韓国旅行「コネスト」 歌手をCheckしよう!~男性・初級編~ | K-POP入門 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > エンタメ&韓流 > K-POP入門 > アーティスト紹介 > 歌手をCheckしよう!~男性・初級編~

歌手をCheckしよう!~男性・初級編~

お気に入りに追加 (登録者 : 16人) 印刷する
有名なのも人気なのも分かる、名前も聞いたことはある。でも正直その歌手はどんな人で、どんな活動をしているの?という素朴な疑問を解消していこうという歌手紹介編。今さら聞けないわ、なんて方も、一緒にさくっとチェックしてみましょう!まずは、韓国では誰でも知ってる!という「定番」歌手・男性編!
ソロ歌手
【シン・スンフン】「バラードの皇帝」とはカレのこと!
「バラードの皇帝」を始めさまざまな別名を持つシンガーソングライター、シン・スンフンは、90年代を代表する「国民歌手」の1人です。2集タイトル曲「見えない愛」が歌番組・SBS人気歌謡で14週連続1位という記録を打ち立てギネスブックに掲載されたのを始め、1998年にはアルバム売上1千万枚を突破するという快挙も成し遂げました。

近年は日本や中国などアジアでの活動や各種チャリティーイベントなどにも積極的に参加しています。
PROFILE
生年月日:1968年3月21日(陰暦)
主なジャンル:バラード
活動略歴:1990年「微笑みに映った君」でデビュー、2001年「猟奇的な彼女」OST参加(「I Believe」)、2006年「The Romanticist」(10集)、2008年「Radio Wave」(プロジェクトアルバム第1弾)発売など
主な受賞歴:2008年アジアソングフェスティバル アジア最高歌手賞

クローズアップ情報
・2007年日本チャリティーイベント「森山 with FRIENDS」で美智子皇后が歌声を称賛
・2009年大韓航空イメージソング「空近く」、ドラマ「テロワール」(2008)OST参加
・親しい芸能人は、イ・スンファン、キム・ジョンソ、リュ・シウォン、キム・ミンジョンなど

関連サイト
韓国公式サイト www.shinseunghun.com (韓国語)
韓国ファンクラブ seunghunfan.com (韓国語)
日本ファンクラブ hunyfamily.jp (日本語)
【Rain(ピ)】 歌に演技に大活躍の「ワールドスター」!
K-POP界のヒットメーカー、JYPエンターテイメント代表パク・チニョンのプロデュースでデビューした、「ダンスマシーン」とも呼ばれる実力派ダンス歌手Rain(ピ)。

数々のヒット曲を飛ばし、12ヶ国ワールドツアーを機に「ワールドスター」という別名も付けられました。日本でも公演やアルバムリリースを通じて人気を得ています。

忙しいスケジュールの中でもダンスや歌の練習を怠らず、目標のために努力を惜しまないことでも知られています。役者としても活躍しており、ハリウッド映画にも出演しています。
PROFILE
本名:チョン・ジフン
生年月日:1982年6月25日
主なジャンル:ダンス
活動略歴:2002年1集「noo1」でデビュー、2003年「太陽を避ける方法」、2004年「It’s Rainning」、2006年「Rain’s World」、2008年「Rainism」(初プロデュースアルバム)発売など
主な受賞歴:2008年ゴールデンディスク賞ディスク部門本賞

クローズアップ情報
・2009年にファッションブランド「SIX TO FIVE」を立ち上げ
ロッテ免税店のCMモデル
・Rainの大きな公演がある日は雨が降るというジンクスもある

関連サイト
韓国公式サイト www.rain-jihoon.com (韓国語)  
日本公式サイト www.rain-jungjihoon.jp (日本語)
SNS twitter.com/29rain
【イ・スンチョル】 男性ファンも多い「ライブの帝王」!
ロックからバラード、ジャズなどさまざまなジャンルの曲で幅広いファン層を獲得しているトップアーティスト、イ・スンチョル。デビューアルバムが150万枚という大ヒットを記録したのを始め、数々の音楽賞を受賞しています。

