韓国旅行「コネスト」 韓国で迎える妊娠・出産(1) | 在韓日本人お役立ち情報 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 在韓日本人お役立ち情報 > 韓国で迎える妊娠・出産(1)

韓国で迎える妊娠・出産(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 18人) 印刷する
女性にとって人生の一大イベントである妊娠・出産。国際結婚し、韓国で暮らす日韓カップルの皆さんも「どこで産もうか」「どうやって産もうか」というのは大きな関心事だと思います。

いざ妊娠が判明し、現在の生活基盤である韓国で産むと決めても、文化の違う海外で妊婦生活をスタートするとなると、言葉の問題もあって情報が得にくく、不安になったり戸惑ったりすることも多いはず。そこで、妊娠・出産・出産後と3つの期間に分け、日本と異なる独特の文化・慣習から外国人も利用可能な支援制度まで、韓国でお産を迎えるにあたっての基本情報を紹介します。
数字で見る韓国の妊娠・出産
近年、少子化が大きな問題となっている韓国。2013年2月のOECD(経済協力開発機構)発表資料によると、韓国の合計出生率(1人の女性が生涯に生む子どもの数)は1.23人(2010年基準、日本は1.39人)と加盟国中もっとも低く、その深刻さが浮き彫りとなりました。

韓国国内に目を向けると、ここ数年、出産率は若干増加しています。韓国統計庁の「2012年出生死亡統計」では、出産率が前年度より0.06人増加の1.30人を記録。2012年は60年に一度の黒龍年に当たるなど、縁起が良いとされる干支も出生率アップに一役買っています。
また、注目すべきは年々高まる30代以上の出産率。働く女性が増えるにつれ、初婚年齢・初産年齢も上昇しています。
母親の年齢別出生児数
(出典:統計庁2012年出生死亡統計)
妊娠
もしかして…と思ったら?妊娠を確認する方法
韓国の妊娠検査薬(写真の商品は4,800ウォン)。尿をかけて判定
韓国の妊娠検査薬(写真の商品は4,800ウォン)。尿をかけて判定
妊娠かどうかを確認するには韓国でも市販の妊娠検査薬がよく用いられます。妊娠テスター機(임신테스터기、イムシンテストギ)と呼ばれ、薬局で5,000ウォン程度で販売。

基礎体温をつけている人は日本に比べて少なく、薬局でも婦人体温計は手に入り難いためインターネットで日本製を購入する人が多いようです。基礎体温を体調管理のバロメーターにしたい人は日本帰国の際に購入しておくと良いでしょう。
花の夢は女の子の予兆と言われる
花の夢は女の子の予兆と言われる
妊娠を知らせる予知夢―胎夢(テモン)
韓国では妊娠した女性が見る夢のことを胎夢(テモン)と言い、柿・桃・唐辛子など種のあるものや虎・豚・馬など尻尾の長い動物だと男児、種のない果物や野菜、花、鱗のある動物だと女児という風に、胎夢に出てきたものでお腹の赤ちゃんの性別が分かるとされています。

胎夢は妊娠した女性の代わりに家族や親戚、友人が見ることもあるとされ、良い夢を見た人に小額のお金を渡したりご飯をご馳走するなどして「夢を買う」行為が行なわれることもあります。
マタニティライフのお供!妊娠アイテム
出産まで約10カ月間の妊婦生活に欠かせない、母子手帳やマタニティウェア・下着といった様々なグッズ。韓国では何と呼ばれ、どこで手に入れられるのか、日本と違う点も合わせてチェックしてみましょう。
母子健康手帳 산모수첩 サンモスチョッ
日本は住所地の市区町村から交付されるのに対し、韓国は通院中の各病院で受け取ります。内容は病院によって異なりますが、妊娠月数別の検診項目や注意事項がメイン。妊娠・出産の経過からその後の成長に伴う記録まで残せるようになっている日本に比べると、韓国の母子手帳は随分シンプルです。
チェイル病院の母子手帳
チェイル病院の母子手帳
韓国で出産を経験したコネストサポーターちゃんぐみ◇さんは最寄の保健所で入手(写真は以前のカードケース型)
韓国で出産を経験したコネストサポーターちゃんぐみ◇さんは最寄の保健所で入手(写真は以前のカードケース型)
マタニティーマーク 임산부 마크 イムサンブマク
韓国では2006年第1回妊婦の日(10/10)に配布が開始されましたが、あまり普及していないのが現状。

