韓国旅行「コネスト」 新住所制度「道路名住所」 | 在韓日本人お役立ち情報 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 在韓日本人お役立ち情報 > 新住所制度「道路名住所」

新住所制度「道路名住所」

お気に入りに追加 (登録者 : 45人) 印刷する
2014年1月1日施行!韓国の住所基準が道路名+建物名に
道路標識も新制度に対応
道路標識も新制度に対応
2011年7月、各世帯に配布された道路名住所告示
2011年7月、各世帯に配布された道路名住所告示
手紙を送ったりインターネットショッピングを利用したり、あるいは初めて訪ねる場所を探すときなど、生活のあらゆる場面で必要となる住所。

韓国では2014年1月1日から、法定住所が従来の地番(土地ごとの番号)に基づいた住所から、道路名と建物番号を基準とする「道路名住所」に変更となります。

今後は各種証明書の発行など官公庁や公共機関における行政手続きにおいて道路名住所を使用しなければならないため、韓国在住者は新住所についてあらかじめ知っておく必要があります。
より正確な位置特定が可能になるなど様々なメリットが期待されている新住所制度。道路名住所とは何か、これまでの地番住所とはどんな点が異なるのかなど、主な特徴や変更点を紹介します。
準備期間17年の国家プロジェクト!新住所導入の背景とは
1996年の導入決定から17年という歳月を経て施行される新住所制度。大韓民国建国以降、行政区域の名称変更としては最大規模です。こうした長期かつ重要な国家プロジェクトとして推し進められた背景には、従来使用していた地番住所の不便をいち早く解消する必要性がありました。

これまで韓国の住所に使われていた地番は、20世紀初頭の日本植民地時代に実施された土地調査事業で付与されたもの。当初は地番と建物が1:1で合致していましたが、その後今日まで約100年間、韓国では急速に都市化が進むなかで、その規則性が崩れることが増えてきました。
例えば、1つの地番に複数の建物が建っていたり、反対に複数の地番に1つの建物がまたがっている場合に地番表示が不規則になったりする(60番地の次が100番地)ことが起こり、訪問先が分かりづらいなど不便が生じるようになったのです。
新住所制度の目的は、こうした地番住所の問題点を解消すること。道路名と建物番号によって住所を表示することで現在地や目的地をすぐに探し出せるようになり、その結果、パトカーや救急車など緊急車両の到着時間を早められる、郵便や宅配の誤配・遅配を防げる、不要な案内看板がなくなり都市景観の改善につながるなど、様々な効果が期待されています。

2014年の全面施行に先立ち、2011年7月29日から2013年12月31日まで約2年半の併用期間が設けられ、各種広報活動も実施されました。
道路名住所の見方を図解!
道路名住所の最大の特徴は、道路に名称が付与され、建物には道路に沿って体系的に番号がつけられていること。目的地を探す際にも頼りになるのが道路名と建物番号です。道路はその幅により「大路(テロ:40mまたは8車線以上の道)」「路(ロ:12~40mまたは2~7車線の道)」「キル(大路・路以外の道)」の3種類に区分されています。
大路(대로、テロ)

8車線以上の広い道路
大路(대로、テロ)
8車線以上の広い道路
路(로、ロ)

2~7車線の道路
路(로、ロ)
2~7車線の道路
キル(길)

「路」より狭い道
キル(길)
「路」より狭い道
街で出会う道路標示、それぞれ何を意味する?
道路のスタート地点

矢印が1から始まっていたらここが道路の始まり
道路のスタート地点
矢印が1から始まっていたらここが道路の始まり
道路の中間地点

左に行くと99番以上、右に行くと95番以下の建物がある
道路の中間地点
左に行くと99番以上、右に行くと95番以下の建物がある
道路の最終地点

矢印が1に向かっていたらここが道路の終わり
道路の最終地点
矢印が1に向かっていたらここが道路の終わり
文化財・観光地

観光地の場所や文化財を示す表示板は茶色
文化財・観光地
観光地の場所や文化財を示す表示板は茶色
道路名住所の表記方法
道路名住所は、従来の地番住所と表記の仕方も変わってきます。コネスト本社の新旧住所を例に変更点を見てみましょう。

