韓国旅行「コネスト」 韓国マンガ事情~中編~ | エンタメ総合 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > エンタメ総合 > 韓国マンガ事情~中編~

韓国マンガ事情~中編~

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する

日本のマンガはどんな風に紹介されている?

韓国のマンガ事情~前編~」で触れたように、切っても切れない深い関係にある韓国と日本のマンガ。韓国では日本のマンガが数多く翻訳出版されており、中には「ドラゴンボール」「スラムダンク」など大ブームを呼んだ作品もあります。そこで中編では、「韓国における日本のマンガ」をテーマに、翻訳版がどのように作られているのか、韓国のマンガと日本のマンガはどう違うのか、など様々な角度からスポットを当ててご紹介します。
それでは、翻訳マンガの世界へオソオセヨ(ようこそ)~!

3大マンガ出版社・鶴山文化社の編集者にインタビュー!
「翻訳マンガについて詳しく知りたい!」と、韓国の3大マンガ出版社の1つであり「神の雫」を翻訳出版したことで知られる「鶴山(ハクサン)文化社」にお邪魔してお話を伺いました。
編集者出身で設立時から鶴山文化社に身を置くチャン・ジョンスク理事と、翻訳版「神の雫」の担当編集者でもあるファン・ジョンア単行本編集部課長が、お忙しい中快くインタビューに応じてくださいました。

◀ 左からチャン理事、ファン課長
(インタビュー場所:鶴山文化社1階マンガカフェ「COMIC COZZLE」
※現在は別の業者が運営しています。)

韓国のワインブームを加速させた「神の雫」
鶴山文化社が「神の雫」を翻訳することになったいきさつを教えてください。
ファン課長(以下課長):作者の亜樹直(あき・ただし)先生は、その緻密なストーリー構成で、もともと韓国でも知名度がありました。6つのペンネームがあって、「金田一少年の事件簿」や「サイコメトラーEIJI」「クニミツの政」「GetBackers-奪還屋-」など様々なジャンルの人気作品を執筆されており、「神の雫」も複数の出版社が取り合う形になったんですが、幸い私たちが受け持つことになりました。
「神の雫」は人気作「サイコドクター」と同じコンビによる作品として話題性はありましたが、6つのペンネームについては知らない読者も多かったので、先生の作品コーナーを設置して「神の雫」をPRする書店もありました。でも最初は「ワイン」という限られたジャンルの題材のマンガが、まさか韓国でここまでヒットするとは思いませんでしたね。

チャン理事(以下理事):「神の雫」の場合は、すでに韓国でワインブームが起こり地盤ができていたので、絶好のタイミングでした。「神の雫」がワインブームに油を注いで、シナジー効果を生んだと言えるでしょう。

▲韓国語では「シネ ムルパンウル
(神の水滴)」と発音
「神の雫」の翻訳に関するエピソードをお聞かせください。
課長:タイトル決めで大分悩んだ思い出が…。「雫」という日本語はその言葉の持つ背景によって「ムルパンウル(水滴)」とも「ハンバンウル(一滴)」とも訳すことができます。それで最初、「水滴」がいいか、それとも最高のワインの結晶という意味で「一滴」がいいかでとても悩みました。意味が明らかになった今にして思えば、「何をそんなに迷っていたのかしら」と笑い話ですけど(笑)
翻訳者がもっとも苦労していたのは、ワインの名前の表記です。フランス語やイタリア語、英語で登場するワインの名前がすべて日本式の発音表記なので、原語表記を調べてそこからさらに韓国語の表記を探すという二重の手間がかかりました。
理事:この作品は、最初から専門家の監修を受けて翻訳を行いました。こういう専門性を帯びた作品は、発音表記から事実資料まで、正確性が肝心ですから。それでも細かい部分について、最初はワインに詳しい読者から指摘やクレームもあり、試行錯誤を繰り返した作品です。

韓国版ドラマ化について何か進展があれば教えてください。
理事:まだ何とも言えませんが、引き続き協議中です。作者の亜樹直先生がペ・ヨンジュン氏のファンということで、ペ・ヨンジュン氏をキャスティングする、という程度のことは決まっています。海外での映像化は、日本国内で先に映像化してから許可することがほとんどなので、「神の雫」も同じように日本でドラマ化した様子を見てからという話になっています。


