韓国旅行「コネスト」 韓国マンガ事情~前編~ | エンタメ総合 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > エンタメ総合 > 韓国マンガ事情~前編~

韓国マンガ事情~前編~

お気に入りに追加 (登録者 : 7人) 印刷する
「MANHWA(マンファ)」の国・韓国
2009年に100周年を迎えたとされる韓国のマンガ。韓国マンガ原作の人気ドラマ「宮~Love in Palace~」や、日本マンガ原作の韓国版「花より男子」などで韓国のマンガをすでにご存知の方も多いでしょうが、韓国は日本とは「似て非なる」マンガの国です。最近では、韓国マンガは「MANHWA(マンファ、漫画の意)」という独自のジャンルとして世界的にも知られてきています。

そんな韓国の「マンファ」の発展には、日本の「マンガ」も大きく関係しています。韓国のマンガの歴史から、「韓国にはどんなマンガがあるの?」「日本のマンガも人気なの?」という素朴な疑問まで、韓国のマンガ事情をシリーズでご紹介しましょう。
マンガの種類と主な作品
マンガの種類
マンガの種類は日本と似ており、少年マンガ、成人マンガ、純情マンガが主流です。ごく最近はウェブトゥーン(オンラインマンガ)の発達もめざましく、オンライン専用マンガ雑誌なども登場。これ以外には、スポーツ新聞などで短いマンガが連載されています。
時事(新聞)マンガ 少年マンガ 成人(青年)マンガ 純情(少女)マンガ
子ども(学習)マンガ カートゥーン
(1コママンガ、子供向けアニメ)
ウェブトゥーン
(オンラインマンガ)
独立マンガ
(アンダーグラウンド・コミックス)
主なマンガ雑誌と連載作品
マンガで有名な出版社は、以下の3社です。それぞれ週刊・月刊誌や各種単行本を発行しています。国内のマンガ家による作品をはじめ、日本のマンガ家の作品もライセンス契約を通じて翻訳連載・発行しています。
※2009年6月現在
出版社 少年マンガ 成人マンガ 純情マンガ
ソウル文化社
(www.ismg.co.kr)
◎雑誌:「IQジャンプ」/主な連載:「名探偵コナン」(青山剛昌)、「PLUTO」(浦沢直樹)など . ◎雑誌:「wink」/主な連載:「宮」(パク・ソヒ)など
◎雑誌「ミンク」/主な連載:「しゅごキャラ!」(PEACH-PIT)など
大元(テウォン)CI
(www.daiwon.co.kr)
◎雑誌:「コミックチャンプ」/主な連載:「ONE PIECE」(尾田栄一郎)、「NARUTO」(岸本斉史)など
◎雑誌:「スーパーチャンプ」(オンライン)/主な連載:「ウィッチハンター」(チョ・ジョンアン)、「退魔針」(菊池秀行作、シン・ヨングァン画)など
◎雑誌:「ヤングチャンプ」/主な連載:「KARMA」(チョ・ジュニ)、「ベルセルク」(三浦健太郎)など ◎雑誌:「issue」/主な連載:「CIEL」(イム・ジュヨン)、「パピヨン -花と蝶-」(上田美和)など
鶴山(ハクサン)文化社
(www.haksanpub.co.kr)
◎雑誌:「チャンス」/主な連載:「ツバサ」(CLAMP)、「メタルハート」(ユン・ジェホ)など ◎雑誌:「Booking」/主な連載:「バガボンド」(井上雄彦)、「クレヨンしんちゃん」(臼井儀人)、「VERITAS」(キム・ドンフン、ユン・ジュンシク)など ◎雑誌:「Party」/主な連載:「和気あいあい 花木高」(パク・ソンギョン)、「魔女とパーティー」(ソ・ウンジン)など
韓国マンガに接してみよう~歴史探訪~
1909~1950年代
イ・ドヨン「挿画」
イ・ドヨン「挿画」
現代マンガのルーツ(1909~)
韓国マンガの発祥は、東洋画にルーツを持つ新聞マンガに遡ると言われています。1909年6月2日創刊の「大韓民報(テハンミンボ)」に掲載されたイ・ドヨンの木版マンガ「挿画」が最初で、1年後に「大韓民報」が廃刊となるまで連載されました。