新住所表記の3大ポイント!
・地番表記がなくなる(下記例では「441-3」)
・道路名と建物番号が登場(上記例では道路名が「ワールドカップ路」、建物番号が「88」)
・洞の名前、建物(ビル・アパート)名は参考項目として最後に括弧つきで表記
道路名住所案内システムのホームページを見てみよう
道路名と建物番号を基準とした新住所は、行政安全部の「道路名住所案内システム」ホームページ(www.juso.go.kr)にて確認が可能です(韓国語・英語)。検索窓に旧住所(地番住所)を入力し、すぐ隣の検索ボタン(青色)を押すと新住所(道路名住所)が表示されます。
1.サイト上部の検索窓に地番住所を入力し検索ボタンをクリック
1.サイト上部の検索窓に地番住所を入力し検索ボタンをクリック
2.該当する道路名住所(韓国語)が表示される。右側の영문주소(英文表示)をクリックすると英語住所も確認可能
2.該当する道路名住所(韓国語)が表示される。右側の영문주소(英文表示)をクリックすると英語住所も確認可能
許浚路(前方に見える建物は許浚博物館)
許浚路(前方に見える建物は許浚博物館)
新住所スタートにあたり建物番号と共に新しく導入された道路名。ワールドカップ路や先史路などその名称は様々ですが、これらは道路が位置する地域の名前や歴史、地理的な特徴などを考慮してつけられているため、その由来を知ってみるのも面白いでしょう。

例えばソウル市江西区(カンソグ)の加陽洞(カヤンドン)は道路名住所で「許浚(ホジュン)路」に。朝鮮時代を代表する医学者、許浚が生まれ育った場所として彼の高い志しを後世に伝えていこうという意味で付与されました。ソウル市の「道路名住所案内システム」ホームページでは、ソウル市内を走る53の大路(8車線以上の道路)とその名前の由来を紹介(韓国語)。興味のある方はチェックしてみてください。
新住所導入で気になるアレコレQ&A
Q1 今まで使っていた地番住所はなくなってしまうの?
A1 法定住所としては使用されなくなりますが、土地番号を表す地番は土地台帳や登記簿など不動産を管理する用途としては今後も使われ続けます。
Q2 外国人登録証(居所申告証)や韓国の運転免許証は住所名の変更手続きが必要?
A2 居住地に変更がなければ、現在所持している外国人登録証(居所申告証)および運転免許証については別途手続きは不要です。引越し等により居住地が変わった場合には住所変更の手続きが必要ですが、その際に新住所で申告を行なってください。
Q3 銀行やクレジットカード、保険…各種加入先にも連絡が必要?
A3 各社とも新住所制度への対応が進んでおり、住所名変更を行なわなかったとしても大きな問題はありませんが、ダイレクトメールが届かないなど万一のトラブルに備え変更申請しておくと安心です。一社一社、個人で行なう煩わしさを軽減するため、行政安全部の「道路名住所案内システム」ホームページでは各種取引先への住所変更申請を一括して行なえるサービス「ktmoving」を提供。しかし、すべて韓国語のうえサービス利用時に携帯電話やi-PIN(サイバー身元確認体系)を通じた本人認証の過程を経なければならず、外国人にはハードルが高いという難点があります。
Q4 地番住所では郵便物が届かない?
A4 従来の地番住所でも届きます。ただし、郵政事業本部では区分け・配達効率を高めるため、道路名住所の使用を推奨しています
社会への浸透はこれからが本番
新住所制度の全面施行に際し、数年前から建物番号・道路標示の取り付けといったインフラ面での準備や、政府・公共機関レベルでの広報活動が着々と進められてきた韓国。しかし、約100年にわたって使用されてきた住所体系の変更は容易いものではなく、人々への周知という面でも約2年半の併用期間を経たものの、自宅の新住所を知らない人が多かったり、出前(ペダル)を頼む際に新住所を伝えても店側が対応できなかったりと、まだ十分に浸透していないのが現状です。
社会全体としての道路名住所への適応はこれからが本番。まずは我が家の新しい住所から調べてみませんか?
  最終更新日:13.12.31
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
住民登録(在外国民)
在韓日本人お役立ち情報
EXPARO(エクスパロ)海外送金
在韓日本人お役立ち情報
役立つ韓国ウェブサイト集
在韓日本人お役立ち情報
日本から韓国への送金
在韓日本人お役立ち情報
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]