韓国旅行「コネスト」 似てる?似てない?韓国グルメ・食文化 | 食習慣・食文化 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 食文化 > 食習慣・食文化 > 似てる?似てない?韓国グルメ・食文化

似てる?似てない?韓国グルメ・食文化

한국 구루메, 음식문화
お気に入りに追加 (登録者 : 25人) 印刷する
海を隔てて日本から最も近い外国である、韓国。そんなお隣同士の日韓は、文化の共通点もあればもちろん異なる点も多数。以前、似ているようで異なる、韓国の面白文化や習慣を紹介したコネストですが、今回は、旅行の楽しみとしてみなさんが特に気になる、グルメ・食文化にフォーカス!

近い部分もあるようでやっぱり違う、韓国グルメの面白さをご紹介します!

※ここで取り上げたものは実際に在韓日本人が見聞きしたものを参考にしていますが、必ずしも全ての韓国料理や食文化にあてはまるものではないことをご了承ください。
食材・料理編
<人気料理> この名前、日本でもよく聞くけど…
プルコギ、チゲ…最近では日本でもその名が定着しつつある韓国人気グルメ。でもちょっと待って!そのメニュー、本場ではこういう料理なんですよ~!
【プルコギ】 プル(火)+コギ(肉)でもNOT焼肉!
日本では「焼肉」のことだと思ってる人も少なくないのでは?プルコギは、牛薄切り肉や野菜を醤油ベースの出汁で炒め煮した料理。しいていうなら日本のすき焼きに近い雰囲気です。韓国在住者は、日本の味が恋しい時に食べたくなるとか!?
【チゲ】 「チゲ鍋」って…実は「鍋鍋」?
テンジャンチゲ
テンジャンチゲ
日本でチゲというと「THE鍋料理」というイメージ。でも実際は毎朝食べる「味噌汁」的存在、テンジャンチゲ(味噌チゲ)だってチゲ!野菜や肉を汁で濃く煮たスープや鍋料理全般を指すんです。「チゲ鍋」というと、鍋鍋になりますよ~
【ホルモン】 グルグル巻きをはさみでじょきじょき
ホルモン(コプチャン)料理は日本でもポピュラー。でも出てきたのは…ふ、太い!材料がはじめから細かく切られている日本に比べ、韓国の肉や魚は原型に近い形で登場することが多いよう。鍋いっぱい、グルグル巻きのホルモンを、焼きながらはさみで切るのがお約束。ぜひこの豪快さも一緒に味わわないと!
【ビビンバ】 石焼き以外にも色々!
カフェ飯タイプの新芽ビビンバ
カフェ飯タイプの新芽ビビンバ
ご飯の上に肉、野菜のナムル、卵などを盛り付け、混ぜていただくビビンバ。日本人が好む石焼き(トルソッ)ビビンバは熱した石鍋に入れたものですが、これは意外にも近年になって登場したのだそう。温めずに金属の器に入ったものや、生野菜だけを使ったヘルシービビンバまで、本場では様々なタイプが楽しめますよ。
<一般料理> カレーにオデン…出てきて仰天!?
カレーやラーメン、オデンなど、食堂や屋台で見かける、日韓同じ名前の料理。でも、お国変われば料理もやっぱり違うんです。同じものは日本でも食べられるでしょ…と素通りするのはもったいないですよ!
【カレー】 具は大きく、は邪道?
韓国でもカレーを食べますが、ターメリックをふんだんに使っているのか、日本よりも黄色い色が特徴です。具は、肉も野菜も小さくさいの目に揃えて切られていることが多いよう。そして食べ方は…ビビンバのようにご飯とソースは混ぜてから、が基本!
【ラーメン(ラミョン)】 生ラーメンは「日本式ラーメン」店で
おうちでは小鍋でどうぞ
おうちでは小鍋でどうぞ
ラーメン(ラミョン)というと、一般的にはインスタントラーメンのこと。キムチラーメンやチーズラーメンなどは軽食店の定番メニューですが、創作麺?と思いきや、インスタントラーメンにキムチ、チーズがどーん…!さすが、世界一のインスタント麺消費国!
【チキン】 配達もOK!
ビールといえばチキン!そして韓国でチキンといえばフライドチキンのこと。街角に1軒はチキン屋があるほど、国民的食べ物です。味もシンプルなものから甘辛ヤンニョム(薬味ダレ)が絡まったり、にんにく風味だったり…。ケンタッキーだけではない韓国チキンの魅力をぜひ!
【刺身(フェ)】 日本は赤、韓国は白
赤色をした料理が多い韓国、でもフェ(刺身)は別。韓国の刺身は、ヒラメやタイなどの白身魚を使うことがほとんどです。淡白な白身に好相性な、チョコチュジャン(唐辛子味噌+酢のソース)やマッチャン(味つけ味噌)、ごま油をつけて食べます。最近はマグロ専門店も増えていますが、やっぱり白が優勢!
【チャンポン】 真っ赤なスープがトレードマーク
中華料理屋でジャージャー麺(チャジャンミョン)と人気を二分するチャンポン。でもこちら、日本のちゃんぽんとは見た目、味ともに全くの別料理。豚骨などでとったダシに唐辛子粉の入った真っ赤なスープです。魚介類や野菜などの具もたっぷり。日韓の中華、食べ比べてみると面白いですよ。
【饅頭、餃子】 饅頭がギョウザで、ギョウザが…
マンドゥは漢字で書くと饅頭。でも甘い饅頭ではなく、肉餃子のようなもの。大きくて厚目の皮に肉や野菜などの具をたっぷりと入れて蒸し上げています。クンマンドゥは直訳すると焼き餃子ですが、こちら多くは揚げ餃子。

