韓国旅行「コネスト」 韓国の飲酒文化 | 慣習・生活文化・住まい | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 慣習・生活文化・住まい > 韓国の飲酒文化

韓国の飲酒文化

お気に入りに追加 (登録者 : 28人) 印刷する
世界有数のアルコール消費国、韓国の飲酒文化とは?
新入生歓迎会や忘年会・新年会、歓送別会など、大勢が集まる特別な席には日本同様お酒が欠かせない韓国。また、韓国ドラマや映画でも杯を酌み交わすシーンがよく登場するように、普段の生活でも喜怒哀楽、様々な出来事とともにお酒が飲まれます。韓国人1人当たりのアルコール消費量は世界第13位(2011年WHO調べ)ですが、焼酎やウイスキーといった高度数のお酒に限っては、OECD加盟国中、何と1位に輝きます。そんな世界有数のアルコール消費国、韓国にはどんな飲酒文化があるのでしょうか?定番のお酒、基本マナーやユニークな飲み会ゲームなど、韓国ならではのお酒文化をのぞいてみましょう。
飲み会でメジャーなお酒・食事は?
飲み会で飲まれるお酒は、やはり比較的安価なビールや焼酎(ソジュ)が定番。よく飲まれているお酒、そして相性のいい定番おつまみも一緒にご紹介しましょう。
焼酎
韓国の焼酎は、水などで割ったりすることなくストレートかオンザロックで飲まれるのが特徴。日本では原料の味が強く様々なアレンジが利く「蒸留式焼酎」がメジャーなのに対し、韓国の焼酎は99%が既に水で稀釈してある「稀釈式焼酎」で、澄んだ味とやわらかい後味が特徴です。甘みが強く、キンキンに冷えたものをストレートで飲むのが一番おいしい飲み方とされており、50ccの小さなガラスのグラスに注いで飲みます。
甘みの強い韓国焼酎におすすめのおつまみ
サムギョプサル(豚の三枚肉)

脂っこい肉とさっぱりとした

飲み口の焼酎は相性抜群
サムギョプサル(豚の三枚肉)
脂っこい肉とさっぱりとした
飲み口の焼酎は相性抜群
フェ(刺身)

韓国では刺身と言えばひらめなどの

白身魚が一般的
フェ(刺身)
韓国では刺身と言えばひらめなどの
白身魚が一般的
コムジャンオ(ヌタウナギ)

網焼きや炒め物にして食べます。

辛い味付けが焼酎にぴったり
コムジャンオ(ヌタウナギ)
網焼きや炒め物にして食べます。
辛い味付けが焼酎にぴったり
ビール
韓国ビールの代表的な商品はシェア1位の「Cass(カス)」を筆頭に「hite(ハイト)」「OB(オービー)」「Max(メクス)」の4種類。アルコール度数は4.4%~4.5%で5.5%が主流の日本のビールに比べると若干薄く、軽い口当たりでお酒が苦手な人でも飲みやすいのが特徴。黒ビールの「Stout(スタウト)」やアルコール度数の低い「Cafri(カプリ)」などの商品もあり、近年はカロリーオフや原料にこだわったものなど定番商品をアレンジした姉妹品も人気です。
口当たりの軽いビールには辛くてスパイシーな料理が◎
フライドチキン

韓国ではビールのつまみの

定番中の定番
フライドチキン
韓国ではビールのつまみの
定番中の定番
コルベンイ(つぶ貝)

ピリ辛で甘酸っぱい味わいが

ビールと好相性
コルベンイ(つぶ貝)
ピリ辛で甘酸っぱい味わいが
ビールと好相性
ナッチポックム

(テナガダコの辛炒め)

激辛つまみの代表選手
ナッチポックム
(テナガダコの辛炒め)
激辛つまみの代表選手
マッコリ
昔から庶民のお酒として親しまれてきた伝統酒のマッコリ。濁酒(タッチュ)とも呼ばれ、乳酸菌飲料のような色合いとまろやかな味が特徴。アルコール度数は6~8度前後で、発酵時に生成される炭酸が爽やかさを加えます。近年では美容や健康に良いお酒として注目が集まり、地方のマッコリを提供するお店や、おしゃれなマッコリバーが登場するなど、若者や女性にも人気です。
素材の風味が生きた料理はまろやかなマッコリにぴったり
チヂミ(韓国風お好み焼き)

ねぎと海産物をふんだんに使ったパジョン(ねぎチヂミ)とマッコリはベストな組み合わせ
チヂミ(韓国風お好み焼き)
ねぎと海産物をふんだんに使ったパジョン(ねぎチヂミ)とマッコリはベストな組み合わせ
ピンデトッ(緑豆チヂミ)