1995年からはドラマ・映画のOSTにも多数参加し、特にドラマ「火の鳥」のOST「因縁」は大ヒット、ゴールデンディスク賞も受賞しました。1999年にテレビ出演拒否宣言をしてからはコンサートを中心に活動を行っています。日本では「RUI」の名で活動しています。
PROFILE
生年月日:1966年12月5日
主なジャンル:バラード、ポップ・ロック、ロック
活動略歴:1986年バンド「復活」(ヴォーカル)デビュー、1989年1集「さよならは言わないで」でソロデビュー、2007年まで「夕焼け、そして僕」「The secret of color」「Deep Blue」「The Live Long Day」など発売
主な受賞歴:2007年韓国プロデューサー賞歌手部門

クローズアップ情報
・ドラマ「火の鳥」(2004)、「エデンの東」(2008)OST、日本ドラマ「輪舞曲-ロンド-」(2006)OSTに参加、日本アルバムも発売
・コンピレーション・アルバムは、「Best Of Cf + Drama Hits Vol.2」(1999)、「PLATINUM Ballad 4」(2000)、「ソンムル」(2001)、「Love…」(2001)、「Forever Ballad」(2002)、「同感 2.5 - Say Goodbye Disc1」(2003)など多数参加
・発声練習がクセ
・2014年冬季オリンピック誘致広報大使

関連サイト
本人ブログ http://cy.cyworld.com/home/24128511 (韓国語)
SNS www.twitter.com/Lee_SeungChul
【ソ・テジ】 K-POP界の生きた伝説が復活!
グループ「ソテジ・ワ・アイドゥル」を通じてラップとダンスを加味した新しい大衆音楽を試み、「ソテジ・シンドローム」の主役となったカリスマ・アーティスト!

「大統領になってほしい人物」にダントツ1位で選ばれたという逸話もあるほど、90年代の若者文化に絶大な影響を及ぼした人物の1人です。グループを突如解散した後は渡米し長い間沈黙を守っていましたが、ソロ歌手として再び登場し、現在もハイレベルの音楽センスで活躍しています。

また、韓国語の歌詞に対するこだわりも、彼の魅力のひとつ。
PROFILE
本名:チョン・ヒョンチョル 
生年月日:1972年2月21日
主なジャンル:ロック、ハードロック、ヒップホップ
活動略歴:1989年「Sinawe(シナウィ)」(ベース)デビュー、1992年「ソテジ・ワ・アイドゥル(ソテジ&ボーイズ)」結成(1996年解散)、1998年~2008年「Seo Tai Ji」「ウルトラマンだ」「Issue」「Atomos Part Moai」「BERMUDA」など発売
主な受賞歴:2008年MKMF男性歌手賞

クローズアップ情報
・2001年に日本シングル「Feel the Soul」発売
・広告モデルを務める携帯電話「SPH-W6300」は、別名「ソテジ・フォン」
・ファンの間の愛称は「テジャンニム(大将様)」
・親しい芸能人は、キム・ジョンソ(元シナウィボーカル、現歌手)、ヤン・ヒョンソク(元ソテジ・ワ・アイドゥルメンバー、現YGエンターテイメント代表理事)

関連サイト
ソテジ・カンパニー(所属事務所) www.seotaijicompany.com (韓国語)
韓国公式サイト www.seotaiji.com (韓国語)
グループ歌手
【神話(シンファ)】 10年以上愛され続けるトップグループ歌手!
SMエンターテイメント所属のアイドルグループとしてデビューして以来、10年以上も人気を維持し続けているSHINHWA。メンバー同士の結束の固さと仲の良さでも知られています。韓国を始め日本や台湾などアジアで幅広く活動しているほか、各メンバーのソロやドラマ・映画出演など、グループ活動と個人活動をバランス良く続けているのも特徴です。
2008年からはメンバーの軍入隊などでしばらく個人活動が続きましたが、2012年3月にグループ活動を再開しました。また所属事務所はメンバーごとに異なりますが、グループとしてはSHINHWAカンパニーで独立。
PROFILE
メンバー:(ジャケット写真左から)アンディー/1981年1月21日、エリック(リーダー)/1979年2月16日、チョンジン/1980年8月19日、シン・ヘソン/1979年11月27日、キム・ドンワン/1979年11月21日、イ・ミヌ/1980年7月28日
主なジャンル:ダンス、バラード、ラップ
活動略歴:1998年「解決士」でデビュー、2008年まで「T.O.P」「Hey,Come On」「Perfect Man」「君の結婚式」「Brand New」「State Of The Art」など発売
主な受賞歴:2008年ゴールデンディスク賞ディスク本賞、2007年日本ゴールドディスク大賞ベストアジアアーティスト賞