ミラー付キーホルダーでYWCA・保健所で配布されています(外国人登録証または居所申告証と母子手帳を要提示)。

メッセージは日韓で異なり、「おなかに赤ちゃんがいます」と周囲に理解ある行動を促す日本版に対し、韓国版は「妊婦優先(임산부 먼저、イムサンブモンジョ)」と自らをアピールし意思表示する内容となっています。
マタニティーウェア 임부복 イムブボッ
インターネット大国の韓国、妊婦服はオンラインでの購入が主流です。妊婦服専門のショッピングモールでは「Dressnine(ドレスナイン)」が有名。オフラインショップはミリオレなどファッションビル内の専門店、路面店があります。オンラインショップは安価で品揃えも豊富なのが魅力ですが、試着したり直接対面で購入したい場合はオフラインショップの利用がおすすめです。
ワコールのmotherpia

(写真提供:ワコール)
ワコールのmotherpia
(写真提供:ワコール)
マタニティーインナー 임산부 속옷 イムサンブ ソゴッ
オンラインショップのほか、百貨店等に入店している下着ブランドでも購入が可能。マタニティーラインは韓国にも進出しているWacoal(ワコール)の「motherpia」、VIVIEN(ビビアン)の「Maternity」が代表的です。1カップ増量可能なブラなど出産前後の体型変化に対応した機能性下着が揃います。
ドレスや普段着など多様なスタイルで撮影(写真提供:ナビスタジオ)
ドレスや普段着など多様なスタイルで撮影(写真提供:ナビスタジオ)
韓国では定番!マタニティフォト
来るべき出産に向け、徐々に変化していく体は、まさに神秘的。日本でも最近人気を集めるマタニティフォト、韓国では臨月写真(만삭사진、マンサクサジン)と呼ばれ、妊娠中の定番イベントの1つになっています。写真スタジオで撮影する場合、生後100日や1歳の誕生日写真などとセットになっていることが多く、費用は150万ウォン~250万ウォン程度が目安。スタジオはインターネットで探したり経験者に紹介してもらうケースが大半です。韓国の人々は結婚前のウェディングフォトにも気合を入れますが、臨月写真も然り。今だけの美しい瞬間を写真に残しておくことに重要な意味を見出す人が多いようです。
妊娠中の定期検診
病院を受診し妊娠が確定したら、その後は出産まで定期的に検診を受けることになります。病院ごとに行なわれる検査は多少異なりますが、基本的な検診内容は以下となります。
検査時期 必須検査 選択検査(希望時)
妊娠初期
(妊娠1カ月~4カ月)
尿検査、血液検査(貧血・肝炎・性病・風疹・血液型)、子宮がん検査、初期超音波(NT検査:胎児の首の浮腫測定)、血圧・体重測定、問診、内診など 母体血清マーカーテスト(クアトロテスト・トリプルマーカー)、絨毛検査
妊娠中期
(妊娠5カ月~7カ月)
産前診察(内診・心電図、膣症の細菌性有無)、超音波検査など 羊水検査、胎児臍帯穿刺(せんし)検査
妊娠後期
(妊娠8カ月~10カ月)
産前診察(内診・貧血・性病)、骨盤計測、超音波検査など
POINT1 性別を教えてもらえるのは原則32週以降
韓国では32週以前の妊婦に対する医師の性別鑑定・告知行為は法律により禁止されており、処罰(1年以内の医師免許資格の停止、2年以下の懲役、1,000万ウォン以下の罰金)の対象になります。その背景にあるのは、血筋を大切にする男児選好の社会風潮。一昔前までは男児が生まれるまで生み続けたり、授かったものの中絶したりするという残念な選択をする女性が少なくなかったためです。
しかし最近は男児選好の弱まりもあり、「ピンク色(青色)の服を準備しておきましょうか」「前に何か見えますね」など、32週を待たずに暗に教えてくれる医師も多いです。
POINT2 出生前検査は本人の選択
胎児細胞の染色体を調べる絨毛検査や羊水検査といった出生前検査は、希望時のみの選択検査として実施されている場合がほとんど。

