韓国旅行「コネスト」 第56回~里井瑠衣子さん(時事日本語学院) | 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 > 第56回~里井瑠衣子さん(時事日本語学院)

第56回~里井瑠衣子さん(時事日本語学院)

お気に入りに追加 (登録者 : 1人) 印刷する
韓国の日本語学習者数は約90万人と言われ、高校の第二外国語で日本語を選択できる他、語学力がビジネスの必携とされる韓国では資格のひとつとして学ぶ人も多くいます。鍾路(チョンノ)にある時事日本語学院は日本語専門の語学学校として30年を越える歴史があり、韓国の日本語界の言わば老舗。その時事日本語学院で教授部長を務めているのが里井瑠衣子さんです。学生の指導だけでなく、日本人教師の束ね役である里井さんは「体力勝負の仕事ですから」と毎日1時間かけて徒歩通勤、趣味はボクシングととてもパワフル。また日韓交流おまつりの事務局も兼任されています。韓国の日本語学習者の状況やおまつり開催のご苦労などについてお話を伺いました。

名前 里井瑠衣子(さといるいこ)
勤務先 時事日本語学院 教授部長
出身地 静岡県
在韓歴 6年6ヶ月
経歴 大学卒業後、営業職を経て日本語教師を目指し、資格を取得。2005年に渡韓し、時事日本語学院に勤務。2007年より現職。日本人講師の教育管理、教材開発などを担当。2008年より日韓交流おまつりの事務局も務めている。
教師一丸となって日本語を話す楽しさを伝えたい
日本語教師を目指して勉強を始めると同時に韓国語の勉強も始めました。もともとアジアに興味があったことや韓国人の友人がいたこと、日本語教師になるなら学習者人口の多い韓国とは接点があるだろうと考えたのも理由です。

まさか韓国に来ることになるとは思いませんでしたが、縁あって時事日本語学院の講師となり、2005年に韓国に来ました。授業は朝の6時40分から始まり、夜は21時20分まで。昼間はオフですが授業準備に追われるので、慣れるまでの半年間は睡眠時間が2~3時間で毎日が寝不足でした。
学生からの評価がよければ学生は継続して受講するし、悪ければ受講者がいなくなるので、教師は人気商売と言えます。そのため私が韓国に来た当初は教師同士がお互いを意識し、各々が独立した立場をとる傾向にありチームワークがよいとは言えない状況で、授業方法や学生の習熟度はもとよりビザの申請方法や韓国での生活など、情報交換も円滑ではありませんでした。

そこで、日本人教師のまとめ役として4年前に私が現在の職に就きました。教師同士はよきライバルではあるべきですが、みんなで学生を育てるという意識が必要でチームづくりに力を入れています。
ソウル市内3つのキャンパスにいる日本人教師が定期的に集まって研究会を行なったり、イベントを企画したりしています。日本人教師が担当するのは主に会話クラスです。学生にとって日本人と話す機会は我々教師が初めてである可能性も高く、海外で教える場合はそれを意識する必要があります。

会話は楽しい、日本語は楽しいと思ってもらえないと、日本語学習をやめてしまう結果にもなりかねません。私たち教師は日本語を学ぼうとする学生の将来を担う立場にいると思って仕事をしています。イベントは、普段話す機会のない違うレベルの学生や教師と話せるように企画します。

上級の学生を見て「ああなりたい」と初級の学生に思ってもらうことが狙いです。また、語学学校は学生や社会人、お年寄りなど様々な人たちが集まり、日常生活では得がたい出会いの輪が広がる場でもあるので、学ぶ目的は人それぞれですが、楽しく交流できるチャンスを提供したいと考えています。
鍾路第2キャンパス
鍾路第2キャンパス
研究会も和気あいあい
研究会も和気あいあい
イベント時のスナップ
イベント時のスナップ
韓国語とよく似た日本語、4ヶ月で初級文法完成!
韓国では就職や転職時に英語プラスもう一言語が求められるので、ビジネス目的の学習者が大変多いです。

その次に、日本のアニメが大好き、日本の歌手やタレントが大好きで、日本語を学びにくる人たちです。特に嵐のファンは本当に多くて、嵐には感謝しているくらいです(笑)。

日本語と韓国語は文法が酷似しているので、韓国に限ってですが頑張れば4ヶ月で基礎文法すなわち初級を終了でき、習得が早い学生の場合はネイティブと簡単な会話ができるようになります。

