韓国旅行「コネスト」 2012年アルバムランキング | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > 話題のヒットソング > 2012年アルバムランキング

2012年アルバムランキング

お気に入りに追加 (登録者 : 4人) 印刷する
第40回 2012年上半期の話題ソング
今や韓国語のできるできないにかかわらず、日本にいながらK-POPのニュースや新曲にほぼリアルタイムで接することができるご時世。そんな韓流アイドルやPSY(サイ)のグローバルな人気を実感することで、「K-POP」が韓国でもブランド化し、この一年は世界を的にしたさらなるパフォーマンス力の強化が見られました。2012年のキーワードは、「グローバル」だったと言えるでしょう。そんな2012年のK-POPシーンを、アルバムランキングを通して振り返ってみましょう。
泣く子も黙る絶対強者たちがアルバムチャートを席巻 出典:HANTEO CHART
順位 歌手名 アルバム名 販売量(枚)
SUPER JUNIOR Sexy, Free & Single(6集TYPE A) 178,333
BIGBANG ALIVE(ミニアルバム5集) 156,681
東方神起 Catch Me(6集スタンダードエディション) 154,963
SHINee Sherlock(ミニアルバム4集) 139,464
BEAST Midnight Sun(ミニアルバム5集) 119,142
INFINITE Infinitize(ミニアルバム3集) 117,054
G-DRAGON One of A Kind(ミニアルバム1集) 115,452
Busker Busker Busker Busker:春風(1集) 110,258
EXO-K MAMA(ミニアルバム1集) 100,381
10 パク・ジェボム New Breed(1集) 90,709
※結果は、韓国の代表的な音楽集計サイト「HANTEO」の年間チャートを参照。「HANTEO」は全国の加盟店や主なオンライン音楽サイトの販売量を標本調査し、全国アルバム販売量の推定値を集計発表しているサイトで、加盟店のアルバム販売量は全国の実質販売量の約85%に該当するとされています。
2012年のアルバム販売は、上位10組のほぼすべてが10万枚を突破と2011年に比べ好調でした。下半期に東方神起、SUPER JUNIOR、BEASTといった大型ボーイズグループが立て続けにアルバムをリリースしたことで、上半期のチャートが大きく変動!トップを疾走していたBIGBANGを、7月にリリースしたSUPER JUNIORが猛烈な勢いで追い上げ、3年連続1位の座に輝きました。大逆転劇で1位がほぼ確定すると、白熱したのが2位争い。東方神起がリリースから3ヶ月足らずでBIGBANGを脅かし、接戦となりました。
◀ 「韓流帝王」東方神起が帰還
アイドルグループが軒並み名を連ねる中で、G-DRAGONはBIGBANGのメンバーとはいえソロ活動で11万枚以上という脅威のパワーを発揮。2009年の1stアルバムに続く好成績で、K-POPシーンにおけるG-DRAGONの影響力の強さを感じさせます。元2PMのパク・ジェボムも、テレビ出演が少ないにもかかわらず9万枚を売り上げ大健闘。大型ボーイズグループと名高いEXO-Kも、新人としては珍しい好成績でした。Busker Buskerは上半期の音源シーンも制しており、今後の動きが注目されます。
G-DRAGONの2ndソロアルバム▶
3大グループが上位を制覇
2004年にデビューした東方神起を筆頭に、2005年デビューのSUPER JUNIOR、2006年デビューのBIGBANGの3組がベスト3に堂々ランキング。アイドルグループが雨後の筍のように次々とデビューしては音もなく消えていく今日この頃ですが、第3世代アイドルブームの中核を成しグローバルに活躍する3組の「超」ビッグネームたちは、他を寄せ付けない雰囲気です。
1位
Sexy, Free & Single(6集TYPE A)
SUPER JUNIOR (178,333枚)
「ソウルフルハウス」というディープなジャンルのタイトル曲「Sexy, Free & Single」をはじめ、R&B、ダンス、バラード、ロックなど幅広い曲が揃っています。NaRo的には、収録曲に隠れた良曲が多いという感想。ファンクラブに捧げるカップルソング「From U」も収録され、より意味のあるアルバムとなっています。ゴールデンディスク賞ではアルバム部門大賞を受賞しました。
2位
ALIVE(ミニアルバム5集)
BIGBANG (156,681枚)
上半期の音源チャートでも3位にあがったBIGBANGの「ALIVE」。BIGBANGの音楽に対するチャレンジ精神と情熱がコンセプトとなっており、収録曲すべてをタイトル曲とする自信も見せています。6月には「MONSTER」などの曲を加えた「STILL ALIVE」もリリースし、2012年は旺盛に活動しました。
3位
Catch Me(6集スタンダードエディション)