ほかにも多数の画家によって新聞連載や単発寄稿、挿絵などが描かれ、1920年代には四コママンガや娯楽マンガも登場しましたが、社会風刺など時事漫画、漫評が主流でした。
「野談」
「野談」
現代マンガのはじまり(1945~)
日本植民地時代から解放された1945年以降、いわゆる現代マンガが発展していきました。1948年には初のタブロイド版マンガ雑誌「マンガ行進」、49年には「マンガニュース」などが創刊されましたが、長くは続きませんでした。この頃の代表的マンガ家は、キム・ソンファン、キム・ヨンファン、キム・イファンら。しかし出版社は零細で、マンガは買って読むよりは、文房具店などの店先で客寄せに使われるものでした。

その後朝鮮戦争(1950~53年)が勃発し、マンガは避難民が押し寄せた釜山(プサン)で盛んになりました。

「学園」や現在まで続いている「セボッ(新しい友)」など子ども向け雑誌の創刊を皮切りに、「実話」「青春」「野談」「アリラン」といったマンガが掲載された成人雑誌が次々と登場しました。特に韓国軍の活躍を描いたキム・ソンファンのマンガ「トトリ勇士」は人気作品でした。
マンガ房の登場(1950~)
1956年、初のマンガ雑誌「マンガ世界」の創刊を機に、マンガ雑誌や単行本が出版されはじめました。この頃登場したのが「座販(チャパン)」と呼ばれるマンガ露店です。書店から卸値でマンガを購入し、市場や公園の路上にマンガを並べて道行く人にマンガを読ませ代金をとるものでした。1957年にソウル総販(卸売店)が登場した後は、出版社-総販-座販の流通ルートが確立、全国的に拡大していきました。以後座販は、現在でも町ごとにあるレンタルマンガ兼マンガ喫茶「マンガ房(マナバン)」へと発展していきますが、当時マンガはまだ「借りて読むもの」だったようです。
「マンガ世界」
「マンガ世界」
当時のマンガ房のようす
当時のマンガ房のようす
「キャンディ・キャンディ」の海賊版は、作者欄に「NAKAYOSI」とだけ書かれている
「キャンディ・キャンディ」の海賊版は、作者欄に「NAKAYOSI」とだけ書かれている
日本海賊版マンガの流入(1950~)
1950年代は、日本マンガが流入し、不法コピーが行われるようになった時代でもあります。その代表的な例が、1940年代の日本のマンガ「少年ケニア」の不法コピー版「ジャングルの王子」です。

釜山の業者によって持ち込まれ、このマンガの複製技術がのちの海賊版マンガの典型になったとも言われています。海賊版マンガは、その作者名が韓国人あるいは不透明になっているのが特徴で、海賊版マンガと意識されずに読まれていたようです。

70年代には「キャンディ・キャンディ」「ベルサイユのばら」などの海賊版が登場し、のちの純情マンガに大きな影響を与えました。
1960~1980年代
抑圧されるマンガ文化(1960~)
60年代はマンガ房を中心にマンガが発展。しかし60年代後半からの軍事政権下で、マンガは子どもに悪影響を与えるとして「6大社会悪」に指定され抑圧されはじめます。まず1968年に児童マンガ倫理委員会が発足(のちの刊行物審議倫理委員会マンガ部)、マンガ房のマンガに対する事前検閲が行われるようになります。「低俗」「暴力的」「虚無的」「反抗的」などあいまいな審議基準でしたが、社会批判的要素は細かくチェックされました。こうしてマンガ房のマンガは徐々に内容が単純化し、比較的審議のゆるい雑誌マンガが頭角を現し始めます。また、日本との国交断絶により日本の海賊版マンガが審議の対象外となっていたことが、逆に海賊版マンガの流通に拍車をかけました。
カラー付きのマンガ雑誌「セソニョン(新少年)」は、

現代の雑誌に近いかたち
カラー付きのマンガ雑誌「セソニョン(新少年)」は、
現代の雑誌に近いかたち
「ライファイ」は当時のSFマンガの代表作だが、倫理委員会はSFジャンルを「荒唐」と考えた
「ライファイ」は当時のSFマンガの代表作だが、倫理委員会はSFジャンルを「荒唐」と考えた
テコンVの人形
テコンVの人形
マンガ雑誌の台頭と単行本化(1970~)
マンガ雑誌の台頭とともに、70年代はマンガ雑誌に連載された人気作品の単行本化が始まった時代です。もっとも多くの単行本化が行われた「クローバー文庫」シリーズは、100ページ程度だった従来のマンガ房のマンガに対して250ページほどで構成されていました。70年代後半にはより高級化した書店用の単行本も多数出版されました。