韓国でも中国語が人気を集めていますが、難しくて挫折したという人も少なくありません。その点で韓国人にとって日本語は習得しやすい言語で他の言語に比べて早く話せるようになります。
韓国に来た当初は、日本で習った教え方とかなり違ったので戸惑いました。日本で習った実習では、多国籍の学生に日本語のみで教えるためどうしても進度が遅くなりますし、比較的文法の正確性を問いますが、私が就職したこの学校では文法を正確に話させることより、コミュニケーション力を育てることを大切に考えています。

そのため、いかに学生に共感し、いかに学生から発言を引き出せるかということが重要になります。凝り固まった教師像があった私には、年齢も職業も様々な学生を前に、「学生に共感する」作業が難しかったです。
こうした経験を生かして2年前、会話の教科書をリニューアルしました。新しく赴任した教師であっても学生のニーズに応えられるよう授業レベルの安定を図るためです。韓国で日本語教師をするのであれば、できれば韓国語ができたほうがいいですね。

もちろん授業中はほとんど韓国語を使いませんが、韓国語を知っていれば学生がつまずきやすい点がわかります。文法的な内容も韓国語と同じであることがわかれば説明を省くという判断ができます。私自身も韓国語の初級だった頃と今を比べてみると、教え方が変わってきたと思います。
ルールの日本人、人間関係の韓国人
時事日本語学院は韓国企業ですが、同僚である韓国人教師は全員日本語ができる上、留学経験がある人も多く、日本文化をよくご存知の方ばかりなので100%韓国ではない環境だと思います。

習慣の違いなども日韓の違いを比較しながら教えてくれることも多いので、日本人教師が初めて韓国に来ても馴染みやすいと思います。とは言えここは韓国なので、仕事の進め方が韓国的であることに驚くこともしばしばです。
例えば上司の命令は絶対である一方で、部署を越えた人脈で仕事を依頼されたりします。日本的発想では所属先の上司にあらかじめ了承を得た上で仕事を依頼するのが通常ですが、韓国では突然、しかもすごい分量の仕事が個人宛に舞い込むことがあります。

韓国人は今回はやってあげるから次に何かあったら助けてね、という具合にギブアンドテイクでうまく進めています。しかし、組織やルールに従うことに慣れている日本人にとっては頃合を計るのが難しく、戸惑います。状況がつかめないまま、断りきれず仕事は受けたはいいけれど、どうしてよいかわからないということがありました。

日本人の先生から「仕事を急に頼まれたんですけど、やるべきでしょうか?ご存知ですか?」と問い合わせを受けることがしばしばあります。こうした文化の違いから日本スタッフと韓国スタッフがぶつかることもあるので、それを調整するのも私の役割のひとつです。

ただここは韓国なので私たちも韓国の仕事のやり方に従わなければならないこともあるし、できる範囲のことには応えていこうと日本人の先生たちに言っています。でも、上司に逆らわないのが常識の韓国で、会議ではいつも私一人だけが上司に口答えをするので注意されることはよくあります(笑)。
恒例行事として根付き始めた「日韓交流おまつり」の陰で
「日韓交流おまつり」は日韓国交正常化40周年の2005年から開催され、両国の様々な民俗芸能を紹介し、体験することができるおまつりです。時事日本語学院が東アジア文化交流協会を運営している関係から大使館経由で依頼されたことがきっかけで、2007年からおまつり事務局を運営することになり、2008年より前任者から私に引き継がれました。

会社からは仕事の合間にやってくれと言われましたが、事務局の仕事は資金の管理や諸々の手続きやイベント会社との調整など多岐に渡り、とても片手間でできるような業務内容ではありません。日本側でも開催されるようになり、おまつりの規模は大きくなりましたが、それでも事務局を含めボランティアによる手作りで行なわれています。

