韓国旅行「コネスト」 コネストの目!ニュースで見る韓国~2013年秋編~ | ニュースで見る韓国 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国の社会 > ニュースで見る韓国 > コネストの目!ニュースで見る韓国~2013年秋編~

コネストの目!ニュースで見る韓国~2013年秋編~

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
ニュースで見る韓国 ~2013年秋編~
今、韓国でどんなことが起こっているのか、どんなニュースが話題なのかをリアルタイムで知ることができると、読者の皆さんから好評を得ている「韓国HOTニュース」コーナー。コネストでは、今秋話題性の高かったニュースをピックアップしてご紹介!ニュース報道を通して韓国の「今」に迫ります!
2013年秋のラインアップ
分野 記事内容
政治 開城工業団地が約半年ぶり操業再開
朴大統領、旺盛な外交活動も対日関係で課題残る
社会 ソウルに初雪、平年より早い冬の訪れ
合格への関門、大学修学能力試験が終了
外国人観光客1千万人突破、トラブル防止策も強化
経済 輸出好調、経常黒字が過去最大に
中国市場で高まる韓国企業の存在感
芸能 KARA、結成7年目で大きな転機
世界が認めるトレンドアイコンG-DRAGON
不法賭博に麻酔違法投与…スキャンダル続く
スポーツ “フィギュア女王”キム・ヨナ、負傷乗り越え本格始動
日本残留かメジャーか、李大浩の選択に注目
政治:開城工業団地が約半年ぶり操業再開
2013年4月の操業停止から5カ月。韓国と北朝鮮が、経済協力事業として進める開城(ケソン)工業団地の操業再開に合意、9月16日から再び稼動を開始しました。国際競争力を持つことを目指す開城工業団地。10月末にはその第一歩となる外国企業誘致のための南北合同投資説明会が行なわれる予定でしたが、団地内の通行・通信・通関問題に関する協議の遅れから開催は延期に。また、南北関係の冷え込み再発という不安定な状況も重なってバイヤーたちの警戒感は高まっており、受注数と稼働率は伸び悩んでいるのが現状です。入居企業の実情は厳しく、実質的な正常化に向けては、なおも課題が山積しています。
関連ニュース
【経済】 開城団地操業再開から1カ月 企業への注文増えず
【政治】 開城団地の南北合同投資説明会を見送り=韓国政府
【政治】 開城工業団地“シーズン2”…16日から再稼働
【政治】 開城団地5カ月ぶり操業再開 16日から=南北が合意
【政治】 朴大統領「開城グローバル化に関心を」…イタリア首相と会談
政治:朴大統領、旺盛な外交活動も対日関係で課題残る
10月初旬ブルネイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議と東アジア首脳会議(EAS)に続き、11月は西欧歴訪と相次いで外交活動を展開した朴槿恵(パク・クネ)大統領。ASEAN首脳会議では、環境など非政治的な懸案から北朝鮮の核問題など安保懸案へ徐々に対話レベルを高めていく「北東アジア平和協力構想」を提案、加盟国へ支持を呼びかけました。また、自らの成長戦略である創造経済(起業環境の整備やベンチャー・中小企業の支援を通じた経済活性化)と金融部門での協力強化を目的とした西欧歴訪では、欧州諸国の多様な産業分野と交流。協力関係推進のための土台作りを行ないました。しかし、こうした旺盛な外交活動の一方で、日本とは歴史認識に対するすれ違いから首脳会談がまだ実現せず、日韓関係の停滞をいかにして打開していくかが朴政権の課題として残りました。
関連ニュース
【政治】 きょう韓ロ首脳会談 両国関係の発展目指し協議
【政治】 韓英が原子力発電所・金融協力…貿易・投資規模7年以内で2倍に
【政治】 朴大統領、来月2日から欧州首脳と会談
【政治】 朴大統領 「ソウルプロセス」に各国首脳の支持を確保
【政治】 韓国 ASEANとの安保対話開始で合意=来年初会合
社会:ソウルに初雪、平年より早い冬の訪れ