遠峰一青はヨン様がモデルとなった▶

日本大衆文化開放を前後して変化した翻訳マンガ


昔の翻訳マンガを見ると、登場人物名やタイトルが原作と違うことがありましたが、最近はあまりないようです。いつごろから変化が?
理事:1998年の第一次日本大衆文化開放で、日本語出版物の発行が可能になった頃からでしょうね。それ以前は表向きは日本大衆文化に接することができなかったので、ほぼすべて人物名・地名など韓国式に変えていました。例えば「SLAM DUNK」なら、「桜木花道」は「カン・ベクホ」、「赤木剛憲」は「チェ・チス」、「流川楓」は「ソ・テウン」という具合です。これでアニメも放送されましたし、今でも読者には韓国名で知られています。日本の作品ということはみんな知っていましたが、設定まで日本式で受け入れる用意がまだできていませんでした。また韓国のマンガは左開きなので、98年以前は日本のマンガは裏返し印刷していて、特にスポーツ物は作品内の文章と矛盾が生じることもありました。
でも98年頃からはインターネット上で日本文化に触れる機会が増え、むしろ韓国式に変える方が不自然で読者も望まなくなっていきました。「SLAM DUNK」は26巻(1995年発行)から右開きになりました。今は変える必要がほぼなくなりましたね。
▲登場人物は全員「韓国人」 ▲右利きは左利きに。ユニフォームには
ベタリと韓国語の学校名が
▲マンガの中では、地域名は「△△」に ▲完全版「スラムダンク」は、
人物名以外は原作通り&右開き
理事:過渡期には、日本名の漢字を韓国式発音に変えたこともありました。日本側から「せめて漢字名だけでも生かしてほしい」と言われてのことでしたが、逆に不自然な名前になってしまいました。例えば「クッキングパパ」は、主人公の名前が「イルミ(一味)」、後輩の名前が「チョンジュン(田中)」と、日本名でも韓国名でもない中途半端な名前になっています。途中で日本式表記に変えた作品もありますが、これは100巻以上もある長編なので途中で名前を変えることもできず、今まで続いているケースです。

▲赤線部分の전=田、중=中
「クッキングパパ」102巻より
日本的な言い回しや背景は、韓国の読者が理解しにくい部分もあるのでは?
課長:最近は、名前や地名に意味がある場合は注釈を入れるようになっています。例えば「神の雫」の主人公「雫」はタイトルに共通していますが、かといって名前を「ムルパンウル」と翻訳するわけにもいかないでしょう(笑)。作品内では日本語の発音そのままで表記して、漢字で補足するようにしています。
最近は日本について詳しい読者が多くて、原作と同じものを求める読者のニーズが増えています。タイトルも昔は変えることもありましたが、今は特別な理由がない限り原題を反映しています。

理事:翻訳マンガが始まった当初は日本語的な表現が韓国語に悪影響を及ぼすという声もありましたが、それを言ってはマンガとしての面白さが半減しますし、最近の若者は違和感なく受け入れているようです。
▲ 「金田一少年の事件簿」は
「少年探偵キム・ジョニル(金 田一)」
▲ 「彼氏彼女の事情」は
「その男!その女!」
▲ 「ONE PIECE」は原題通り、
装丁もほぼ一緒
登場人物の愛称や言葉遣いなども区別するのでしょうか?
課長:日本では名前に「ちゃん」や「君」を付けたり、苗字に「さん」を付けて呼んだりしますが、韓国ではそういう習慣がないので、読者が分かりやすいように普通は名前で統一しています。ただ、例えば「マキコ」という名前で「マーちゃん」という呼び方をする場合は「マキ」程度に表現するなど、一定のルールのもとに翻訳しています。これは日本ドラマの翻訳にも見られるルールです。若干マニアックな作品の場合は、読者のニーズに応えて原作の呼び方をそのまま反映することもあります。

理事:例えば「クレヨンしんちゃん」の主人公しんのすけは大人に対しても友達言葉で話しかけますが、韓国では教育上丁寧語で翻訳されています。すべて丁寧語に変えるわけではありませんが、韓国社会に合わせてより自然になるように調節しています。

