韓国旅行「コネスト」 ドリームコンサートに行ってみよう! | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > インタビュー・レポート > ドリームコンサートに行ってみよう!

ドリームコンサートに行ってみよう!

お気に入りに追加 (登録者 : 12人) 印刷する

年に一度のK-POP大祭典「DREAM CONCERT(ドリームコンサート)」!今をときめく人気歌手が一堂に会し、各ステージはもちろん普段はなかなかお目にかかれないスペシャルステージも演出され、K-POPファンにはたまらない夢の超豪華イベントです。韓国国内をはじめ毎年数多くの外国人も訪れます。今年(2009年)は10月10日に行われたそのドリームコンサートのようすをご紹介しましょう!

ドリームコンサートってどんなイベント??
「DREAM CONCERT」は、1995年から現在まで続く韓国最大規模のK-POPイベントです。韓国芸能製作者協会とSBS放送局が主催し、文化体育観光部などが後援、「青少年に夢と希望を」という趣旨で人気の歌手らがこぞって出演することで知られています。
「環境コンサート」「Iコンサート」「Fコンサート」など名称変更を経ながら、毎年「暴力は嫌い」「私たちはひとつ」「ワールドカップ成功祈願」など社会的背景を反映したテーマを掲げ無料開催されてきたドリームコンサート。今年2009年は15周年を記念して「サランハンダ、テハンミングッ(愛してる、大韓民国)」というテーマのもと、場所を蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場から上岩(サンアム)ワールドカップ競技場に変更し、時期も5・6月から10月に変更して大々的に執り行われました。また、今年はドリームコンサート初のチケット(5,000ウォン)制が導入され、日韓ともに一社独占販売が敢行されました。
詳しくはドリームコンサート公式サイト 主催者サイトでも情報が更新される 韓国は「Gマーケット」が独占販売
(詳細:オンラインチケット購入方法

「ドリコン」に現れた豪華出演陣!!
100人以上のマスコミが詰め掛けたフォトゾーンを大公開!日本でも活動中のBIGBANG(ビッグバン)や、Super Junior(スーパージュニア)、2PM(ツーピーエム)など一部の出演者はフォトゾーンには現れませんでしたが、その名を聞いただけで胸がドキドキするような超豪華な顔ぶれが続々と登場し、カメラフラッシュの嵐が巻き起こっていました!
少女時代 JEWELRY(ジュエリー) SHINee(シャイニー)
KARA(カラ) 2ne1(トゥエニワン) キム・テウ
フィソン 2AM(ツーエーエム) T-ara(ティアラ)(前列)&超新星(後列)
チェヨン 4minute(フォーミニッツ) f(x)(エフエックス)

フィソンさんにメールインタビュー!
10月8日に6thアルバムでK-POP界に帰還した、韓国を代表するR&Bシンガー、フィソン。ファンミーティングや単独コンサートなど日本でも着実に人気を獲得しているK-POP歌手の1人です。アルバムリリース早々に出演したドリームコンサートでは、話題の新曲「ポロポロと(チュルルッ)」を披露!そんなフィソンに、メールインタビューを行いました!
カムバック(アルバムをリリースして放送活動をすること)とドリームコンサート参加に対する感想をお願いします。
カムバックしてすぐに大きな祭典であるドリームコンサートに出演できて嬉しかったです。久しぶりの大舞台でしたし、また一所懸命作ったアルバムの初ステージだったので、ワクワク感でいっぱいでした。
6thアルバム「Vocolate」はどんなアルバムですか?
「Vocolate」は、僕のすべてを注ぎ込んだ、これまでの人生で最高のアルバムです。今はこれ以上のものを作ることはできないでしょう。
自信があるアルバムなので、皆さんにそんな僕の姿をお見せできるようにベストを尽くします。たくさんの応援よろしくお願いします。
◀ 6thアルバム「Vocolate」
アメリカ進出の話が話題になっていますが、覚悟と今後の抱負をお聞かせください。
彼らに「コリアンプライド」の何たるかを見せつけたいですね。良い結果が出るように頑張りますが、焦りは禁物だと思っています。広大で難関な市場であるだけに、すべてにおいて慎重に進めていくつもりです。
◀ 「Vocolate」ジャケット写真より
最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。また日本での活動計画があればお聞かせください。
遠くからいつも応援してくださって、本当にありがとうございます。日本で皆さんにステージをお見せする機会があまりなくてすみません。12月6日に東京で公演を行う予定なので、その時にたくさんのファンの方々にお会いできたら嬉しいです。
※写真は所属事務所の提供によります。
★フィソンのプロフィール★
爆発的な歌唱力、甘いヴォイスなど、独自のカラーを持ったR&Bシンガー。大手芸能事務所YGエンターテイメントから2002年に彗星のごとく現れ、デビュー曲「だめですか(アンデナヨ)」でたちまち1位を獲得、その後「With Me」「不治の病」などのヒットでトップシンガーに仲間入りしました。2006年に所属事務所を移籍してからは、より幅広いジャンルの音楽を世に送り出しています。作詞作曲家、ヴォーカルトレーナーとしても有名。
  本名:チェ・フィソン
生年月日:1982年2月5日
主なジャンル:R&B、バラード
活動略歴:2002年1集「Like A Movie」でデビュー、2009年まで「It’s Real」「For the moment」「Love…Love…?Love…!」「Eternal Essence of Music」「Vocolate」など発売
主な受賞歴: 2003年、2004年、2005年、2007年ゴールデンディスク賞ディスク部門本賞
 

