望に応える形で、デザイン性にこだわった商品の登場が目立ちました。韓国女性の髪型にも個性化の兆しが見えはじめ、男性からの人気が高い「黒髪・ストレート」ではない新しいスタイルやカラーリングに挑戦する女性が増えています。また交通カードなどを首からぶら下げるカードホルダー、クラッチバッグ、ビジュー、スニーカーなどがファッション愛好家のアクセントとして定番化し、季節に関係なく街じゅうで見られました。

大型ショッピングスポットがオープン&リニューアル

ショッピング天国といわれ、世界中から訪れる観光客がこぞって買い物を楽しむ街ソウル。2013年も大型ショッピング施設の誕生や老朽化したファッションビルのリニューアルオープンが相次ぎました。特に東大門(トンデムン)レザー衣料品を扱う老舗卸売りビル・光熙市場(クァンヒシジャン)がおしゃれなインテリアと高級感漂うショッピング施設にリニューアルされ、買い物愛好者の注目を集めました。また「CONCOS THE GALLERIA」デパートから生まれ変わったソウル駅の「ロッテアウトレット」も、外国語可能なスタッフが常駐するなど外国人観光客への配慮が話題になりました。

「ロッテアウトレット」 「Queen's Square(クイーンズスクエア)」
(光熙市場)
首都圏北西部で最大規模の
「onemount(ワンマウント)」
生き残りをかけた差別化が進むカフェ

ソウルで人が集まる場所には必ず見かけるようになったカフェ。特にその密集度が高いエリアでは、まるで書店や図書館にいるかのような静かな時間が過ごせるブックカフェや、かわいらしい動物と一緒にたわむれながら癒しの時間が過ごせる動物カフェ、インパクトのある外観や個性的なインテリアなどで差別化を図るカフェが話題に。生き残りをかけた様々な努力が垣間見えました。

出版社直営のブックカフェ
CAFE COMMA 2page」
かわいい羊が出迎えてくれる
Thanks Nature Cafe
レトロなワゴン車をはじめインテリアがかわいい「HOHO MYOLL
生活・環境
韓国インスタント食品のトレンド

食品メーカーが市場に次々と新商品を投入したり、消費者がユニークな食べ方を編み出すなどして話題にこと欠かない韓国のインスタント食品。特に2種類のインスタントラーメンを組み合わせ全く新しい食べ物にしてしまう「チャパグリ」、袋ラーメン専用容器や自動調理器具、アウトドアで手軽に食べることができるインスタントライスなど、韓国独自の進化が目立ちました。

テレビで紹介され真似をする人が続出した「チャパグリ」 漢江(ハンガン)公園のコンビニで大好評のラーメン自動調理器 ラインナップが増えたインスタントライス
スイーツ人気全盛時代

ソウルの各地で見かける行列はすべてといって過言ではないほどスイーツ人気が全盛を極める昨今。駅構内にスイーツスポットが続々誕生し、観光の目的地へ向かう途中でもスイーツが楽しめるようになりました。カフェチェーンは季節が変わるごとに旬の果物を使った新作スイーツを披露。アメリカからは「クロナッツ」、日本からは「堂島ロール」など、海外から上陸してきた商品も大きく話題になりました。

駅ナカにスイーツ店が増殖中 旬の果物を使った季節のスイーツ ニューヨーク発のスイーツ「クロナッツ」
偏西風に乗ってやってきた招かれざる客
大気中に漂う粒子状物質の濃度が高く、空に霞みがかかる日が多かった2013年のソウル。春先には偏西風の影響で黄砂が空を覆う日が多く、外を出歩く際には黄砂対策マスクを着用する人々をよく見かけました。また太平洋高気圧の勢力が南下するにしたがって、秋ごろから再び招かれざる客が。粒子状物質のなかでも大きさが極小で人体への悪影響が大きいとされ日本でも注意が呼び掛けられているPM2.5(韓国では「超微細粉塵」)がソウルの空を薄暗くする日が増えました。市民の不安が高まるなか、PM2.5の時間濃度の平均が所定の基準を超えた場合に注意報が発令される制度もスタートしました。
行事・イベント
ユネスコ無形文化遺産、キムジャンイベント
厳しく長い冬を乗り越えるため、春先まで食べるキムチを隣人と一緒に大量に漬け込む韓国の伝統文化で、2013年にユネスコ無形文化遺産に登載されることも決まったキムジャン。社会構造の変化にともない年々失われつつあるその貴重な文化を後世に残すべく、キムジャンシーズンの11月13日、ソウル広場で大規模なキムジャンイベントが行なわれ、ミスコリアやスーパーモデルなどを含む市民約3,000人が参加しました。
その他にもソウルやソウル近郊で、様々なイベントが開催されました。