この頃少年マンガでは、日本の「マジンガーZ」の影響を受けた「ロボットテコンV」などSFジャンル、「新版宝島」などのコメディジャンルが多数登場し、人気を得ました。
純情マンガも人気でしたが、審議会による厳しいチェックからやがて沈滞し、引き続き日本の海賊版マンガが多く読まれていました。
激動の80年代
初のマンガ専門誌「宝島」(82年)、成年マンガ専門誌「マンガ広場」(85年)創刊によって、本格的なマンガ雑誌時代が訪れました。依然として軍事政権下にあった80年代は、スポーツや財閥、アクションといった題材のマンガがヒットしました。当時を代表する作品としては、イ・ヒョンセ「恐怖の外人球団」、パク・ボンソン「神の息子」、コ・ヘンソク「腰絶腹痛 不請客」、イ・チンジュ「走れハニー」などがあります。また「食客」で有名なホ・ヨンマンも、この頃スポーツ、哲学、SFなど多様なジャンルのマンガを世に送り出しました。長編マンガが多数登場したのもこの頃です。純情マンガでは、ファン・ミナ「われらは道に迷った小鳥を見た」などが有名。

またこの時期マンガが読者層を広げたことにより、農民や労働者、現代社会を描いたリアリズムマンガの登場を呼び、民主化運動の手段としても使われました。
「宝島」
「宝島」
イ・ヒョンセ「恐怖の外人球団」
イ・ヒョンセ「恐怖の外人球団」
イ・チンジュ「走れハニー」
イ・チンジュ「走れハニー」
「IQジャンプ」創刊号
「IQジャンプ」創刊号
88年民主化宣言以降は、「マンガ王国」「週間マンガ」「IQジャンプ」「ルネッサンス」といった各種マンガ専門誌が次々と創刊され、多様なジャンルのマンガが連載を始めました。

純情マンガ専門誌「ルネッサンス」にはファン・ミナやキム・ジン、キム・ドンファ、シン・イルスク、キム・ヘリンら代表的純情マンガ家が大挙連載し、のちの純情マンガ発展の基盤を作り上げました。
1990年代~現在
初の成人マンガ専門誌

「MR.BLUE」
初の成人マンガ専門誌
「MR.BLUE」
マンガ全盛期(1990~) ~日本マンガのライセンス版登場~
90年代も引き続き、少年マンガ専門誌「少年チャンプ」、成人マンガ専門誌「ヤングジャンプ」「ヤングチャンプ」、純情マンガ専門誌「テンギ」「タッチ(現issue)」「wink」「ミンク」、成人純情マンガ専門誌「White」などが創刊されました。特に純情マンガの勢いが目覚しく、カン・ギョンオク「ノーマルシティ」、シン・イルスク「リニージ」、ファン・ミナ「レッドムーン」、キム・ヘリン「北海の星」「火の剣」、イ・ウネ「BLUE」、キム・ジン「風の国」、ウォン・スヨン「フルハウス」など数多くのマンガが人気を得ました。また、スポーツ新聞にもマンガが連載されるようになりました。
各種純情マンガ専門誌
各種純情マンガ専門誌
キム・ジン「風の国」は

18年間続いた超大作
キム・ジン「風の国」は
18年間続いた超大作
この頃からマンガ市場は、ソウル文化社、大元CI、鶴山文化社の3大出版社が占めるようになります。

「ドラゴンボール」「スラムダンク」「セーラームーン」「花より男子」「赤ちゃんと僕」「動物のお医者さん」といった日本のマンガは、正規のライセンス契約を経て各マンガ専門誌に翻訳連載され、単行本も人気を博しました。こうして海賊版は姿を潜めていきます。
貸本屋(チェッパン)
貸本屋(チェッパン)
しかしいじめなどの増加による青少年保護法(96年)制定で、マンガは青少年有害物として再び規制されるようになります。真っ先に減ったのは成人マンガでした。

また97年のIMF経済危機によって国民的に節約が迫られると、破格の値段で読める貸本屋(チェッパン)が急増し、各出版社は貸し本用マンガというジャンルを作らざるを得なくなり、以後マンガ市場は貸し本中心へと逆戻りしていきます。
それぞれのカップルの物語で人気となった「純情漫画」
それぞれのカップルの物語で人気となった「純情漫画」
話題を呼んだ映画「純情漫画」
話題を呼んだ映画「純情漫画」
拡散するマンガ
インターネットが普及した2000年代には、インターネット上で楽しむオンラインマンガ、ウェブトゥーンが登場しました。97年からオンライン「朝鮮日報」で連載されたパク・クァンスの「クァンスセンガッ(クァンスの考え)」の人気を機に、以後縦スクロールで読んでいくウェブトゥーンが定着していきます。代表的なマンガとしては、シム・ヒョンスン「パペポポメモリーズ」、カン・プル「純情漫画」があります。