開演前からテンションアップ!会場前レポート
開演は午後6時半からでしたが、コネストが到着した午後3時頃には、全国各地や海の向こうから集まったファンたちですでに会場前は大賑わい!これまでは先着順入場で早朝から長蛇の列ができていましたが、今回はチケット制のため列はなく、それぞれのかたちで楽しみながら盛り上がっていたようです。大きな会場なので歌手はごく小さくしか見えませんが、雰囲気を楽しむ、みんなで盛り上がる、といったお祭気分が感じられました。
人気アイドルグループのファンらが多いのは当然としても、直前に出演がキャンセルとなったにも東方神起のファンらも大勢いて目を引きました。
ワールドカップ競技場▶
約4万人の観客が訪れた ファン同士で盛り上がり、
開始前にテンションを上げる姿も
2PMは突然のメンバー脱退で、
ボードには所狭しとファンのメッセージが
食べ物や応援グッズの出店もあり 入口では新型インフル予防にも配慮 海外ファンは5千人にも上ったそう!

From JAPAN
日本のどちらから?
東京から来ました。コネストさんいつも利用していますよ~。
ありがとうございます。今回はチケット制でしたがどうやって購入を?
インターネットのオークションサイトで購入しました。5,000円だったので、韓国とは約10倍の差でした!
ドリームコンサートはよくお越しに?
今回が初めてです。いろんな歌手が見られるのでいいと思って。
誰のステージが一番楽しみですか?
本命はSuper Juniorです。格好いいし全員個性的で飽きない楽しさがあります!
特に好きなメンバーはいますか?
マンネ(グループの最年少者)のキュヒョンです。(左の女性)
私はカンインとハンギョンですが、今回カンインは出演しないので残念ですね…。(右の女性)
From KOREA
今日はどちらから?
慶尚北道の大邱(テグ)市から高速バスに乗って来ました。
ドリームコンサートはよくお越しに?
はい、毎年来ています。いつも遠くて歌手は米粒程度にしか見えませんが、ファン同士で一緒に盛り上がるには最高ですよ!
今回は初めてのチケット制でしたがどうでしたか?
朝早くから並んだり入れるかどうか心配しなくていいので気が楽でした。会場前もピリピリしていませんね。でもやっぱりお金がかかるので、行かないという友達も多かったです。
誰のステージが一番楽しみですか?
Super Juniorです!うまく言えませんが、13人ならではの魅力があるんですよね~。
特に好きなメンバーはいますか?
リーダーのイトゥクです。(左の女性)
ドンヘです。中国向けユニットSuper Junior-Mのメンバーでもあるんですよ。(右の女性)

会場内スナップ
会場内のあちこちには個性的な巨大垂れ幕がかけられ、盛り上げムードも万全!着席したファンたちが今か今かと開演を待ちわびます。あらかじめ所属事務所ごとに応援エリアが指定されており、それを参考に各自チケット購入時に席を選択できたため、青、赤、黄色、ピンクなどトレードカラーのペンライトの波がエリアごとに形成されていました。
2階はピンク、3階はブルー一色。巨大&派手な垂れ幕はステージからも目立つ!? 「まだかな、まだかな?」
そわそわと待つ時間も楽しいもの
大音響と共に開幕を告げるナレーションが!大歓声に包まれる会場