ボランティアの域を超えた負荷がかかり、正直なところ、なぜ私がこの仕事をしなければならないのか葛藤の連続の末、昨年のおまつりが終わった時に、ついに私のストレスが最高潮に達して運営委員会で爆発してしまったんですね。その時に、他の運営委員が事務局の難しい現実について真剣に考えてくれるようになったお陰で今年は業務を分担することができ、今年は彼らにずいぶん助けてもらいました。
しかし、おまつりそのものは7回を終えて岐路にあるのではないかと感じています。おまつりを存続させたいと思う人々の純粋な熱意の一方で、委員同士が考え方の違いからぶつかったり、業務負荷の増大やボランティアの問題などもあり、正直に言うと私自身はおまつりをやる意味や価値について自信を持ってこれだと言えるものはまだ発見できていません。

日韓交流という主旨に賛同していますが、それだけでは正直大変です。自分自身が心から楽しんで参加したいと思えるおまつりを作ることが必要です。
昨年はもうやりたくないと思いましたが、一緒にやろうと支えてくれた人たちの存在があったからこそ、今年も無事におまつりを終えることができました。学校にいるだけでは知りえなかった人たちとの出会いや新しい経験などをもたらしてくれたのはおまつりなので、今は自分のためにやっていると思います。
「人」を受け入れてくれる温かい韓国、思い切って挑戦しよう
実は東日本大震災の影響を受けて、学生数が減っています。日本留学を延期や中止にした学生が相次いだからです。韓国の報道が少し過剰気味であるように思いますが、親が心配して反対するケースが多いようです。しかし、震災のために突然起きたことではなく、かつては日本の文化が大好き、日本に憧れているという学習者が多く、日本に注がれる視線は熱かったですが、そうした雰囲気が薄れています。

今、日本をはじめとするアジアだけでなく、ヨーロッパなどでも韓流ブームが起きていますが、韓国の方が元気いっぱいで、あらゆる部分で急速に進化しているように思います。しかし、日本にはよいところがたくさんあるので、日本の魅力を再発見してもらえるように私たちが頑張らないといけないし、何ができるかを考えているところです。
日本では場の空気が読めない人を指して「あの人(態度や発言に対して)に引くね」という言い方をしますが、韓国ではそれに該当する言葉がないように思います。

私も日本にいた時は空気が読めていないと怒られた記憶もありますし、引かれないようにいつも気を使って過ごしていたのですが、韓国ではそんなことを考えることがなくなりました。

結構、豪快なことをしても温かく受け入れてくれます。韓国に来たばかりの頃はカルチャーショックを受けて嫌な部分ばかりが目につきましたが、度量の広さや温かさを本当に感じますし、気づけばそれに助けられることが多かったです。

だから、日本にいたら周囲を気にしてできなかったことも、韓国では思い切ってやってみたらよいでしょう。自分を解放できる国だと思います。
インタビューを終えて・・・
小説家になりたかった子ども時代、小学校5年生の時になんと韓国を舞台にした戦争小説を1年半かけて書き上げたそうです。「なぜ、韓国だったかは思い出せませんが、何か縁があったのだと思います」という里井さん。毎日多くの学生に接しておられますが、「様々な背景や職業を持っているすごい人たちがたくさんいますが、教える立場にあるとそれに気づきにくい。私は学生をはじめとする色々な人との出会いの中から学んだことが多いので、学校の中でも刺激を受ける機会はたくさんあるし、世界の広げ方を後輩や学生たちに伝えたいです」今後は日本語だけでなく、教育をテーマに様々なことに挑戦したいとのこと。これからも人との出会いを力にして、日本語を学ぶ楽しさだけでなく、日本の魅力を発信していただきたいと思います。
時事日本語学院
1979年に日本語専門学院として開校。日本語能力試験(JLPT)、日本留学試験(EJU)などの資格試験をはじめ、文法、会話、ビジネス会話など、多様なプログラムを用意している。ソウル市内の鍾路、新村(シンチョン)、江南(カンナム)エリアに3つのキャンパスを有し、韓国人教師と日本人教師は約180名、韓国でも有数の実績と規模を誇る語学学校。
住所:ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 貫鉄洞(クァンチョルトン) 16-1
電話:02-737-1582
ホームページ:http://www.japansisa.com
  最終更新日:11.12.07
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第84回~川端悠輔さん(観光案内ガイド)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第26回~関康夫さん(日本大使館領事部)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第83回~カンナムさん(歌手・タレント)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]