▲子ども(学習)マンガは
口調にも気を遣う

審議の結果によってはマンガに修正を加えることも

▲単行本上部には
「19歳未満購読不可」の赤い表示が



暴力的・性的場面などは刊行物倫理委員会で審議の対象となりますが、日本のマンガにも適用されるのでしょうか?またそれはどのようなシステムでしょうか?
理事:もちろん日本マンガにも適用されます。90年代初頭は事前審議でしたが、今は事後審議です。その審議で7~10人ほどの審議委員が読んで、過半数以上の「警告」が出たら、「19歳未満購読不可」という表示をしなければいけません。普通は発行後3ヶ月以内に結果が出て通達が届きます。ただしこちらで再審議を行って異議を申し立て、委員会での再審議を通じて3分の2以上の同意が得られたら、表示は免れます。約1ヶ月の猶予期間があって、審議の間も販売には支障はありません。
ただし「19歳…」の表示は人々に「不法マンガ」というイメージを与えてしまうので、
特にシリーズ物の場合は途中にそれが挟まると打撃が大きいです。最近は大分緩和され、韓国のマンガ家も果敢に描くようになりましたが、やはり日本のマンガは審議で引っかかるものも多いです。

理事:規定フォームは毎年委員会から送られてきます。ただ、「はなはだ扇情的」「社会反抗的」など基準は各審議委員の観点によって異なってくる一貫性のないもので、私たちがそれに振り回されやすいですね。社会的風潮によっても反応が異なります。例えば暴力事件や殺人事件が起こると暴力シーンや扇情的なシーンに厳しくなったりします。

課長:ジャンルによっても異なります。恋愛物や学園物でいきなりベッドシーンが出てきたり、刃物片手にケンカするシーンがあるとすぐに引っかかりますが、ホラー物や戦争物などはストーリーの関係上、大きな部分は目を瞑ってくれたりもします。

▲刊行物倫理委員会ホームページにも審議基準が載っている

▲「龍狼伝 中原繚乱編2」の修正例。
丸印が修正箇所
具体的にはどのように修正するのですか?
課長:場面全体をどうこうするとストーリーに影響を及ぼすので、部分的に隠すことが多いですね。例えば、人間の体が切断されるシーンだったら、切断時に見える骨の断面が見えないように手を加えたり、字を入れて隠すという方法を取ります。三国志を題材にした「龍狼伝」(山原義人)の場合は、そういう細かい修正がよくあります。普通日本側から修正箇所の了承が得られないということはまずありませんが、どうしても必要なカットだと言われたら無修正で出版しています。出版社によっては、修正箇所がある場合、版権部分にその旨を明記することもあります。
これでも最近は大分ましになった方です。80年代末~90年代初めは、キスシーンも花で隠さなければいけなかったんですよ(笑)。


翻訳マンガが始まった当初と比べて、翻訳マンガが大きく変わった点は何でしょう?
理事:めざましい変化を遂げたのは、やはり「クオリティ」でしょう。できる限り原作に忠実に再現することは、翻訳・装丁などすべてにおいて高いレベルが要求される作業です。また読者の見る目も鍛えられています。最近はインターネットが普及して、オンライン上で作品の批評や討論なども行われるので、そういう面でも制作に気を遣いますね。
最近は、「神の雫」のワイド版のように韓国独自の企画出版もあり、日本の出版社にも好評を得ています。

▲「神の雫」ワイド版(右)は
中年層を対象に再装丁

日本と韓国の情緒のちがいがマンガにも


日本のマンガと韓国のマンガはとても似ていますが、違いがあるとしたらどんな点ですか?
課長:日本はジャンルが本当に豊富で、マイナーな題材や職業に注目した作品も扱えることが少し羨ましいです。またトレンディー物や学園物では共感できる部分も多い反面、時々「韓国だったらこういう展開にはならないだろう」と思うこともあります。例えば、韓国では必ずといっていいほど恋愛関係に発展してラストを迎えますが、日本は最後まで友情が続くストーリー展開が可能です。日本と感情の流れが少し違うのかもしれませんね。

理事:韓国人はリアルで複雑な人間関係や展開を好む傾向にあるのでしょう。それに対して日本はもう少しシンプルですね。文化や情緒の違いがマンガにも現れているのではないでしょうか。
韓国では人気が出なかった日本のマンガはありますか?
課長:基本的に、日本で人気がある作品を翻訳するため、人気が出ないというケースはほぼありません。むしろ韓国のマンガ市場は日本より小さいため、日本の幅広いジャンルと人気作品の数に追いつかない感じです。

理事:ただ、日本人の情緒や感性に訴えかけるような作品や、予備知識が必要な作品、日本の歴史を描いた作品などは出版が難しいですね。「三国志」など中国史や西洋史を描いた作品や、日本史でもドラマチックなストーリー展開があれば問題ありませんが。