いよいよドリームコンサートがスタート!
いよいよドリームコンサートが開幕!17組の出演陣が華やかなステージを繰り広げてくれました。司会は前回に引き続きヒチョル(Super Junior)&ソン・ジヒョのコンビに、MCモンの3人。ヒチョルとMCモンの漫才のような掛け合いに、会場からは笑いも。ドリームコンサートは、翌日にSBSでテレビ放送もされました。
左からMCモン、ソン・ジヒョ、ヒチョル▶
●1部 18:30~20:40
1部は期待の新人らを中心とした構成。ポイントごとにそのようすをご紹介していきましょう!
<新人ガールグループに注目!>
幕開けを華やかに彩ったのは、今年K-POP界で注目されているガールグループ人気に拍車をかける新人女性アイドルグループ。デビューから約2ヶ月で各種音楽チャート1位を席巻しているT-ara(ティアラ)や、元Wonder Girlsのヒョナが所属する4minute(フォーミニッツ)、少女時代・ジェシカの妹が所属しデビュー曲「LA chA TA(ラタチャ)」で最近注目度ナンバーワンのf(x)(エフエックス)らが、キュート&セクシーなステージを披露してくれました。
T-ara 4minute f(x)
<少し大人っぽくなった男性アイドルグループ>
日本でも活動を開始したSHINee(シャイニー)は、デビュー曲と共に少年イメージの殻を1枚脱いだ「ジュリエット」のステージでたくさんの歓声を浴びていました。2AM(ツーエーエム)はその歌唱力を生かしたバラード「この歌(イ ノレ)」など2曲続けて披露しました。
SHINee コメントするSHINee 2AM
2PM(ツーピーエム)は代表曲「10点満点の10点」「Again,Again」で男性的な魅力を発揮。またリーダー・ジェボムの突然の脱退後6人でステージを披露することになったため、会場からはジェボムのカムバックを願うファンらのコールも巻き起こっていました。
<「さすが!」納得の中堅歌手>
1部で会場を1つに盛り上げてくれたのが、チェヨン。「ナ、ナナナ、ナンナンナナナンナ」「ソァ~」というサビの掛け合い部分で有名な代表曲「2人で(トゥリソ)」など2曲を披露して、会場のファンと呼吸を合わせるのに一役買いました。
◀チェヨンの「揺れて(フンドゥルリョ)」は振り付けもポイント
また最近ニューアルバムをリリースした男性R&Bシンガーの双璧とも言えるフィソンとパク・ヒョシンも登場。それぞれ新曲や代表曲など「さすが」と感嘆詞がこぼれそうな聴かせるステージで会場を包み込みました。何より、2人が故マイケル・ジャクソンを追悼して「Heal the World」を歌うなど、夢の共演が実現しました。
フィソン パク・ヒョシン 2人の夢の共演
<注目のスペシャルユニット>
最近「TTL(Time To Love)」などプロジェクトグループとして活動中のT-ara&超新星(チョシンソン)。超新星は今年日本メジャーデビューを果たし、今度の活躍も期待されます。またSuper Junior-Mが、最近韓国と中華圏でリリースし高い人気を得ている2ndアルバム「Super Girl」の韓国語ヴァージョンを初めて披露しました。
T-ara&超新星 Super Junior-M