表面はカリッと、中はふわっとした

食感。マッコリの友ともいえます
ピンデトッ(緑豆チヂミ)
表面はカリッと、中はふわっとした
食感。マッコリの友ともいえます
三合(サマッ)

ホンオ(ガンギエイを発酵させたもの)と

キムチ、豚肉を合わせて食べる珍味。強烈なアンモニア臭でツウの味
三合(サマッ)
ホンオ(ガンギエイを発酵させたもの)と
キムチ、豚肉を合わせて食べる珍味。強烈なアンモニア臭でツウの味
その他のお酒
焼酎の2倍以上の価格ですが、高麗人参や五味子(オミジャ)など数種の韓方がブレンドされた「百歳酒(ペッセジュ)」も風味が良く飲みやすいと人気のお酒。またおなじみの梅酒をはじめ、トックリイチゴの果実酒・覆盆子酒(ポップンジャジュ:12~15度)や山査子(さんざし)を生米で醸造したサンサチュン(14度)などは甘い口当たりで女性に人気です。たんぽぽが原料のミンドゥルレデポは、ほのかな苦味が特徴。最近では、雰囲気のよいお店でカクテルやワインを楽しむ人も増えてきています。
百歳酒(ペッセジュ)
百歳酒(ペッセジュ)
左から覆盆子酒、ミンドゥルレデポ、サンサチュン、梅酒
左から覆盆子酒、ミンドゥルレデポ、サンサチュン、梅酒
たくさんの種類のワインを置く

店も増えてきています
たくさんの種類のワインを置く
店も増えてきています
お酒が飲める店もバラエティー豊か
お酒が大好きな韓国では、お酒を飲める店がたくさんあります。民俗酒店は生マッコリを楽しめるところが多くチヂミをはじめおつまみの種類も豊富。プラスチック椅子とテーブルのある韓国ならではの屋台のポジャンマチャは、旅の気分を盛り上げてくれるでしょう。また若者が集まる街にはビールを楽しむHOF(ホプ)と呼ばれるビアホールや、居酒屋も多く見かけられます。
味のある飲み屋屋台ポジャンマチャ
味のある飲み屋屋台ポジャンマチャ
気軽な居酒屋感覚で楽しめるHOF
気軽な居酒屋感覚で楽しめるHOF
おしゃれなマッコリバーも増加中
おしゃれなマッコリバーも増加中
儒教精神が色濃く残る酒席マナー
コミュニケーションの潤滑油とも言われるお酒。気の置けない友人・同僚同士はもちろん、先輩や上司と親睦を深める意味でお酒を飲むことも多いですよね。そんな時に忘れてはならないのが、酒席でのマナー。目上を敬う儒教思想が根付いている韓国では、お酒の席でも儒教精神に基づいた礼儀作法が強調されます。
お酒を勧める時
お酒は日本同様、目上の人から注ぎます。注ぐ時はビンを右手で持って、左手をビンや右ひじに添えたり胸に軽く当てたりします。また目上の人からお酒を受ける時は、グラスに手を添えて必ず両手で受け取ります。友人同士など気の置けない関係なら、片手で注いだり受けたりしても構いません。
ちなみに韓国では女性が家族や親戚以外の男性にむやみにお酌するのは良くない、という考えがいまだ強く残っています。しかし、最近では若い世代を中心にそういった認識も徐々に薄れつつあり、会社の飲み会などでは男女問わずお酒を注ぎ合う様子も見られます。
乾杯
乾杯の掛け声は、「乾杯(コンベ)!」または「ウィハヨ!」が定番。「ウィハヨ」というのは「~のために」という意味で、「健康のために(コンガンウル ウィハヨ)」や「成功のために(ソンゴンウル ウィハヨ)」という風に使われます。乾杯をする時は、目上の人のグラスよりやや低い位置でグラスを合わせます。
気の合う仲間同士で「コンベ~」
気の合う仲間同士で「コンベ~」
お酒の種類は違えど基本マナーは同じ
お酒の種類は違えど基本マナーは同じ
ウィハヨ!
ウィハヨ!
飲み方
目上の人に対し正面を向いて飲むのは失礼にあたるため、体や顔を少し横に向け、左手でそっとグラスを隠して飲みます。目上の人が隣にいる場合も同様に、少し横を向いて飲みます。お酒には目上の人より先に口をつけないように気をつけましょう。
一気飲みは韓国語で「ワンシャッ(One Shot)」。「イッキ、イッキ」という掛け声は、「ワンシャッ、ワンシャッ」という具合になります。また、グラスを持った2人が腕と腕を回し合い親密に一気飲みする「ラブシャッ(Love Shot)」というものもあります。