ちなみに餃子の漢字をそのまま読んだ「ギョジャ」は、からし(芥子)の意味にもなるので注意!
【ウドン】
メニューではただの「ウドン」と書かれていても、注文すると最初から揚げ玉や練り物が入って出てくることが多い、韓国のウドン。少し得した気分になれるかも?
【オデン】
串に刺さってダシでぐつぐつ。でもよく見ると、韓国オデンはオール練り物!魚の練り物(オムッ)自体を、オデンといったりもします。
【トンカツ(トンカス)】
韓国語でトンカス。ただの豚カツかと思うなかれ!肉が薄くてジャンボ、ソースたっぷり。さつまいもやキムチが挟んであることも。
<つけ合わせ> 細かなところまで見逃すな!
ウナギに山椒、カレーに福神漬けと、主役の料理には必ずついてくる、お約束の「名わき役」。それが予想外のキャスティングだと、あれあれ意外な美味しさに…。食材同士の新鮮な組み合わせ、見逃せません!
【海鮮料理&ワサビ醤油】
焼き魚もメウンタン(魚介のピリ辛アラ鍋)も、海鮮料理の脇にたたずむのがワサビ醤油。辛い鍋でも、具に味がついていても、ワサビ醤油は鉄則!
【ゆで野菜&コチュジャンソース】
ゆでブロッコリーなどの野菜は、コチュジャン(唐辛子味噌)ベースの赤いソースで食べることが多いよう。ドレッシングやマヨネーズは影をひそめぎみ?
【ピザ&ピクルス】
ピザ屋やスパゲッティ屋などで遭遇率が高いのが、波型のきゅうりのピクルス!同様にチキンには角切りの大根の漬物が定番。甘酸っぱい独特の味は、くせになりそう!
【刺身&寒天】
お刺身の下に敷く、つま。日本では大根の千切りですが、韓国では細長い寒天。口に入れてもかまいませんが…韓国人にもあまり食べられていないようです。
【寿司&ラッキョウ】
韓国のお寿司屋さんに行くと必ずあるのが、ラッキョウ。甘酸っぱさと食べ応えのよさで、ガリと人気を二分しています。
【やっぱりキムチ】
どんなメニューでもこれがないと始まらないのが、やっぱりキムチ!味は店、家庭によって違いますが、圧倒的な存在感です。韓国ではカレーにもキムチ!
<おやつ・ドリンク> ヨーグルトといえばアレのこと!?
おやつやドリンクにも、日韓で似ているようで違うものを発見。ここに紹介した以外にも、スナック菓子などを比べても面白いです。スーパーやコンビニの棚をつい覗いてしまいそう。
【たい焼きとプンオパン】 鯛より小さめの魚で…
屋台の定番、たい焼きが韓国にもあった!と思いきや、あれ、なんだか小さい?それもそのはず、韓国にあるのはブンオパン(フナ焼き)と呼ばれるおやつ。たい焼きと同様、甘めの生地にあんこが入っていますが、形が小ぶりで、さくさくの皮の端が美味!3匹か4匹、セットでどうぞ。
【どら焼きとポリパン】 もちもちの皮が主役
ミニドラ焼きくらいのサイズ
ミニドラ焼きくらいのサイズ
ポリパンは麦を原料としたおやつ。いくつかバリエーションがありますが、小豆あんを2枚の皮で挟んだ、どら焼きのような見た目のものも。でもサイズは手のひらにおさまるほど小さく、皮がもちもちしているのが特徴です。
【ヨーグルトとヤクルト】 まぎらわしさNO.1!
呼び方要注意!韓国語で「ヨーグルト(ヨグルトゥ)」というと、十中八九、出てくるのは「ヤクルト」です。いわゆる日本でいうヨーグルトは「ヨゴトゥ」という発音に近いよう。この呼び方が浸透する前は、すくって食べるヨーグルトの方は「ヨープレイト」と商品名で呼んで区別する人もいたのだそう。
【コーヒー】 濃い目ブラック派はどうする?
インスタントは砂糖とミルクの入った粉が一般的
インスタントは砂糖とミルクの入った粉が一般的
最近のコーヒーチェーンでは様々なコーヒーが楽しめますが、少し前までは「一般のコーヒー」というと、薄目で砂糖と粉乳たっぷりのミルクコーヒーが優勢。特に年配の方は今も薄目のアメリカーノを好む人が多い気がします。今ではほとんど見なくなった韓国の喫茶店、茶房(タバン)コーヒーが原点?