課長:鶴山文化社で翻訳した作品では、「遮那王義経」(沢田ひろふみ)が好評でした。また、新撰組を題材にした作品が歴史物ではもっとも人気があり、色んな出版社から翻訳されています。

歴史物でもドラマチックなストーリーで好評の「遮那王義経」▶

日本で紹介されている韓国の「MANHWA(マンファ)」


最近は韓国マンガの海外進出、日韓合作マンガも増えていますが、鶴山文化社ではいかがでしょうか?
理事:以前は主に台湾など東南アジアに輸出していましたが、市場規模は小さいものでした。フランスの「アングレーム国際マンガ祭」に、2003年に初めて主賓として招待されて以来、フランス、アメリカを始めとする欧米諸国からも注目され、輸出量が増え始めました。現在は35ヶ国に輸出しています。
でも日本に対しては、まだまだこれからですね。やはり世界一のマンガ大国なのでプライドも高く、大手出版社は韓国マンガを輸入するより、韓国のマンガ家と直接契約して雑誌に掲載したりします。むしろ私たちが逆輸入したり、同時連載するケースが多いですね。今は一歩ずつ進んでいる段階です。
日韓合作マンガはどの出版社もある程度の成功を収めています。鶴山文化社で行ったものでは、「プルンギル -青の道-」があります。これは原作者が、「PLUTO」(浦沢直樹)プロデューサーであり「20世紀少年」(浦沢直樹)のプロット共同制作者でもある江戸川啓視先生です。日本と韓国という距離的な問題があり、とても大変な作業でした。創作というものは隣にへばりついて逐一チェックしなければいけないので、いくら互いの言語に長けた編集者が間に立っても限界があるんです。それでも日韓合作は話題にもなりますし、実行することに意味があるので、努力を続けています。
▲ 逆輸入作品
「死がふたりを分かつまで」
(原作たかしげ宙、作画DOUBLE-S)
▲ 同時連載作品「FREEZING」
(林達永&金光鉉)
▲ 日韓合作作品
「プルンギル -青の道-」
(原作江戸川啓視、作画クォン・カヤ)
最後に今後の抱負について教えてください。
理事:「韓国マンガの産業化」が目標です。1つのマンガを作るのに作家も出版社も力を注ぎますが、市場が狭いため思うようにいかないのが現状です。そのため「宮」や「フルハウス」「いかさま師 ~タチャ」のように、韓国マンガがドラマ・映画・アニメ化するメディアミックスが重要で、編集者としても大きな夢です。そういう意味でも、日本の活発なマンガ産業は韓国マンガ界が注目するところですね。原作者・出版社ともに利益を得られるように頑張っています。

●鶴山文化社
マンガ出版で知られる大手総合出版社・鶴山文化社。1995年に大元(テウォン)CIから分離するかたちで設立され、少年マンガ誌「チャンス」、単行本「チャンス・コミックス」とともにマンガ市場進出。その後1997年に純情(少女)マンガ誌「Party」、1998年に成人(青年)マンガ誌「Booking」を発刊し、さらにキャラクターブランド「ANILAND」など各種キャラクターライセンス事業、児童書まで手がけている。
日本のマンガでは、「クッキングパパ」「はじめの一歩」「ハチミツとクローバー」「鋼の錬金術師」「GTO」「将太の寿司」「寄生獣」「HUNTER×HUNTER」「神の雫」など有名作品を多数翻訳・出版。
2007年には自社ビル内にマンガ専門店「COMIC COZZLE(コミック・コージュル)」をオープン。地下鉄7号線上道(サンド、Sangdo)駅1番出口すぐ。

韓国における日本のマンガは、紆余曲折はあったものの、長い時間を経て韓国社会に受け入れられていきました。日韓の文化的背景の違いから、現在も必要に応じて修正や注釈を加える必要があるものの、タイトルから登場人物名に至るまで、原作の通りほぼ忠実に出版され、読者がそれを望んでいるという点が大きな変化と言えるでしょう。最近は多様なジャンルの作品が、ほぼ時間差なく韓国で翻訳出版されています。日本文化を伝えるツールとして、「マンガ」の役割の大きさを感じずにはいられませんね!
第3回では、韓国オリジナルのマンガ情報をお届けします。韓国マンガを知るには、まずは人気作品を読むことから。おススメの韓国マンガをご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

関連記事

  最終更新日:09.08.24
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第4週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第2週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第5週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第3週
エンタメ総合
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]