※一気飲みは命にかかわる行為です。飲み方にはくれぐれも注意しましょう。
覚えておきたい!その他のお酒マナー
注ぎ足しはNG!
日本では上司や先輩のグラスが半分ほど空くと、すかさずお酌をする習慣がありますが、韓国ではお酒の注ぎ足しは失礼にあたるのでご注意を!これは、亡くなった人に対する儀式の際に、お酒を注ぎ足す行為があるため。相手のグラスがすべて空いてから注ぐのがマナーです。 一方、グラスにお酒が残っている状態で注ごうとする人がいますが、これは「私が新たにお注ぎしますよ」という意思表示。そんな場面では快くグラスを空けると喜ばれます。
空のグラスを渡されたら…
飲んでもらいたい人がいる時は、自分のグラスを空けた後、その空いたグラスを相手に渡してお酒を注ぎます。「お酒を酌み交わすこと=情を酌み交わすこと」という意識が強い韓国では、まさに友好の印とも言える、この行為。しかし、一方では教授や上司・先輩からのグラスはなかなか断りにくく、飲み過ぎの原因になることもあり、良し悪し両方の面があります。
手酌は御法度!
一人酒を好む人や宴会でもマイペースに手酌で飲む人が少なくない日本。それに対し、お酒は皆で楽しく飲むもの、という意識が高い韓国では、注ぎつ注がれつつの関係が重要視されます。中には手酌をした人の前に座っている人に不吉なことが起こると信じている人も。
雰囲気を盛り上げる飲み会パフォーマンス
雰囲気を盛り上げたい時に効果的なのが、お酒を使った様々なゲーム。飲み会の参加者全員で行ったり、罰ゲームを用意したりすることで、場の雰囲気が高まるのはもちろん、お互いの距離もぐっと近くなります。
※許容量を超える飲酒は大変危険です。飲み方や飲み過ぎには十分注意しましょう。
名前どおりの危険度?「爆弾酒」
飲み会の雰囲気が盛り上がるにつれ、テーブルにはさらに酔いを誘うお酒が登場します。その代表が、種類の違うお酒を混ぜる爆弾酒(ポッタンジュ)。ビールが入ったジョッキにウイスキーやブランデーといった洋酒のグラスを落として作るお酒は別名「原子爆弾酒」と言われ、反対に洋酒の入ったグラスにビールを注ぐ爆弾酒は「水素爆弾酒」とも呼ばれます。庶民的な食堂で行われる飲み会では、お店に洋酒が置いてないことも多いため、代わりに焼酎とビールを混ぜて作る「焼麦(ソメッ)」が爆弾酒の定番。しかし、いずれにしてもアルコール度数が高くて酔いも回りやすい、名前どおり危険なお酒です。
1. 焼酎の入ったグラスを…
1. 焼酎の入ったグラスを…
2. ビールのグラスへドボン
2. ビールのグラスへドボン
3. 爆弾を連想させる気泡が特徴
3. 爆弾を連想させる気泡が特徴
波乗り(パドタギ)
焼酎やビールの一気飲みリレー。スタート地点と回る方向が決まったら、各自手元のグラスにお酒を満たして準備します。隣の人がすべて飲み終わる前に飲み始めるのがポイントで、途中で波が途切れたら罰ゲームでもう1杯飲まされるという悲劇も…。
タイタニック
ビールの入ったグラスに空の焼酎グラスを浮かべ、そこに順に焼酎を注いでいきます。注ぐ量は特に決まっておらず、たくさん注いでも一滴だけ注いでもOKですが、焼酎グラスをひっくり返してしまったら負け、というスリル満点のゲーム。罰ゲームにはもちろん、出来上がった爆弾酒の一気飲みが待っています!
竜巻(フェオリ)
洋酒や焼酎をグラスに適量注いだ後、ビールでグラスを満たします。ナプキン数枚でグラスの口を覆い、勢いよく空中で円を描くようにグラスを回すと、中で竜巻のような渦巻きが発生することから名付けられました。爆弾酒を作る時に行われるパフォーマンスのひとつで、度数の異なる2種類のお酒がよく混ざり合うのだとか。
爆弾酒パフォーマンス
ビールが入ったグラスを並べ、その上に洋酒や焼酎グラスを置きます。一番端のグラスを箸でスウィングして、次々とグラスをビールの中に落としていくパフォーマンスです。そんな様子から一部ではゴルフ酒とも言われます。また、テーブルを叩いたり頭をぶつけたりして衝撃を加え、一斉にグラスをビールの中に落とす方法もあります。
コネスト韓国人スタッフが見せた!栓抜きいらずのスゴ技
下宿や野外など、仲間が集まればその場でお酒を飲むことも多い韓国の学生たち。そんな学生時代を過ごしたコネストスタッフの1人が、「飲食店なら大抵ある栓抜きが手元にないこともザラだった」と言いながら、驚きの栓(王冠)開けテクニックを披露してくれました。
スゴ技その1

