韓国旅行「コネスト」 K-POP仕掛人に聞こう!~プロデューサー編~ | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > インタビュー・レポート > K-POP仕掛人に聞こう!~プロデューサー編~

K-POP仕掛人に聞こう!~プロデューサー編~

お気に入りに追加 (登録者 : 5人) 印刷する
2000年代のK-POPシーンをリードする「ヒップトロニカ(ヒップホップ+エレクトロニカ)」ミュージックを韓国で大衆化させ、この分野においては世界的にも第一人者とされる売れっ子音楽プロデューサー、「勇敢な兄弟(ヨンガマン ヒョンジェ)」。耳に残りやすい刺激的なサウンドとメロディで数多くの新人を人気スターに導き、「スター製造機」「新人磨きのマイダスの手」とも言われています。

自身も芸能事務所を経営し多忙を極めている「勇敢な兄弟」の社屋にお邪魔し、お話を伺ってみました!
自作曲は200曲以上!K-POPシーンをリードする「ヒット曲製造機」
K-POPプロデューサーとして大変なご活躍です。
これまでどんな曲や歌手を手がけられたのでしょうか。
SISTARやソン・ダムビ、After Schoolは、僕がデビュー曲から手がけた歌手で、U-KISSもかなり参加しました。BIGBANGも、最初のシングルアルバムから「BABY BABY」まで参加しました。イ・スンギの「どうかしてたみたい」(「僕の彼女は九尾狐」OST)、超新星「クリウンナレ-キミに会いたくて-」なども僕の曲です。

着飾った表現よりストレートで刺激的な表現やパワフルなサウンドが好きで、2004年頃から刺激的かつスタイリッシュなフックソングを積極的に取り入れてきました。ソン・ダムビ「狂った」、U-KISS「Man Man Ha Ni(見くびるな)」、SISTAR「あなたなんて」、「Shady Girl(虚飾ガール)」など、タイトルからして全部そんな感じでしょう?(笑)韓国人は刺激的なものが大好きで、音楽でもフックソングのようにサビ部分にインパクトがないと物足りなく感じる傾向にあります。

僕の追求する「刺激的なサウンド」はK-POPシーンで受け入れられて、現在まで大きなトレンドを形成しています。それが「勇敢な兄弟」としての僕の強みです。
SISTAR U-KISS
超新星 「僕の彼女は九尾狐」OST
自作曲の中で、特に印象的な作品は何ですか?
ソン・ダムビ
ソン・ダムビ
2008年度にリリースしたソン・ダムビの「狂った」ですね。ソロの女性歌手を手がけるのは初めてで、しかも新しいジャンルだったので、全力投球しました。

ソン・ダムビの可能性がどこまであるか冒険でしたが、椅子を使ったダンスとともに文字通り大ヒットし、彼女を一躍「クイーン」に押し上げました。

余談ですが、実は当時の僕の思いが歌詞にそのまま込められています。あの頃は本当に、メンタル面でタイトル通りの状態だったんですよ(笑)
新人歌手、それも女性をプロデュースすることが多いようです。
デビューからプロデュースしているSISTAR
デビューからプロデュースしているSISTAR
新人を育てていくことに一番やり甲斐を感じますね。自分のプロデュースした歌手たちがヒットチャートで1位になるのを見るのは快感です。すでに人気のある歌手に曲を提供すればヒットは約束されていますが、それではつまらないでしょう。だから僕は人気歌手にはほとんど曲を提供しませんし、またプロデューサーとしてそうあるべきだと思っています。

