韓国旅行「コネスト」 KARAファンミーティングレポート | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > インタビュー・レポート > KARAファンミーティングレポート

KARAファンミーティングレポート

お気に入りに追加 (登録者 : 3人) 印刷する
KARAファンミーティングレポート
2011年1月、韓流スターとして人気絶頂のさなか、突如所属事務所・DSPメディアからの離脱を宣言し世間を驚かせた、ガールズグループ・KARAのスンヨン、ニコル、ジヨン。ところが、ギュリとハラは事務所への残留を選択。メンバー間のすれ違いにスポットがあてられ、いわゆる「KARA事態(サテ)」は、たちまち一大事件に発展しました!
日韓両国がその一挙手一投足を注視する中、4月28日、100日ぶりに3人が所属事務所と和解、晴れて5人組のKARAが復活を迎えました!その再出発を記念する記者会見&無料ファンミーティング「今、伝えたい言葉(チグム チョナゴシプン マル)」が、6月11日(土)に蚕室(チャムシル)室内体育館にて開催。その様子をレポートします!
「今、伝えたい言葉」発表記者会見
開演前の記者会見に現れたKARA。5人が順番に、ファンたちに「今、伝えたい言葉」を、一言一言かみ締めるように話してくれました。
先だって5人で出演したテレビ番組でも、メンバー間の確執はなかった、マスコミの報道に逆に驚きストレスを受けることもあったと涙を見せましたが、そんな5人の純粋さとまっすぐさが伝わってくるようでした。

ハラ
今日はKARA全員が指折り数えて待ちわびた日です。この間メンバー全員が苦しみましたが、何よりつらかったのは、ファンの皆さんの前にもう一度立てるだろうか、ファンの皆さんに会うことができるだろうかと、先が見えずにいたことです。対話の不足による誤解から生じたことだったので、本当にたくさんの対話を通じて誤解を解き、またお互いの気持ちも知ることができました。
ジヨン
混乱にけりをつけて、1つのKARAとなってファンの皆さんの前に今一度立つことができました。今日という日を迎えるために、私たちと所属事務所みんなが本当にたくさん悩み、努力をしました。活動できない間にも、私たち5人の間にお互いへの不満はなく、愛情と励まし、応援などがありました。そして周りの多くの関係者の方々にもたくさん助けられました。
スンヨン
何よりも皆さんの厚い愛情と応援があったおかげで、私たちがもう一度このように集まることができたのだと思っています。感謝の言葉を何度繰り返しても足りないでしょう。これからは流されることなく、今回得た愛情と応援を、生涯をかけて返していかなければならないものとして胸の奥深くに刻み付けます。
ニコル
今日のファンミーティングは、これまでKARAを見守ってくれたファンの皆さんに、今度は私たちがお返しをしたくて準備しました。ファンの皆さんがこのイベントの後、KARAと同じ気持ちで帰宅してくれたら嬉しいです。今日だけでなく、これからもファンの皆さんとお会いするたびに、瞬間瞬間を大切にできるように、私たちが1つになれるように、ベストを尽くします。
ギュリ(リーダー)
本当のKARAの、新しいスタートは今日です。もちろんこれまでも1つでしたが、これからはより固い絆で結ばれた1つのKARAをお見せできるでしょう。これからはファンの皆さんに、明るい笑顔のKARAだけをお見せしたいです。もちろんそうなるためにはこれまでの何倍も努力をしなければいけないということもよく分かっていますし、努力します。今日のこの気持ちを忘れずにがんばりますので、どうかKARAを見守ってください。本当に感謝しています。そして皆さん、愛しています。
6.11は「カミリア・デー」!?ファンと分かち合う特別な日
オープニング
今回のファンミーティングは、KARAとKARAのファンクラブ「カミリア」が仲睦まじく過ごせる時間をという主旨で、ミニコンサート、トークタイムを中心に構成されました。18:00にオープニング映像とともに幕が切って落とされると、オレンジ(韓国)とピンク(日本)のペンライトとともに、大歓声が!

トークタイム&カミリア・デー発表 
トークタイムでは、まずKARAからカミリアに、伝えたい言葉を告白する時間が持たれました。「数ヶ月ぶりに実現した意味深い再会だから楽しもう」「カミリアへの愛は永遠」とクールに決めるハラ。大歓声に感極まった様子のスンヨン。「これからもKARAとカミリアは絶対に離れないようにしよう」とニコル。カミリアの愛と信頼のおかげでここまできたとファンに感謝するギュリ。信じてくれたカミリアの大切さを痛感したと涙ぐみ、「言葉にしなくても私の気持ち伝わってるよね?」とジヨン。それぞれが胸の内を告げた後、なんと開催日である6月11日を、KARAがカミリアに告白した記念日「カミリア・デー」にすると宣言!ケーキカットと、会場全体が写る団体写真撮影、プレゼント抽選会などが続きました。
ちなみにプレゼントは、ドラマ「シティーハンター」の使用済み台本、ビビン麺セット&サプライズプレゼント、ラジオ番組「シムシム打破(タパ)」招待券、手作りケーキ、実際に使っていたというT-moneyカードでした。どれがだれのプレゼントか、ファンなら一目瞭然ですよね!?

ファン度テスト
KARAは「生計型アイドル」とも呼ばれるほど、テレビで素の姿を隠そうとしないのが魅力の1つでもあります。そんなKARAのことを、ファンはどれだけよく観察しているのか?というところから、3つのパートに分けてあらかじめ実施されたファン対象アンケート調査の結果発表が行なわれました!果たして、KARAのメンバーの反応は!?

