韓国旅行「コネスト」 第23回~倉本裕基さん(作編曲家、ピアニスト) | 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 > 第23回~倉本裕基さん(作編曲家、ピアニスト)

第23回~倉本裕基さん(作編曲家、ピアニスト)

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
美しい風景をイメージさせる優しい音色、心の琴線を震えさせる叙情的なメロディー…。「自然」と「ロマンス」をテーマにした作品で、日本はもとより韓国でも多くのファンを魅了するピアニスト、倉本裕基さん。韓国では「ユキクラモト」の名で広く知られ、「韓国人が最も愛するニューエイジピアニスト」とも呼ばれています。1999年からは毎年韓国各地でコンサートを開催、また韓国人アーティストとも多数共演するなど、「音」を通じた日韓交流にいちはやく取り組んでこられました。 そして2008年初秋、ツアー「Memory of Love」のため訪韓した倉本さんにコネストが独占インタビュー!心地よい癒しの音楽を奏でるピアニストは実はダジャレの達人だった?!知る人ぞ知るその素顔に迫りつつ、今年で10周年を迎えられた韓国公演のこと、来韓公演中の過ごし方など、たっぷり伺ってきました! c
名前 倉本裕基(くらもとゆうき)
本名 北野實(きたのみのる)
職業 作編曲家、ピアニスト
年齢 1951年生
出身 埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ、12歳より栃木県宇都宮市
ホームページ 倉本裕基オフィシャルホームページ
大記録更新中!ソウルでは「ソールドアウト」?!
韓国でのコンサートは1999年から行っていますが、ありがたいことにソウルでは毎回全席完売という記録を持っています。日本ではあまり通じませんが、「ソウルではソールドアウト」というシャレまで生まれました(笑)。数年前から行っている蔚山(ウルサン)や大田(テジョン)といったソウル以外の都市での公演にも大勢の人が来てくださいます。

1,000人規模の比較的小さなホールで行われる地方公演もありますが、皆さん本当に熱心に耳を傾けてくれますね。 日本ではどちらかというと年配のお客様が多いですが、韓国公演には若い方々がたくさん来てくださいます。だから拍手はもちろん、ピューピュー!とかワー!といった声援がすごいですね。最初の頃は驚きましたが、非常に嬉しかったです。
得意のトークは韓国でも?言葉の壁に果敢にチャレンジ
日本では語学的なプレッシャーがないので、トークに重点を置いています。「故郷(ふるさと)はトーク(遠く)にありて想うもの」という言葉もあるでしょ?…って、それは違うか(笑)。韓国公演では最初の頃、「アンニョンハセヨ」だけ韓国語ですぐ英語に変えて話していました。

3~4年前からはできるだけ韓国語で話そうと努力していますが、現地の言葉で話すというのは大変ですね。しかし、あいさつ程度の会話には自信が持てるようになったので、韓国語でのトークを徐々に増やしていきました。昨年のコンサートではすべて韓国語で話したんですよ。

即興で何かを言いたい時などは、すぐに言葉が出てこなくて苦労しますが、やはり現地の言葉で話すと客席からの反応も大きいです。あと言葉という点では、伴奏のストリングス・アンサンブルのメンバーはみな韓国人なので、演奏に関してコミュニケーションが必要な時には注意を払いますね。

公演の準備はクラシック音楽を専門とする韓国のプロモーター(主催者)と一緒に行うので、作業面では特に日韓で大きな違いを感じたり困ったりすることはありません。ただ、直前に手順などが色々と変わることはありますね(笑)。しかし、変更によって大きな支障が出るというわけではないので腹を据えれば特に気になりません。
大編成orソロ…日韓公演それぞれの魅力は楽器編成にあり
私の曲の多くはロマンスや自然の美しさを題材としています。そういった音楽性という基本的な面では日本と韓国の公演に違いはありません。しかし、楽器編成の面では大きな違いがあると言えます。率直に言ってしまうと、韓国公演では来場者数が多く見込めるためバックミュージシャンの数も十分です。

地方公演でも同じ人数のバックミュージシャンがついてくれます。弦楽器が入ると、やはり響きに広がりが出ますね。日本人ファンの中には、韓国まで聴きに来てくださる方もいるんですよ。ある方はソウル公演のチケットが手に入らず地方まで聴きに来てくださりましたが、韓国公演ならではの楽器編成に驚かれていましたね。
反対に韓国の若者が日本公演に来てくれるケースもあります。楽器編成が大きな東京公演はもちろん、小編成で行う地方公演にまで来てくれる方もいて感激しました。

日本の地方公演は弦楽合奏がつかない完全にソロのコンサートが多く、そういったスタイルの演奏は私の韓国公演では聴くことができないので、韓国人ファンには日本公演独特の魅力を感じてもらえるようです。
来韓中は何よりもまず健康管理
公演で韓国を訪れると、コンサート会場、リハーサル会場、ホテルの間を行き来するだけの毎日です。というのも、重要な任務を背負った少し特殊な立場で来ていて、空港到着後はどこへ行くにも送り迎えがつくという状態にあるからです。毎年2~3回は韓国に行くと言うと、韓国語もできて地理にも詳しいだろうと思われがちですが、実はまったくそんなことないんですよ。

よく知人からは「安くてうまい焼き肉屋を教えてくれ」と聞かれますが、答えようがなくてね。「高くて美味しい店なら何度も連れて行ってもらったことがあるけど…」と言います(笑)。公演が行われる約2週間の間は、ケガや体調管理に非常に気を使います。「指1本くらい、ちょっとケガしても大丈夫だろう」という人もいますが、とんでもない。

1本ダメだったらまったく演奏になりません。風邪を引いたりだるかったりすると良い演奏ができないので、遊びに行くことなくひたすら体調維持に努めます。何千という観客が各地で待っていると思うと、遊びに行こうという気持ちはまったく起きません。ただ、プロモーションや打ち合わせなど公演以外の仕事で韓国に来ると少しは出歩くこともあります。

歌手のシン・スンフンとカラオケに行ったこともありますよ。ただ、どこへ行っても、まず入り口で「ユキクラモトだ!」と従業員に見つかってしまうんですよ(笑)。でも、もともと旅行は好きなので、もっと韓国語が上達したらプライベートで妻と一緒に来たいですね。
「倉本の曲」が望まれる韓国でもっと良い演奏を
これまで日本では40枚以上のアルバムを出しました。韓国では現在13枚出していますが、カバー曲などではなく全て私のオリジナル曲となっています。韓国では「倉本の曲」が望まれているという雰囲気を感じ取れるんですよ。だからCDもまだまだ出していけると思いますね。

実はこれまでの韓国公演で、体調不良や個人的な事情で残念ながら万全の演奏ができなかったことが何回かありました。それにもかかわらず、公演に来て応援し続けてくださっているファンの皆さんにとても感謝していますし、もっともっとよい演奏をこれからもお届けしていければと思っています。
インタビューを終えて・・・
柔らかな表情・語り口とは裏腹に、のっけから連発されたダジャレの数々!「癒し系ピアニスト」と評されるだけに物静かな方では?というコネスト記者の先入観を気持ちよく裏切ってくれました。しかし自身の音楽に対する考え、ファンへの思いを語る時の眼差しは真剣そのもの。そんなギャップこそ倉本さんの人気を後押しする魅力なのかもしれません。これからも日韓両国での益々のご活躍をお祈りしています。
  最終更新日:08.10.02
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第84回~川端悠輔さん(観光案内ガイド)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第26回~関康夫さん(日本大使館領事部)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第83回~カンナムさん(歌手・タレント)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]