クローズアップ情報
・エリックは、地下鉄2号線総合運動場駅で公益勤務要員として勤務した
・キム・ドンワンは、西大門(ソデムン)区庁で公益勤務要員として勤務した
・イ・ミヌは、Mライジングエンターテイメントを設立しプロデューサーとしても活動中
・チョンジンは、ケーブルテレビMnet「チョンジンの女子高生」シリーズに出演した
・シン・ヘソンは、イ・ジフン、カンタとともにプロジェクトグループ「S」(2003)としても活動した

関連サイト
韓国公式サイト www.shinhwacompany.co.kr/ (韓国語)
日本公式サイト www.shinhwa-fc.jp/ (日本語)
【東方紙起】 実力も兼ね備えた、日韓で大活躍のコーラスグループ!
「東方の神が起きる」という意味を持つ「東方神起」は、SMエンターテイメントが満を持して輩出したグループ。若くしてコーラス、アカペラまでこなす歌唱力とダンスの上手さで、デビュー当初から韓国で爆発的・熱狂的な人気を呼びました。世界進出を念頭に、早くから「J-POPアーティスト」として日本で活動し始めたことも注目に値します。韓国ではアイドルとしてのイメージが強いですが、「五人五様」のヴォーカルが織り成す美しいハーモニーで、アーティストとしての実力も認められています。
所属事務所との紛争が原因し、2010年にグループ活動一時休止に。同年9月には、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が別事務所を通じてグループJYJを結成し、2011年1月にユンホとチャンミンの2人で東方神起として活動を再開しました。
PROFILE
メンバー:(一番上写真の左から)シア・ジュンス/1986年12月15日※申請日は87年1月1日、ミッキー・ユチョン/1986年6月4日、ヒーロー・ジェジュン/1986年1月26日、マックス・チャンミン/1988年2月18日、ユノ・ユンホ(リーダー)/1986年2月6日
主なジャンル:ダンス、バラード
活動略歴:2004年「Hug」でデビュー、2008年まで「The Way U Are」「Tri-Angle」「Rising Sun」「O-正.反.合.」「MIROTIC」など発売
主な受賞歴:2008年ゴールデンディスク賞ディスク大賞・本賞・人気賞、日本レコード大賞優秀作品賞

クローズアップ情報
・2011年9月から新羅免税店のモデルに参加(JYJはロッテ免税店のモデル)
・ジェジュンは、日韓合作映画「天国の郵便配達人」に出演
・ユチョンの母が経営するジェラート店「TIME OUT GELATO BARS」、ジェジュン主演「天国の郵便配達人」のロケ地「Angel-in-us-Coffee 狎鴎亭ロデオ店」はファンのメッカ

関連サイト
韓国公式サイト tvxq.smtown.com (韓国語)
日本公式サイト toho-jp.net (日本語)
SNS ジェジュン(twitter) ジュンス(twitter) 
【BIGBANG】 韓国を席巻する実力派ヒップホップグループ!
その名の通り、韓国にビッグバンを起こしているグループ・BIGBANG。ヒップホップやR&Bに強いYGエンターテイメントが「既存のアイドルグループの概念を変える」というコンセプトで作ったヒップホップグループで、メンバー各自が作詞・作曲・編曲・振り付けなど制作に参加するという実力派。主にリーダーのG-DRAGONが各メンバーの持ち味を生かして作り上げるハイレベルなサウンドに、多くの人々が夢中になっています。
ソロ活動も活発に行っており、個性的なスタイルはファッションリーダーとしても注目されています。日本ではインディーズ・アーティストとして活動を行っていましたが、2009年6月にメジャーデビューを果たしました。
PROFILE
メンバー:(左から) V.I(韓国名:スンリ)/1990年12月12日、T.O.P/1987年11月4日、SOL(韓国名:テヤン)/1988年5月18日、G-DRAGON(リーダー)/1988年8月18日、D-LITE(韓国名:テソン)/1989年4月26日
主なジャンル:ヒップホップ、R&B、ダンス
活動略歴:2006年シングルアルバム・1集アルバムを連続発表しデビュー、2008年まで「Always」「Hot Issue」「Stand Up」「REMEMBER」など発売
主な受賞歴:2008年大韓民国国会大賞大衆音楽部門賞、韓国放送大賞新人歌手賞