投票1:同じ人を好きになったら恋より友情を選びそうなメンバー
1位 ハラ その時にならないと…(笑) やっぱり友情を選ぶかな。恋人は互いに合わせられる人がいいです。
2位 ニコル 友情を選びます。情熱的で芯の通った人が好き。
3位 ギュリ 愛を選びます。尊敬できて素敵なところをいっぱい持っている私のお父さんみたいな人がいいです。
4位 スンヨン 友情を選びます。色白でカリスマと余裕がある、私と反対の人に惹かれそう。
5位 ジヨン メンバーより恋を選ぶと思われてるなんて!もう、本当に彼氏作っちゃうぞ(笑) 一緒にいていつも笑顔になれる楽しい人がいいな。

投票2:彼氏の言うことなら何でも聞きそうなメンバー 投票3:フラフープが上手そうなメンバー
1位 スンヨン スンヨン:ちょっとは反抗すると思うのに、どうしてかしら(笑) みんな私に彼女になってほしいの?ハラは今までドライなイメージを守ってきたのが5位の理由かも(笑) 1位 ギュリ ギュリ:自宅でよくフラフープをしてはいるけど、まさか1位になるとは思わなかったです。
※実際にバトルをしてギュリが1位に(ジヨン&ニコルは場外で脱落)
2位 ニコル 2位 スンヨン
3位 ジヨン 3位 ハラ
4位 ギュリ 4位 ジヨン
5位 ハラ 5位 ニコル

ステージスナップ 
最後に一言ずつ… 「今日から、カミリアのファンになります!」
ハラ:こうして向かい合ってステージをお見せすることができて嬉しいです。いつも感謝してるし、これからはもっともっとカッコよくなりますからね!
スンヨン:「KARAのファンはスペクタクルだ」ってネットでよく見かけますけど、本当にそうですね。これからもずっと一緒に歩んでいけるように努力します。
ギュリ:ステージに立つこと、歌うことが好きなだけなのに、そんなKARAにたくさんの愛をくれて、とても幸せです。大切にしてくれて信じてくれたあなたたちを抱きしめたいです。ファンに恥ずかしくないKARAになります。
ニコル:つらい思いをさせてしまって本当にごめんなさい。ファンがいてこそKARAがいるということを実感しました。これからはもっとファン思いになりますね。
ジヨン:誰が信じてくれるのか、誰がこのつらさを分かってくれるかと諦めていましたが、こんな皆さんとメンバーがいて、私は幸せ者です。
▲ファンからのメッセージのお返しに、プラカードを持って現れたKARA
会場前から、KARAへの熱き思いをお届け!
先着順入場の無料イベントでもあった今回のファンミーティング。そのため会場には、朝早くからたくさんの人々が駆けつけました。驚くべきことに、入場列の先頭に並んでいたのは何と日本の方々!日本の旅行社で観覧ツアーなども組まれ、日本国内83ヶ所の映画館でも生中継されたそうです。KARA復活に向けられる日本の注目具合を感じさせられました!

突撃インタビュー! 
最前列はKARAの「骨髄(コルス)」日本人ファン! 旅行社のツアーでチケットを確保!
「今留学中で、朝の7時に来て並びました!チケットない人は最後入場なので、ドキドキします。KARAはみんなかわいくてキャラ立ちしてるのが魅力。ファン歴はかなり長くて、最近の人気ぶりには正直さびしさも(笑) 解散危機の時は、ショックで人知れず泣きました…。だから今日は本当に嬉しいです!」(中央の女性)
「昨日大阪から来ました。本来は無料のイベントですが、チケットがないのは不安なので某旅行社のツアーで。けど2階席なんですよ(笑) 僕はKARAでK-POPに目覚めました」(左の男性)
「私はもともとSE7EN(セブン)とかYGエンタ系ひいきなので、今日は付き添いです(笑)」(右の女性)
やっぱり一緒がいいね!KARA、復活おめでとう!
韓国でアイドルグループは5年目が過渡期と言われ、もはやメンバー間の食い違いや所属事務所との葛藤・紛争は、結果がどうあれ一度は経験するステップのようになっています。2007年にデビューしたKARAも、無名時代とメンバーの脱退・加入、韓流スターとしての跳躍などさまざまな試練と挑戦があったようで、今回の「KARA事態」を経て、新しい「KARA」として生まれ変わったように感じられます。
KARAとファンが、お互いを本当に大切にしているという強い絆を感じ、意味のあるファンミーティングだなあと、不覚にも何度か涙してしまったNaRo。今年は韓国で新アルバムリリースも予定しているとか。これからも末永く活躍してほしいものですね!
※ファンミーティングの写真は、所属事務所の提供によります。

プログラム
VCR オープニング映像
公演1 「ジャンピン」
公演2 「ミスター」
トーク、イベント 「カミリア・デー」発表
公演3 「LUPIN(ルパン)」
VCR KARAのハッピーニュース、本音インタビュー
ゲスト公演 RAINBOW 「A」「TO ME」
公演4 「Wait」
公演5 「ジェットコースター・ラブ」 ※日韓初のステージ披露
トーク、イベント カミリアがKARAに伝えたい言葉
公演6 「伝えたい言葉」(韓国語Ver.) ※ファンミーティング特別ステージ
アンコール 「Honey」「Pretty Girl」「Rock U」

NaRoのK-POP入門バックナンバー

関連記事

  最終更新日:11.06.15
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第25回 ソウル歌謡大賞
インタビュー・レポート
GAON CHART K-POP AWARDS 2014
インタビュー・レポート
2014 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
2013 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]