わざと女性歌手を選んでいるわけではありませんが、BIGBANGやU-KISSを手がけた後、プロデューサーとして魅力を感じる男性歌手がいなかったのは確かですね。
実は最近、TEENTOPのプロデュースにとりかかっていて、彼らなら僕の音楽をうまく消化できるのではないかと期待しています。
ご自身の名前でアルバムも出していますが、歌手としても活動を?
-
ああ、それはちょっと違います。僕の名前でいくつか出していますが、実際に僕の曲を歌っているのは、ほとんどほかの歌手なんですよ。「The Classic」(左)は、ソン・ダムビや元2PMのパク・ジェボム、4MINUTEのヒョナ、BEASTのイ・ギグァン、DavichiSHINHWAのイ・ミヌなど、僕と仕事をした歌手たちが集まってくれました。
パク・ジェボム
パク・ジェボム
ヒョナ(4MINUTE)
ヒョナ(4MINUTE)
イ・ギグァン(BEAST)
イ・ギグァン(BEAST)
Davichi
Davichi
ヒップトロニカブームを牽引 「日本の音楽シーンにも影響受けた」 
「ヒップトロニカ」というジャンルは、いつ頃から手がけられたのですか?
2002年~2008年まで、今のBIGBANGなどが所属するYGエンターテイメントでプロデューサーをしていました。アメリカのダーク・チャイルドやティンバランドといった有名プロデューサーの影響を大いに受け、K-POPシーンはヒップホップを中心に、スローテンポのR&Bやモダンロック、ソウルなどが主流でした。僕も当時はヒップホップを主に扱っていましたが、日本でエレクトロミュージックと出会って方向性が変わったんです。
たまたま日本で行ったクラブで流れていたエレクトロミュージックに触発されて、「韓国でヒップホップとマッチングさせたらどうなるだろう」という好奇心から、帰国後すぐに作曲を始めました。そうしてできた最初の作品が、LEXY「空の上へ」です。
BIGBANGの「LIE」は2007年のMnet KM ミュージックフェスティバルで

ソング・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した
BIGBANGの「LIE」は2007年のMnet KM ミュージックフェスティバルで
ソング・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した
その後BIGBANGの「BABY BABY」や編曲を担当した「LIE」、SE7EN「ラララ」のリミックスヴァージョンなど、どんどんエレクトロミュージックを取り入れていくようになり、「ヒップトロニカ」という音楽ジャンルが確立して行きました。

ダンスミュージックやヒップホップ、R&B、ソウルといったジャンルはもちろんそれぞれの良さがありますが、ずっと聴いていると飽きがきますし、歌詞はともかくメロディやサウンドに刺激が少ないですよね。そこへ現れた新鮮な「ヒップトロニカ」のサウンドが爆発的な支持を得て、あっという間に主流ジャンルに台頭したんです。そのきっかけになった曲が、オンラインチャートで2ヶ月近く1位を独占したBIGBANGの「LIE」でした。
流されやすい音楽トレンドと「インスタント」化が課題  
世界的にデジタル音源化、オンライン化が進む中で、 K-POPもその勢いが強いようです。
聴く立場からすれば、好きな歌手の曲に早く接することができ、かつ好きなジャンルの曲を自分でセレクトして聴けるので、こんなにいいことはありません。けれど製作者の立場からすると、あまり歓迎できないのが正直なところです。オンラインチャートで1位を獲得し長い間上位にランキングした「ヒット曲」でも、デジタル音源というのは大した収益にならないからです。
一方アルバム販売は、ファン層の厚い人気ボーイズグループでなければ最近は10万枚超えることも難しく、昔のようなミリオンセラーなど夢のまた夢です。そのため、休む暇なく曲を発表しなければならない悪循環が生まれています。
K-POPシーンの抱える課題は何でしょうか?
デジタル音源化が進んで、製作にかかる期間がぐっと減り、新曲や新しい歌手が次から次へと押し寄せるように溢れ出てはすぐに飽きられていつの間にか消えていく─そんな音楽の「インスタント」化が進んでいます。しかし、移り変わりの激しいトレンドやニーズとの調節、製作会社との折り合い、また空前のK-POPブームもあって、セーブをかけるどころか製作周期がどんどん短くなっているようです。

このままでは、真のトップスター歌手や国民的歌謡が出なくなるんじゃないかと危惧してしまうほどです。また最近は「歌のうまい歌手」がブームですが、そんな歌手ばかりになってしまってもK-POPシーンは駄目になります。聴かせる歌手、ダンス歌手、アイドル歌手など、多様なジャンルの歌手がうまくミックスしている状態がベストです。ブームに流されず、もっと時間をかけてきちんと歌手を育て、また曲を作っていく必要があるでしょう。
クオリティの向上とデジタル化が「K-POPブーム」の背景に 
最近はアジアを越え欧米でもK-POPが注目されています。
韓国のコンサート会場にまで欧米人の姿が
韓国のコンサート会場にまで欧米人の姿が
まず、もともとあった韓国的な歌謡が外国の新しい音楽に刺激を受け、サウンドのクオリティが飛躍的に伸びました。そして、プロデューサーや製作者たちのマインドも大きく変わりました。歌手たちも半端ではない練習量と努力で、遅れをとらないように歯を食いしばって必死で高いレベルを維持し、歌だけでなく、パワフルかつ刺激的なダンスパフォーマンスまで実現しています。