韓国北東部の雪岳山(ソラクサン)では10月中旬、昨年より約2週間早く初雪が観測。ソウル都心部でも秋深まる11月18日の午後に初雪が降りました。11月末にはソウルの朝の最低気温がマイナス5度まで下がるなど、初冬ながら厳しい寒さを記録。街行く人々の服装も厚手のロングコートにブーツが定番となり、ファッションも冬本番を迎えました。
晩秋に訪れた寒波
ディスプレイも冬仕様
屋台の湯気が恋しい季節に
関連ニュース
【社会・文化】 韓国、またマイナスの寒さ…雪の便りも
【社会・文化】 全国で雪…寒さあさってまで=韓国・忠清北道
【社会・文化】 今日から寒い…朝の最低気温マイナス4度=韓国・ソウル
【社会・文化】 寒い…ソウル体感温度はマイナス5度に
【社会・文化】 雪岳山に初雪=韓国・江原道
社会:合格への関門、大学修学能力試験が終了
日本のセンター試験に当たる大学修学能力試験、略して修能(スヌン)。今年は昨年より約1万8千人少ない約65万人が受験しました。一流大学への進学が将来の成功につながるという考え方が強い韓国では、修能はまさに登竜門。受験日には登校時間に合わせ地下鉄市バスの運行本数が増やされたり、官公庁や一部企業は出勤時間を遅らせるなど、受験当日は韓国社会全体で協力体制が敷かれました。
早朝から夕方まで、まる一日かけて行なわれた試験。終わった後は開放感でいっぱい、映画館や美容院などへ繰り出す受験生も。受験票を利用した割引イベントをはじめ受験生を対象とした様々なプロモーションイベントも街のあちこちで見かけられました。
「先輩、がんばって!」
後輩たちの応援を受け会場へ
遅刻しそうな受験生を
警察車両がヘルプ
わが子の合格を祈願
(曹渓寺(チョゲサ))
受験票持参でおトクになる
キャンペーンも
関連ニュース
【社会・文化】 受験生スタイルを脱ぎ大学生スタイルに=韓国
【社会・文化】 2014年度大学修学能力試験が終わり抱き合う親子=韓国・ソウル
【社会・文化】 韓国の「大学センター試験」スタート 65万人が志願
【社会・文化】 ワラをもつかむ…韓国の大学入試のお守り熱風
【社会・文化】 大学修学能力試験2日前、搬出される問題用紙=韓国
社会:外国人観光客1千万人突破、トラブル防止策も強化
2013年に韓国を訪れた外国人観光客数が、10月末に1千万人を突破。韓国文化観光研究院の発表によると、昨年比でひと月早い達成です。こうした外国人旅行者の増加に伴い、ソウルではヘリコプターでの市内ツアーがスタートしたり韓国最大の市場、南大門(ナンデムン)市場内にショッピングコース造成が決定するなど観光資源も多様化の様相を見せています。一方で、外国人観光客を狙った不法行為の防止策も強化されており、明洞(ミョンドン)仁寺洞(インサドン)といった主要繁華街では、タクシー料金の不当請求や返品拒否、違法営業などを取り締まる「観光警察」が発足しました。
大勢の観光客でにぎわう
明洞(ミョンドン)の街
日・英・中と語学も
堪能な観光警察
乗車拒否したタクシーを
手軽に申告できる制度も開始
関連ニュース
【社会・文化】 外国人観光客が今年も1千万人突破 昨年より早く=韓国
【社会・文化】 ヘリコプターでソウル観光 4コース16日から開始
【社会・文化】 トラブルから外国人守る ソウルで「観光警察」発足へ
【社会・文化】 ソウル南大門市場に“ショッピングオルレ”開設へ
【社会・文化】 外国人に10倍ぼったくり、違法コールバンタクシー16人立件=韓国
積み込みを待つコンテナ(釜山港)
経済:輸出好調、経常黒字が過去最大に
携帯電話や半導体、自動車など主力輸出品の好調を背景に、20カ月以上にわたって経常収支黒字が続く韓国。韓国銀行が発表した10月の経常黒字は前月の65億ドルを上回る約95億ドルで、年間では過去最高の660億ドル(2012年の黒字額は約430億ドル)に達する見込みです。
一方で不安要因として浮上しているのが急速に値上がりしている韓国ウォン。莫大な経常黒字により外貨供給が増え、ウォン高基調が強まっています。ウォン高が続く場合、国内の輸出産業にもたらされる打撃は大きく、輸出品の競争力低下が韓国経済全般に影響を及ぼす可能性も懸念されています。
関連ニュース
【経済】 経常収支黒字95億ドル 20カ月連続プラス=韓国
【政治】 韓国のFTA交渉活発に カナダと5年8カ月ぶり再開