ポケットのライターを使ってテコの原理でポンッ!
スゴ技その1
ポケットのライターを使ってテコの原理でポンッ!
スゴ技その2

王冠を噛み合わせた状態で下側のビンを地面にぶつけてあけるスゴ技
スゴ技その2
王冠を噛み合わせた状態で下側のビンを地面にぶつけてあけるスゴ技
スゴ技その3

片方のビンを栓抜き

代わりに
スゴ技その3
片方のビンを栓抜き
代わりに
楽しい宴の後は安全に帰宅
飲み会で盛り上がった後、終電・終バスに乗り遅れまいと走る人々やタクシー争奪戦の風景が見られる中、韓国では車で出勤するサラリーマンが多いためか、代理運転手も多く見かけます。韓国の代理運転は日本とはシステムが違っていて、客がコールセンターに電話をかけると代理運転手が一人派遣され、客は自分の車に乗って自宅まで届けてもらうようになっています。料金は約2~3万ウォン(距離によって値段は変わります)と利用しやすい設定。ちなみに代行運転手は業務が終わると終電・終バス(深夜バス)までは公共交通機関を使いますが、運転手をピックアップする代行運転会社の専用車が巡回しているので、それに乗って戻るのだそう。
韓国の二日酔い解消法「ヘジャンクッ」
韓国では泥酔して記憶がなくなることを、「フィルムが切れる(ピルミクンキダ)」と表現します。フィルムが切れるまで飲まなくとも、飲み過ぎてしまった翌日は頭ガンガン、胸はムカムカ…立ってもいられないほど辛いもの。そんな二日酔いから立ち直るための食べ物として、「ヘジャンクッ」と呼ばれるスープが外せません。牛肉や豆もやし入り、魚入りなど様々な種類があり、熱々の味わい深いスープが疲れた胃腸を整えてくれます。
牛の血を固めたソンジ入りヘジャンクッ
牛の血を固めたソンジ入りヘジャンクッ
青唐辛子を追加して目が覚める!コンナムル(豆もやし)クッパ
青唐辛子を追加して目が覚める!コンナムル(豆もやし)クッパ
あっさりとしてやさしい味のプゴクッ
あっさりとしてやさしい味のプゴクッ
濃厚なスープが胃に染みるカムジャタン
濃厚なスープが胃に染みるカムジャタン
街角のヘジャンクッ屋さんは24時間営業しているお店も多く、夜半にはシメとして立ち寄る人たちが、早朝には酔い覚ましとして食べる会社員の姿も見られます。中には日本でいう迎え酒「ヘジャンスル」を飲んでいるつわもの(?)のアジョッシ(おじさん)たちも少なくありません。また、コンビニや薬局では二日酔いにきく手軽なドリンクも各種販売されています。
薬にも毒にもなる韓国の飲酒文化
10人に7人の会社員がお酒中心の会食文化に不満という調査結果も(キャリア、2011)
10人に7人の会社員がお酒中心の会食文化に不満という調査結果も(キャリア、2011)
豊富な「飲みニュケーション」文化、そして復活のための救世主「ヘジャンクッ」の存在など、多様な飲酒文化を持つ韓国。韓国でお酒を飲んでみると、お互いの関係を深め気分を向上させてくれる、お酒の魅力を存分に実感できるかもしれません。しかし、一方で飲み過ぎや飲酒運転の増加など、「毒」となる一面をはらんでいることも確か。そこには先輩や上司の勧めを断りにくい、韓国独特の文化事情も垣間見えます。
韓国における死亡者の10人に1人が飲酒と関連する疾患により死亡しているという結果(韓国アルコール科学会、2008)が報告されているように、過度な飲酒を行う人がいかに多いかが推測できます。また、飲酒運転事故の発生件数も多く、全体の交通事故発生件数に対する飲酒運転事故発生件数の割合は、約12%(道路交通公団、2010)。ちなみに日本は0.8%(警察庁、2009)となっています。お酒と一緒に情も酌み交わす。そんな韓国飲酒文化の魅力を損なわないよう、飲む側にも意識改革が求められているといえるでしょう。
韓国のお酒の関連記事
韓国を代表するお酒
関連記事

掲載日:08.12.19   最終更新日:12.05.17
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国のリアル恋愛事情-現実問題編
慣習・生活文化・住まい
韓国のリアル恋愛事情-愛情表現編
慣習・生活文化・住まい
韓国人と100日
慣習・生活文化・住まい
韓国の引越し祝い・チプトゥリ
慣習・生活文化・住まい
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]