クローズアップ情報
・デビュー前、MTVドキュメンタリー番組「BIGBANG」(全11回)に出演した
・D-LITEはSBSバラエティ番組「日曜日は楽しい」の人気コーナー「ファミリーが現れた シーズン1」に出演した
・T.O.Pは、2009年に放送予定のドラマ「アイリス」に出演した
・G-DRAGONは、「第3回A-Awards」(ARENA、AUDI共催)でブラックカラーウォーカーのスタイル部門受賞

関連サイト
韓国公式サイト www.ygbigbang.com (韓国語)
日本公式サイト www.ygbigbang.jp (日本語)
日本公式ブログ ameblo.jp/ygbigbang (日本語)
メンバー個人ブログ SOL(twitter) G-DRAGON(twitter) 
【sgワナビー】 黄金のハーモニー、3人組R&Bヴォーカルグループ!
圧倒的な歌唱力で韓国トップアーティストの1組に数えられるsg WANNA BE+。1集「Timeless」と2集「罪と罰」「生きて」は、売上・ダウンロードともに大ヒットを記録し、デビュー翌年に韓国音楽界の権威・ゴールデンディスク大賞を受賞するなど一気にスターダムを駆け上りました。重厚で深みのあるR&Bバラードからアップテンポのさわやかな曲まで、彼らならではのヴォーカルとハーモニーを存分に聴かせてくれます。ドラマ「ホテリアー」「悲しき恋歌」OSTで日本でも早くから知られ、日本アルバムもリリースしています。
「sg WANNA BE+」というグループ名には、「サイモン&ガーファンクルのようになりたい」という意味が込められているそう。また、2008年にチェ・ドンハが脱退し、イ・ソクフンが新メンバーとして加わりました。
PROFILE
メンバー:(左から)キム・ヨンジュン/1984年9月12日、イ・ソクフン/1984年2月21日、キム・ジノ/1985年5月21日
主なジャンル:R&B、バラード
活動略歴:2004年「WANNA BE+」でデビュー、2008年まで「生きて」「Classic Odyssey」「The 3rd Masterpiece」「The Sentimental Chord」「Story in New York」「My Friend」など発売
主な受賞歴:2008年ゴールデンディスク賞ディスク本賞

クローズアップ情報
・OSTは、ドラマ「マジック」(2004)、「悲しき恋歌」(2005)、「エデンの東」(2008)に参加
・コンピレーション・アルバムは、「恋人」(2005)、「No. 1 Drama Best/韓流History」(2005)、「No. 1バラードVol.3」(2005)、「Love Letter」(2006)、「同感/4番目の話」(2006)、「はじめのように」(2008)、「恋歌」(2008)など多数参加
・日本ファーストアルバムは、日本ファンのリクエストで構成された韓国曲ベスト盤「I LOVE sg WANNA BE+」

関連サイト
日本公式ファンクラブ www.sgwannabe.jp/ (日本語)
メンバー個人ブログ www.cyworld.com/inthesoul-k(キム・ジノ)
メンバー個人ブログ www.cyworld.com/lshvocal(イ・ソクフン)
今月の人気アルバム
出典:HANTEO CHART
順位 歌手名 アルバム名
少女時代 Gee(ミニアルバム1集)
BIGBANG Remember(2集)
イ・ソラ イ・ソラ7集

※CDのジャケット写真はEVAN RECORDSの提供によります。
今月のNaRoのおすすめK-POP
2AM 1st Single
4人組グループ・2AM(ツー・エーエム)のファースト・シングルアルバム「イ ノレ(この歌)」です。実は2008年夏に発売されたのですが、最近後続曲の活動を見て遅まきながら購入しました。メンバー4人の秀でたヴォーカルが心に響く、アカペラを利かせたバラード中心のアルバムです。歌番組でタイトル曲「イ ノレ」を聴いた時は、「すごく歌のうまい子たちだな~!」と素直に驚き、またかつての国民グループ・god(ジーオーディー)にイメージが似ていると感じました。同じJYPエンタのパク・チニョンプロデュースではあるのですが…。メンバーのチョグォンは8年間練習生として過ごしたとか。これからが気になるグループです。
関連記事

  最終更新日:09.01.22
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
歌手をCheckしよう!~90’sアイドルグループ編~
アーティスト紹介
歌手をCheckしよう!~シンガーソングライター編~
アーティスト紹介
歌手をChleckしよう!~ヒップホップ編~
アーティスト紹介
歌手をCheckしよう!~バンド編~
アーティスト紹介
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]