【経済】 「韓国は来年3.2%成長、KOSPIは2350に達するだろう」
【経済】 韓国「来年の成長率3.8%、内需回復は困難」
【経済】 韓国景気「緩やかに改善」=KDI報告書
経済:中国市場で高まる韓国企業の存在感
人口14億人、世界最大の市場といわれる中国において、韓国企業が著しい成長を見せています。「辛ラーメン」で有名な農心(ノンシム)は、1999年に初めて中国進出を果たしてから15年目となる今年、中国法人の累積売上高が10億ドルを突破。あえて現地化せず韓国での人気商品を輸出するという戦略が功を奏しました。また、急速に消費が増えているものの全国的なブランドが存在しない中国のベーカリー産業に目をつけたのが、韓国の製パン企業。パリバケットやトゥレジュールは中国での店舗数を昨年比で倍増させるなど積極的に事業を拡大しています。食品・飲食業以外に躍進が顕著なのが、オンラインショッピング市場における女性向けアパレルブランド。中でも「STYLE NANDA」は個性的なスタイルが注目を集め、今年の売上高は前年比158%増を達成する見通しです。
農心の人気商品
ノグリ(左)とチャパゲティ(右)
韓国の製パン企業のうち最初に
中国事業を始めた「パリバゲット」
弘大(ホンデ)にある
STYLE NANDAのオフライン店
関連ニュース
【経済】 女性衣料など韓国のネットショップ 中国で人気
【経済】 農心、中国での累積売り上げ10億ドル突破
【経済】 13億人の市場獲得へ…韓国製パン企業、中国で店舗展開
芸能:KARA、結成7年目で大きな転機
2007年に韓国で、2010年には日本でもデビュー、数々の大ヒットで人気を集めたガールズグループKARA。結成7年目となる今秋、メンバーの1人ニコルの脱退が発表され大きな話題を呼びました。日本では11月下旬のアリーナツアーを最後に5人での活動を終了。韓国では12月中旬のコンサートがファンとの最後の別れになると見られています。
気になる今後の活動についてカギを握るのは、2014年4月に契約満了となるジヨン。ジヨンの再契約により4人体制で活動を続けるのか、ギュリ・スンヨン・ハラの3人での活動となるのか、はたまた新メンバー加入か。KARA第2期の行方に注目が集まっています。
関連ニュース
【芸能】 “完全体”KARA、活動終了まであと1カ月…第2期のカギ握るジヨン
【芸能】 <芸能>KARA 来月日本で最新シングルとベスト盤
【芸能】 KARA、ニコル抜き4人体制? ジヨンも抜けて3+アルファ?
芸能:世界が認めるトレンドアイコンG-DRAGON
この秋4年ぶりにリリースしたセカンドソロアルバムが、韓国のみならず日本の音楽チャートをも席巻したBIGBANGのG-DRAGON。10月には、今年華々しい活躍を見せたスターを選ぶ「STYLE ICON AWARDS 2013」で大賞となる「スタイル・アイコン・オブ・ザ・イヤー」を最年少で受賞し、注目を浴びました。音楽にファッションと、抜群の感性を貫くGDスタイル 。海外メディアもその魅力を放っておくはずがなく、11月にはイタリアの有名ファッション誌「VOGUE」の表紙に登場。世界的なアーティストとしての存在感を強く印象づけました。
関連ニュース
【芸能】 G-DRAGON、日オリコンチャート2位「ドームツアーまで二重の慶事」
【芸能】 歌手G-DRAGON、イタリア『VOGUE』表紙に登場
【芸能】 G-DRAGONが今年の「スタイルアイコン」に
【芸能】 G-DRAGONのソロアルバムLP盤 即日完売
【芸能】 歌手G-DRAGON、4週連続で3曲がトップ10入り
イ・スグン
パク・シヨン
芸能:不法賭博に麻酔違法投与…スキャンダル続く
今秋お茶の間を騒がせたのは、韓国でおなじみの有名人たちによる不祥事でした。幻覚性のある麻酔薬「プロポフォール」の違法投与を繰り返したとして有罪が言い渡されたのは女優のイ・スンヨン、チャン・ミイネ、パク・シヨン。3人に投薬した医師にも有罪判決が下りました。
また、11月には人気コメディアンのイ・スグン、タレントのタク・ジェフン、歌手トニー・アンら芸能人6人が携帯電話を利用し違法スポーツ賭博を行なったとして一斉摘発される事件が発生。ファンはもちろん世間に大きな衝撃が走りました。