しかし、染色体異常の有無を判別するために行なわれるクアトロテストやトリプルマーカーテストの場合、採血のみと簡便な検査で、韓国では大多数の人が受けるため、確認が取られないまま血液検査の際に一緒に検査されてしまっていたというケースも。希望しない場合は事前に医師にはっきりと伝えておくことが重要です。
出生前検査に関する韓国語
기형아 검사
キヒョンアコムサ
奇形児検査(出生前検査)
목덜미 투명대 검사
モットルミ トゥミョンデ コムサ
NT検査:胎児の首の浮腫測定
융모막 검사
ユンモマッ コムサ
絨毛検査
트리플마커 검사
トゥリプルマコ コムサ
トリプルマーカーテスト
쿼드 검사
クォドゥ コムサ
クアトロテスト
양수 검사
ヤンス コムサ
羊水検査
検診費用&国民幸福カード
写真は2015年5月以前のコウンマムカード
写真は2015年5月以前のコウンマムカード
検査によって異なりますが、1回につき2~3万ウォン、多いときは10万ウォンを超えることもある検査費。妊娠初期~中期は月1回、出産直前は週1回の通院になり、合算すると決して費用負担は少なくありません。

そこでぜひ利用したいのが、韓国の国民健康保険公団が発給している「国民幸福カード(2015年5月にコウンマムカードより名称変更)」。病院で提示すると妊娠中の診療費や出産に伴う入院費用が50万ウォンまで支援されます。書類提出など簡単な手続きで発給を受けられ、在韓外国人の申請も可能です。
支給額 50万ウォン(双子など多胎児の場合は70万ウォン)
支給対象 出産に伴う診療費および検診費、入院費
使用可能な期間 出産予定日+60日まで
※使用期間経過後は残余金額消滅
申請・発給方法 病院で発給してもらえる妊娠診断確認書および身分証(外国人登録証/国内居所申告証)を持参。申請先は使用するカードの種類によって異なる。DCカード(IBK企業銀行、農協、郵便局など)、ロッテカード(ロッテ百貨店、ロッテカードサービスセンター)、サムソンカード(新世界百貨店、サムソンカードセンターなど)
※2015年7月時点。随時受付先が拡大されているので要確認
葉酸は薬局で購入すると3カ月分で35,000ウォン程度
葉酸は薬局で購入すると3カ月分で35,000ウォン程度
保健所を活用して費用節約!
韓国の保健所は診療機能を有しており、公衆保健医と呼ばれる医師による出産前の妊婦検診をはじめとし、妊娠・出産に関する多様なサービスが実施されています。病院の場合、1回数万ウォンかかる各種検査が無料で受けられたり、サプリメントがもらえたりするので通う人も少なくありません。出産費用をできる限り抑えたい人は利用すると良いでしょう。
保健所で受けられる検査・サービスの一例(ソウル市麻浦区)
●産前検査(無料)
血液検査、尿検査、妊娠早期診断、超音波、母体血清マーカー検査など
●栄養剤の支給(無料)
葉酸(妊娠3カ月まで)・鉄分剤(妊娠5カ月以上)の配布
●出産準備教室(無料)
胎教、ヨガ、呼吸法、新生児管理、母乳育児などをテーマにした講義
関連記事

掲載日:13.06.13   最終更新日:13.07.30
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
住民登録(在外国民)
在韓日本人お役立ち情報
EXPARO(エクスパロ)海外送金
在韓日本人お役立ち情報
役立つ韓国ウェブサイト集
在韓日本人お役立ち情報
日本から韓国への送金
在韓日本人お役立ち情報
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]