インスタントコーヒーを詳しく見る
【ビール】 お届けはペットボトルで
ライトタイプなどもあり
ライトタイプなどもあり
お酒好きによると、韓国のビールは日本と比べて苦味が少なく味が薄目のものが多い模様。「CASS」や「HITE」、「MAX」の3メーカーが人気を独占しています。

ちなみに韓国でHOF(ホプ)というと、ビールそのものではなく生ビールの飲めるお店のこと。またチキンやピザと一緒にビールの配達も可能。その際は、どでかいペットボトルで運ばれてきますよ!
<食材・調味料> 味の分かれ目はここにアリ
こちらは特定の料理ではなく、材料や食材にフォーカス。見た目が似ているけど味が違ったり、同じ食材でも使い方が違ったり…。また他のほとんどの材料が同じでも、これを入れることで味の違いが出るポイント調味料もご紹介。覚えておくと料理レパートリーが広がるかも?
【餅(トッ)】
日本ではもち米で作るお餅、韓国ではうるち米から作ります。歯切れが良く、びろーんとのびないのが特徴。煮ても溶けにくいので、鍋物にも活躍。
【さつまいも】
韓国ではさつまいも料理が豊富。ケーキなどお菓子はもちろん、ピザや、さつまいもラテなんていうのも。「ミスタードーナツ」には韓国限定さつまいもドーナツが!
【ケンニッ(エゴマの葉)】
見た目はまるで青ジソ、でも味は別物!ちょっと舌を刺すような独特の味の、エゴマの葉。焼肉などの包み野菜として目にした人も多いのでは?
【ごま油】
日本の海苔巻きとキムパッ(韓国風海苔巻き)の味の分かれ目がこれ。酢飯を使う日本に対し、キンパッはご飯にごま油を混ぜて風味と香ばしさを出しています。
【にんにく】
韓国料理の基本食材!見た目はおひたしとほとんど変わらないナムルも、にんにくとごま油が入ることで、ザ・韓国!の味が完成~。
【唐辛子】
入れるだけで、韓国風味アップ?生で、粉で、コチュジャン(唐辛子味噌)になって、スパイシーさと、真っ赤なカラーを演出しています。
食文化・習慣編
<これが韓国グルメの醍醐味だ!>
お箸とスプーンは縦に揃えて置く、食器を持ち上げないなど基本的なマナー以外にも、韓国の食の世界には、こんな文化や習慣が。慣れないとびっくりすることもありますが「郷に入れば郷にしたがえ」、現地の人の食べ方にならって試してみれば、韓国グルメの醍醐味が味わえますよ!
【包む!】
焼肉、刺身、うなぎの蒲焼きまで…。韓国では肉や魚を、サンチュやエゴマの葉などの葉野菜で包んで食べることが一般的。脂が多目のサムギョプサル(豚の三枚肉)も、野菜で包むとさっぱりと食べられます。くるんだものを仲良く「あーん」と食べさせてあげるのも、よく見かける光景です。
包み野菜の種類も豊富
包み野菜の種類も豊富
生のにんにくや味噌も一緒に包んで
生のにんにくや味噌も一緒に包んで
はい、一口で「あーん」
はい、一口で「あーん」
【混ぜる!】
韓国料理の楽しみ方の一つは、混ぜること!ビビンバのようにご飯と具を混ぜるもの、クッパのようにスープとご飯の組み合わせなど様々です。果物や小豆が可愛らしくトッピングされたピンス(韓国版カキ氷)もぐるぐるにかき混ぜてから食べるため、驚く人も多いとか。
ぐるぐる混ぜる!
ぐるぐる混ぜる!
味が合わさって美味しくなるそう
味が合わさって美味しくなるそう
【熱い!】
韓国では熱いうちに食べたほうが美味しいという認識が強め?汁物を注文すると、トゥッペギと呼ばれる土鍋に入ってぐつぐつ煮立った状態で登場。これ、できたての味を長時間楽しむことができて便利です。また、おこげを食べる文化も。ポックンパッ(焼き飯)を作るときも、ヘラやおたまで力強くご飯をおしつけて、熱々かりかりのおこげを堪能!
トゥッペギは直火OK
トゥッペギは直火OK
卓上で直接火にかける鉄板・鍋料理も発達
卓上で直接火にかける鉄板・鍋料理も発達
おこげを作るには、鍋肌にぎゅぎゅっとおしつけるのがコツ
おこげを作るには、鍋肌にぎゅぎゅっとおしつけるのがコツ
【一緒に!】
みんなで食べる、分け合って食べる文化が浸透している韓国。会社のお弁当タイムでは、持参したおかずを出し合ってみんなで食べることも。また外国人観光客に慣れたお店を除き、食堂では基本的に取り皿を出しません。スープも鍋も、誕生日ケーキだって1つのものを数人で仲良くつつくのが一般的。別々に取り分けようとしている人を見て「よそよそしいな」と感じたら、だいぶ韓国文化に染まっている証拠?
分け合って食べる
分け合って食べる
お酒も一緒に何度も乾杯!
お酒も一緒に何度も乾杯!
「ひとり飯」は驚かれることも…?
「ひとり飯」は驚かれることも…?
韓国キッチンの必需品!?
韓国の食文化を語る上では欠かせないもの、他の国ではあまり見られないものなど、キッチンまわりから韓国食文化を拝見!
【はさみ】
お肉も冷麺もはさみでじょきじょき。包丁と違ってまな板いらず、卓上で手軽に使えて、慣れればかなり便利です。
【キムチ冷蔵庫】
韓国料理の基本、キムチ専用の冷蔵庫。腐りにくく長期間保存が可能。昔は壺に入れていたそうです。新婚夫婦がはじめに買う家電だとか?
【浄水器】
食堂やビルに1台は置いてある浄水器。熱いお湯と冷えた水がいつでも飲めます。最近は氷が出るものなど進化版も。
基本マナーはこちら!
韓国の食文化~文化も所変われば~