ソウル童話祭

韓方無料体験

蓮花フェスティバル

ハングルよ遊ぼう

ソウル灯祭り

ソウル広場スケート場

エリアニュース
明洞(ミョンドン)

ソウルを代表する繁華街で外国人観光客が多く訪れる明洞。2013年は観光環境の改善や新たな取り組みが見られ話題に尽きない1年でした。年明け早々の1月にまず、明洞駅出口にひとつもなかったエスカレーターがふたつ新設(3番、7番出口)され、重たい荷物を抱える観光客の利便性が向上しました。10月には、観光客を狙った不法行為を未然に取り締まったり被害に遭った観光客のトラブル解決を任務とする観光警察が導入。11月末には、観光案内はもちろん宿泊・公演の予約代行、休憩空間提供など観光客をワンストップでサポートする「明洞観光情報センター」がオープンしました。

明洞駅にエスカレーターが新設 語学堪能で外国人観光客を助ける青い制服の「観光警察」 乙支路入口(ウルチロイック)駅近くにできた「明洞観光情報センター」
合井(ハプチョン)、弘大(ホンデ)、新村(シンチョン)

流行の移り変わりに敏感な若者が多く集まるサブカルチャー発信地の合井・弘大新村エリア。合井のランドマーク「メセナポリス」に3月、地元住民の反対で入店が遅れていた大型スーパーの「ホームプラス」が開業し話題を集めました。人を吸い込み続けるブラックホールのような弘大には、ユニークなアイデアがあふれる居酒屋クラブが次々と誕生し若者の欲望を刺激。弘大に商圏を奪われこのところ元気がなかった新村も、ソウル初の公共交通機関専用道路設置にともなう新たな文化発信空間造成を機に挽回を図っています。

「ホームプラス」開業後に
賑わいが増した「メセナポリス」
銭湯をモチーフにした弘大の居酒屋
タン
新村の公共交通専用道路設置工事

狎鴎亭(アックジョン)

南大門(ナンデムン)

東大門(トンデムン)

発表!「NOW!ソウル」2013年アクセスランキングBEST10
1位 東大門に新ファッションスポットオープン!(03.08掲載)
2位 韓国女性の髪型に変化!?(04.24掲載)
3位 タクシーの料金表示にご注意!(10.25掲載)
4位 夏の露出ファッションを追え!(08.09掲載)
5位 夏から秋へ。今秋のトレンドは?(08.23掲載)
6位 人気スターが次々熱愛&結婚を発表(07.08掲載)
7位 韓国ドラマのトレンドは、コーヒーチェーン店!(03.15掲載)
8位 「ロッテアウトレット」オープン!(01.29掲載)
9位 ワンダーガールズ、ソネ結婚!(01.28掲載)
10位 話題の「チャパグリ」って?(03.05掲載)

こうして見てみると2013年も話題が盛りだくさんの韓国、そして「NOW!ソウル」でしたね。1年を通じて韓国の情報をリアルタイムでお届けしてきたコネストですが、2014年はさらに深く、そして鋭く、最新の韓国をご紹介したいと思っています。2014年も応援よろしくお願いします!「セヘポンマニパドゥセヨ(よいお年を)!」

関連記事

  最終更新日:13.12.31
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
2016年上半期の韓国ビッグニュースBEST9
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015/2016年冬編~
ニュースで見る韓国
「NOW!ソウル」で振り返る2015年
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015年秋編~
ニュースで見る韓国
韓国の伝統食を知る
韓国にいると、日本では想像のつかない体験をするというのはよく聞く話。「私もこんな体験がある!」という方、ぜひコネストの掲示板で教えてください!
 
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]