●2部 21:00~22:30
休憩時間を挟み、2部では大人気歌手が集中的に登場。今をときめくトップアイドルグループのステージでは、
盛り上がりはピークに達していきました!
<「最強」若手ガールグループ>
K-POPガールグループの中でも、目下向かうところ敵なしの少女時代は、ヒット曲「Gee」をはじめ「願いを言ってみて(ソウォヌル マレバ)」の2曲を歌い、センセーショナルな人気を実感させる声援を受けていました。特に「Gee」は、性別に関わらず一緒に歌っている姿が見られましたよ。
また、メンバー入れ替え後人気急上昇しキュートな魅力で芸能番組にもよく登場するKARA(カラ)、今年デビューしたばかりですでに大きな影響力を見せ付けている2ne1(トゥエニワン)が、迫力のステージを繰り広げました。
KARA 2ne1 独特なファッションでも話題の2ne1
<中堅歌手の本領発揮!>
2部のスタートを切ったJEWELRY(ジュエリー)は、2008年ゴールデンディスク賞でデジタル音源大賞を受賞したヒット曲「One More Time」と新曲を披露、一気に会場を鷲摑みにしました!
◀「Baby,One More Time~」部分の「E.Tダンス」
音楽、芸能番組、ラジオDJなどマルチエンターテイナーなMCモン。ヒット曲「アイスクリーム」や新曲「インディアンボーイ」はノリが良く、まさにコンサートでみんなで盛り上がるには打ってつけでした!往年のアイドルgod(ジーオーディー)の元メンバーで、除隊後2ndソロアルバムをリリースしたキム・テウは、ハスキーな高音の歌声と圧倒的な歌唱力で、10年の歌手生活からにじみ出る貫禄のステージを見せ付けました。
また仲が良いことでも知られる2人は、かつて一緒に歌ったヒット曲「I Love U Oh Thank U」の懐かしいステージを披露。まったく異なる2人だからこそのシナジー効果には、感動すら覚えました。
MCモン キム・テウ 幻のステージが再現
<5人集結!国民的グループ・BIGBANGの帰還>
超人気グループBIGBANG(ビッグバン)のリーダーで、最近1stソロアルバムをリリースし話題を呼んだG-DRAGON。やはりライブのいいところは、テレビで見るより迫力とメッセージ性がビシバシ感じられるところですね。
G-DRAGONのソロステージ▶
他のBIGBANGメンバーが登場すると、歓声はさらにヒートアップ!会場の半分を埋め尽くしていたのではと思われる黄色いペンライトや「BIGBANG」と書かれた応援グッズが一挙に波打ち出しました。一世を風靡した「LIE(コジンマル)」などは会場全体を熱狂の渦に巻き込み、さらに途中交通事故に遭い療養していたD-LITE(テソン)がサプライズで登場すると、感極まって泣き出すファンも見られました。
<夢のコンサートのトリは…アジアを股にかけるSuper Junior!>
BIGBANGが出てしまったら残るは…そう、コンサートのトリを飾ったのは13人組アイドルグループのSuper Junior(スーパージュニア)!メンバーの2人が欠けた11人で、上半期最高の売上を記録したヒット曲「Sorry,Sorry」と「It’s You(ノラゴ)」のステージを披露しました。青いペンライトが波打ち、悲鳴のような歓声があちこちから聞こえてきました。またトリらしく、コメント時には会場全体を気遣う礼儀正しさも見せていましたよ。
<SM TOWN&フィナーレ>
SMエンターテイメントの所属歌手が総集結する企画アルバム「SM TOWN」。その2007年夏アルバムに収録された「旅に出よう(ヨヘンウル トナヨ)」が、Super Junior、少女時代、SHINee、f(x)らのスペシャルステージで披露されました。
そしてフィナーレでは全出演者が集合、華々しく花火が打ちあがる中、「ああ!大韓民国(ア、テハンミングッ)」を合唱して、約4時間にわたるコンサートが幕を閉じました。
◀フィナーレは全員集合!

歌手との一体感が感じられるような、夢のコンサートを楽しもう!
流行ものからスペシャルステージなど、とことんK-POPを楽しめる大祭典・ドリームコンサート。大規模な会場という物理的な距離感はありますが、色んな出演者がいるのにいつもステージと客席が互いに呼応し合っているような妙な一体感、不思議な魔力が感じられるイベントだと思います。今回初めてチケット制が導入され今後どうなっていくかは分かりませんが、毎年恒例で行きやすいので、一度は行ってみる価値があるK-POPイベントですよ!

★NaRoのおすすめK-POP★
秋といえばしっとりバラード。と言うワケで(?)、今回はキム・テウの1stアルバム「言いたいこと(ハゴシプンマル)」をご紹介します。このドリームコンサートでおそらく初めてキム・テウの生歌を聴いたのですが、かなり圧倒され感動すら覚えてしまったNaRo。そういえば昔1stアルバムを買ったはず…と引っ張りだして聴かねばと思う今日この頃です。god時代も歌と身長ではずば抜けていた記憶があります。
バラードやR&Bなど色んなキム・テウの歌が詰め込まれていて、秋の夜長に部屋で1人聴きたくなるような感じです。MCモンと一緒に歌った「I Love U Oh Thank U」や、元godのソン・ホヨン、Lyn、PSY(サイ)のフィーチャリング曲も入っていて、聴きごたえがあります。
キム・テウ
「言いたいこと(ハゴシプンマル)」
※一部CDのジャケット写真はEVAN RECORDSの提供によります。

NaRoのK-POP入門バックナンバー

  最終更新日:09.10.13
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第25回 ソウル歌謡大賞
インタビュー・レポート
GAON CHART K-POP AWARDS 2014
インタビュー・レポート
2014 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
2013 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
インタビュー・レポート
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]