お酒の席での「お約束」は?
韓国の飲酒文化
 
番外編
この味、どこかでお会いしましたか?
最後は見た目や味が、日本の○○に似ているかも?といわれるメニューをご用意しました。韓国在住者はこれを食べて、日本の味を懐かしく思い出すとか出さないとか。真偽のほどは…ぜひ本場で食べて確かめてみてくださいね!
【カルビチムと豚の角煮】
カルビチムは主に牛肉を煮ており、味はやはり違いますが、見た目と、ほろほろ崩れる柔らか食感が豚の角煮を連想させる?
【スジェビとすいとん】
韓国風すいとん(スジェビ)、と説明されるだけあり、見た目が似ているものの代表格。スープの味は違いますが、どちらもほっとする味。
【コンチャバンと日本の煮豆】
黒豆の煮物、コンチャバンは日本の煮豆を思い出す容姿。ただし歯ごたえを残して煮ることが多く、若干醤油の味が強め。
【ケランチムと茶碗蒸し】
ケランチム(玉子蒸し)と茶碗蒸し、見た目はだいぶ違いますが、優しい味が似ている?主役にはなれない地味な感じも…
【カルグッスときしめん】
「韓国風うどん」ともいわれるカルグッスですが、手打ちの平べったい麺は、日本のご当地麺、きしめんを連想させます。
【チョングッチャンと納豆】
過程が異なりますが、両者とも大豆を菌で発酵させたもの。独特の匂いはそっくりです。韓国ではスープの材料になります。

チョングッチャンを詳しく見る
関連記事

  最終更新日:09.12.09
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国の伝統酒 第4回 竹瀝膏
食習慣・食文化
韓国のビール事情
食習慣・食文化
韓国焼酎で作る!サマーカクテル
食習慣・食文化
韓国人のソウルドリンク・バナナ牛乳
食習慣・食文化
食の話題で盛り上がろう!
「新製品を発見!」「この商品がおすすめ」 など、コネストの掲示板には韓国の食に関する話題が満載!
皆さんが実際に作ってみた韓国料理の レポートもお待ちしています!
クチコミを書く   クチコミを見る
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]