関連ニュース
【芸能】 韓国芸能人ら違法賭博で書類送検…「掛け金1億ウォン以上」
【芸能】 イ・スグンとタク・ジェフン、違法賭博容疑で取り調べ=韓国
【芸能】 プロポフォール投薬の韓国女優ら、懲役刑を求刑される
スポーツ:“フィギュア女王”キム・ヨナ、負傷乗り越え本格始動
2014年2月に開催されるソチ五輪でのメダル獲得を目指し、秋夕(チュソク)連休返上で練習に励む姿が伝えられていたフィギュアのキム・ヨナ選手。9月下旬、右足甲に負傷が見つかり、6週間のリハビリを余儀なくされるという事態が発生しました。今期のグランプリシリーズは欠場となりましたが、その後順調な回復を見せ、12月5日には9カ月ぶりの復帰戦となるクロアチアでのゴールデン・スピン・オブ・ザグレブに出場。豊かな表現力と高い技術力を見せつけ、五輪前最後の実戦を優勝という輝かしい成績で締めくくりました。
関連ニュース
【スポーツ】 <フィギュア>キム・ヨナ、来月5日クロアチア大会で復帰戦
【スポーツ】 <フィギュア>ついに充電100%、キム・ヨナが負傷乗り越え本格練習開始
<フィギュア>キム・ヨナ、ソチ冬季五輪の有力メダリスト候補…英BBC
【スポーツ】 <フィギュア>リハビリ中のキム・ヨナ 「現在の体調は50%」
【スポーツ】 <フィギュア>負傷したキム・ヨナ…残る大会を欠場し、ソチに直行か
スポーツ:日本残留かメジャーか、李大浩の選択に注目
オリックスとの2年契約が満了となり、FA(自由契約選手)となった李大浩(イ・デホ)。日本では過去2年間284試合で48本塁打、192打点という愛称「ビッグボーイ」にふさわしい輝かしい活躍を見せただけに、その移籍先に大きな注目が集まっています。巨額を提示し、獲得に最も積極的な姿勢を見せたのはソフトバンク。李大浩本人は「日本に留まるならソフトバンクの確率が高い」と発言しているものの、契約確定まではメジャーリーグ進出も模索するとされています。
関連ニュース
【スポーツ】 <野球>李大浩「日本に残るとしたらソフトバンク」
【スポーツ】 <野球>李大浩、オリックスと決別「残留難しい、申し訳ないと伝えた」
【スポーツ】 <野球>FAの李大浩、余裕の冬…日米が争奪戦
【スポーツ】 <野球>「ソフトバンク、李大浩に4年・18億円提示の可能性」
【スポーツ】 来季はメジャー?李大浩が敏腕代理人の事務所と接触
ニュースを通して韓国を知ろう!
秋恒例の修能も無事終わり、世間を揺るがす大きな事件・事故も少なく比較的穏やかに初冬を迎えた韓国。一方、海外において韓国企業の成長が加速化したり、K-POPスターやスポーツ選手がその活躍により国際的な知名度をさらに確固たるものにしつつあるニュースは、グローバルな世界でますます高まる韓国の存在感を感じさせてくれました。
さあ、来シーズンはどんな出来事が私たちの元に届くのでしょうか?芸能でもよし、食べ物でもよし、スポーツでもよし、どんな面からでもいいので韓国にアクセスし、もっと韓国を知ってもらいたい。そんな思いで、これからもコネストは韓国からニュースを発信し続けます。皆さんもぜひ、韓国のニュースにご注目ください。

関連記事

  最終更新日:13.12.10
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
2016年上半期の韓国ビッグニュースBEST9
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015/2016年冬編~
ニュースで見る韓国
「NOW!ソウル」で振り返る2015年
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015年秋編~
ニュースで見る韓国
韓国の伝統食を知る
韓国にいると、日本では想像のつかない体験をするというのはよく聞く話。「私もこんな体験がある!」という方、ぜひコネストの掲示板で教えてください!
 
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]