そして何より、インターネット、特に「ユーチューブ」の存在が大きかったです。これによって、リアルタイムで簡単にK-POPに接する外国人が増えました。これらが絶妙のタイミングでかみ合ったんです。
ブレイブエンターテイメントのユーチューブ公式チャンネル
ブレイブエンターテイメントのユーチューブ公式チャンネル
今では、韓国の芸能事務所はどこもユーチューブの公式チャンネルや公式ブログを持っていて、それらをフル活用して自社コンテンツを全世界に向けて配信するのが当たり前になっています。それが海外進出の足がかりになるわけです。

アジアであれ欧米であれ相手からのラブコールがあってこその海外進出ですが、一方で韓国音楽市場の不況が「海外へ出よう」という動きに拍車をかけているのも、残念ながら否定はできません。特に日本は魅力的な音楽市場です。
K-POPシーンに新しい風を 未開拓のジャンルに挑戦
最近ガールズグループ「BRAVE GIRLS」をプロデュースされていますが、コンセプトが斬新です。
ヒップトロニカジャンルが軌道に乗ったので、3年ほど前から新しいジャンルの開拓に入りました。「BRAVE GIRLS」(2011年4月デビュー)は、僕が「刺激的でない」サウンドを試みた最初のグループです。ファーストシングルの「知ってる?」は、R&B、ソウル、ヒップホップをミックスさせた音楽ジャンルで、セカンドシングル「些細なことで」ではレゲエを取り入れました。音楽性を兼ね備えた実力派グループとして、腰を据えて長期的にプロデュースしていく計画です。少しずつですが固定ファンも増えています。
最後に、プロデューサーとしての今後の活動計画をお聞かせください。
ブレイブエンターテイメントに所属する練習生を対象に、ボーイズグループ、ガールズグループともに準備中です。今後もプロデューサーとして、新しい音楽ジャンルをK-POPシーンに、また世界の音楽シーンに発信していきたいと考えています。

また、K-POPプロデューサーとして日本など海外アーティストにも曲を提供したいです。まだ準備を始めたばかりでどうなるか分かりませんが、日本の方々にも直接お会いできる日が来るといいですね。
勇敢な兄弟(ヨンガマン ヒョンジェ)
カン・ドンチョル/作詞作曲家、音楽プロデューサー
1979年生まれ。2004~2008年までYGエンターテイメントでプロデューサーとして勤務。2008年~現在までブレイブエンターテイメントの代表兼メインプロデューサー。
作品経歴
イ・スンギ:「どうかしてたみたい」(「僕の彼女は九尾狐」OST)
ソン・ダムビ:「狂った」(2009)、「土曜日の夜に」(2009)
超新星:「クリウンナレ-キミに会いたくて-」(2010※韓国版)
After School:「Diva」(2009)、「Because of you」(2009)、「AH」(2009)
AJ(現BEASTイ・ギグァン):「ダンシング・シューズ」(2009)
BIGBANG:「SHAKE IT」(2006)、「LIE」(2007)、「BABY BABY」(2007)、「Wonderful」(2008)
BRAVE GIRLS :「知ってる?」(2011)、「些細なことで」(2011)
Brown Eyed Girls:「どうして」(2008)
GUMMY:「ゴメンネ(feat. T.O.P)」(2008)
LEXY:「空の上へ」(2007)
SE7EN:「LOVE STORY」(2006)、「RUN」(2006)、「ラララ(Remix Ver.)」(2006)
SISTAR:「Push Push」(2010)、「Shady Girl(虚飾ガール)」(2010)、「あなたなんて」(2010)、「Ma Boy」(2011)、「So Cool」(2011)
U-KISS:「Man Man Ha Ni」(2009)、「Bing Guel Bing Guel」(2010)
ほか多数
今月の人気アルバム 出典:Hanteoチャート
順位 歌手名 アルバム名
1位 JYJ IN HEAVEN(1集)
2位 INFINITE Over The Top(1集リパッケージ)
3位 SUPER JUNIOR A-CHa(5集リパッケージ)
関連記事

  最終更新日:11.10.13
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第25回 ソウル歌謡大賞
インタビュー・レポート
GAON CHART K-POP AWARDS 2014
インタビュー・レポート
2014 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
2013 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]