また、近年になって「ギリシア神話」「ことわざ」などを題材にした子ども(学習)漫画も登場し始めました。
2000年代はマンガの映像化も特徴のひとつで、マンガ原作のドラマや映画がたくさん製作されています。韓国マンガでは、ホ・ヨンマン「食客」「いかさま師 ~タチャ」をはじめ、パク・ソヒ「宮」、ウォン・スヨン「フルハウス」、キム・ジン「風の国」、イ・ヒョンセ「恐怖の外人球団」(ドラマ名は「2009外人球団(邦題:ストライク・ラブ)」)、ウェブトゥーン「純情漫画」などがあります。
「宮」はマンガもドラマも大ヒット
「宮」はマンガもドラマも大ヒット
ドラマ「フルハウス」は

Rain(ピ)とソン・ヘギョ主演で人気に
ドラマ「フルハウス」は
Rain(ピ)とソン・ヘギョ主演で人気に
参考文献:・『マンガ 韓国マンガ100年』(韓国マンガ100周年委員会、2009)
・山中千恵「韓国マンガにおける日本の位置付け-日本マンガの需要史-」(『年報人間科学』Vol.22、大阪大学大学院

参考資料:・人間科学研究科社会学
・人間学・人類学研究室、2001)
マンガ専門店「漢陽TOONK」の店長に聞く!
弘大(ホンデ)エリアに位置するマンガ専門店「漢陽(ハニャン)TOONK」は、98年のオープン以来10年以上続いている、マンガ専門店の代表格。韓国マンガ文化について、さっそくお話を伺ってみました!
キム・ギソン店長
キム・ギソン店長
オープン当時はマンガ房や貸与店が全盛期でしたが、弘大は美術系が有名なので、マニアを中心に有名になりました。

ただ韓国マンガ市場は日本のように大きくないので、韓国のマンガ家が日本の出版社と直接契約するケースも多く、マンガ市場が育たない悪循環を生んでもいます。今でも国内で販売されるマンガの6~7割は日本翻訳版で、売れ筋マンガも日本の「NARUTO」や「ONE PIECE」など。韓国のマンガ市場を日本のマンガが引っ張っているのが現状でしょう。韓国のマンガ家の作品も松本大洋や井上雄彦のように愛蔵版で出るくらいになってほしいですね。
それでも最近は、マンガのクオリティの向上で、「買って読む」「所蔵する」読者が増えていますね。ウェブサイトで「立ち読み」して、本当に欲しいマンガを購入するんです。大人買いする社会人も多いですよ。むしろマンガ房や貸与店は減っています。
左:パク・ヒジョン「Martin&John」、

右:シン・イルスク「アルミアンの4人娘」
左:パク・ヒジョン「Martin&John」、
右:シン・イルスク「アルミアンの4人娘」
左:パク・ソンウ「NOW 薙雨」、

右:高橋ツトム&キム・ジョンヒョン「無影」
左:パク・ソンウ「NOW 薙雨」、
右:高橋ツトム&キム・ジョンヒョン「無影」
(左から)「MONSTER」「ROUGH」「金田一少年の事件簿」の翻訳版
(左から)「MONSTER」「ROUGH」「金田一少年の事件簿」の翻訳版
その作風から日本マンガと相通じる部分が多い韓国マンガ。その背景には、日本マンガの影響も受けていた初期のマンガ家たちが基盤を作ったことが関係しているようです。また最近は再び書店にもマンガが置かれるようになりましたが、「マンガは借りて読むもの」というイメージは今も強く、韓国のマンガ家の地位は依然として高くないのが現実のようです。

韓国マンガ史についてよりディープに知りたいという人は、ソウル近郊の富川(プチョン)市にある韓国漫画博物館に足を運んでみて下さい。
また、「韓国のマンガ事情・中編」では、韓国マンガの特徴や日本マンガとの関係によりクローズアップする予定ですので、ご期待下さい。
関連記事

掲載日:09.06.22   最終更新日:13.12.03
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第4週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年11月第2週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第5週
エンタメ総合
韓国映画ランキングTOP5~2016年10月第3週
エンタメ総合
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]