東方神起 (154,963枚)
エレクトロとダブステップ、オーケストラサウンドが調和したタイトル曲「Catch Me」をはじめ、R&B、ダンス、バラード、メタルなど様々なジャンルの曲が収録されています。独特な振り付けとハイレベルなステージパフォーマンスも目を引きました。リーダーのユンホは「子どもが興味を抱くような振り付けを意識した」とコメントしています。
話題になった歌をピックアップ!
アルバム上位には入らなかったものの、街中でよく流れていた曲、話題になった曲は、アイドルから各ジャンル別アーティストまで幅広いもの。2012年は、PSYはもとより、SISTAR、Busker Busker、2NE1など豊富でした。ここではアルバムチャートからピックアップしてご紹介しましょう。
「Twinkle」 少女時代-テティソ
(14位 74,458枚)
テヨン、ティファニー、ソヒョンの3人によるグループ内ユニット。9人の「少女時代」とはまた違ったカラーが見られました。
「Electric Shock」 f(x)
(18位 56,671枚)
タイトル曲の「Electric Shock」は、音源チャートの上位に長い間ランクインした人気曲。精巧なエレクトロポップのf(x)ワールドが魅力的です。
「2nd Mini Album」 TEENTOP
(26位 48,290枚)
タイトル曲「Crazy」をはじめ人気音楽プロデューサー勇敢な兄弟が手がけた作品。TEENTOPのキレのある群舞が際立ち、代表曲となりました。
「PRINCIPLE OF My SOUL」 ナオル
(35位 38,206枚)
シンガーソングライターであるナオルのソロ1集。流行にのらないソウルフルなアルバムで、タイトル曲「風の記憶」は本人の自伝的な内容とのこと。
「Knock」 ジョン・パク
(46位 28,084枚)
オーディション番組「スーパースターK2」準優勝者ジョン・パクの1集。タイトル曲「Falling」は本人作詞によるバラードで、特に女性に人気でした。
「I Need You」 K.will
(88位 11,556枚)
幅広いファンに愛されるヴォーカリスト、K.will(ケイウィル)の3集。タイトル曲「I Need You」が昨年の「胸が高鳴る」に続きヒットし、歌番組でも1位になりました。
K-POP話題の中心~2012年下半期~
【ISSUE】PSYブーム、世界へ拡散
韓国とK-POPの名を世界中に広めた「江南(カンナム)スタイル」。YoutubeのMV再生回数や全米ビルボードチャート2位など数々の記録を更新し、メインの振り付け「乗馬ダンス」はパロディ動画が世界中で登場するほど大流行しました。2012年はまさにPSYの年だったと言えるでしょう。
ワールドスターに躍り出たPSY
【ISSUE】女性歌手の煽情性に問題の声
今年はセクシーを通り越し官能的なほど過激なパフォーマンスがK-POPシーンで流行しましたが、一方で多くの女性歌手についてまわったのが、あまりに度を越しているという声。secretやKARAといった愛らしいイメージのガールズグループは特にインパクトが大きく、槍玉に挙げられました。
KARAは下着風衣装が問題となった
【ISSUE】ソロ活動が活発に
下半期はソロアーティストの活躍も大変目立ちました。イ・スンギ、ナオル、BoAといったソロアーティストはもとより、SHINHWAのシン・ヘソン、JYJのキム・ジュンス、BEASTのヤン・ヨソプ、4MINUTEのヒョナ、INFINITEのキム・ソンギュなどアイドルグループのメンバーがソロで活動するケースが増えています。
左上からキム・ジュンス、ヤン・ヨソプ、ヒョナ、キム・ソンギュ
【ISSUE】増えるアイドルたちの軍入隊
歌はもとよりドラマ、バラエティと活動の幅が広がり、寿命がどんどん延びているアイドルグループ。しかしそうなればなるほどまた増えるのが、現役アイドルの軍入隊です。最近ではSS501のキュジョン、超新星のユナク、SUPER JUNIORのイトゥクとヒチョルが兵役服務についており、これからも増え続けるでしょう。
下半期に入隊したイトゥク
★今月の人気アルバム★ 出典:HANTEO CHART
順位 歌手名 アルバム名
少女時代 I Got A Boy(4集)
BIGBANG ALIVE TOUR In 2012(コンサートライブアルバム)
ジェア(Brown Eyed Girls) Just Jea(ソロアルバム1集)


NaRoのK-POP入門バックナンバー


関連記事

  最終更新日:13.01.17
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
2014年K-POPまとめ
話題のヒットソング
2014年 K-POPで見るドラマOST特集
話題のヒットソング
2014年上半期の話題ソング
話題のヒットソング
2013年アルバムランキング
話題のヒットソング
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]