韓国旅行「コネスト」 韓国の引越し | 在韓日本人お役立ち情報 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 在韓日本人お役立ち情報 > 韓国の引越し

韓国の引越し

お気に入りに追加 (登録者 : 16人) 印刷する
韓国在住者にとって気になる話題の一つが住まいに関すること。慣れない海外生活だからこそ、自分だけの落ち着ける空間が欲しいものですよね!より良い環境を求め、引越しを考えているという韓国在住者の方も多いのでは?

今回、コネストスタッフSさんの従姉妹であるAちゃん(韓国留学中)が、コシウォンからオクタッパンへ引っ越すという話を聞きつけ、部屋探しから引越しまでの模様をレポートして参りました!
不動産屋へ行こう!
まず初めにしなくてはならないのが部屋探し。学校の授業が忙しく、韓国語もまだ拙い従姉妹のAちゃんに代わり、コネストスタッフ・Sさんが部屋探しをすることに。部屋探しの方法としては、インターネットやフリーペーパー、張り紙などと様々な方法がありますが、自分の希望に近い条件で部屋を探してくれる不動産屋へ行くのが手っ取り早く、一般的です。韓国には個人経営の不動産屋が街中のあちこちにあり、たいていの場合は近所の物件のみを扱っているので、住みたいエリアを絞ってから行くのがベターです。
張り出されている物件をチェック
張り出されている物件をチェック
良さそうな物件があれば中へ!
良さそうな物件があれば中へ!
希望の条件を伝え、その条件に近い物件を紹介してもらいます。気になる物件があれば実際に見学させてもらいましょう。コネスト一行も早速不動産屋の担当者と共に部屋の見学へ!果たしてどんなお部屋が待っているのでしょうか?ドキドキ!!
どんなお部屋か、期待に胸膨らます一行
コレだけは譲れない!Aちゃんのお部屋探し、希望条件
条件その1 保証金1,000万ウォン以内で、月々の家賃は出来るだけ安く!
条件その2 憧れのオクタッパンに住んでみたい!
条件その3 最寄り駅から徒歩10分以内&買い物に便利な市場へ徒歩圏内!
扉を開けてビックリ!一行が見たものとは…!?
「さぁ、ここですよ~」と担当者に言われ、部屋の中へ入った一行はビックリ!まだ人の住んでいる気配が…。実は韓国では、住人がいるにも関わらず部屋を見学するというのはいたって普通のこと。住人が留守の際には大家さんが鍵を開けて中を見せてくれます。いくら韓国では普通とは言っても、人が住んでいる部屋を見学するのは少し気が引けますね。しかし、慎重にならなければならない部屋探し。気になる点があれば大家さんや不動産屋にどんどん質問しましょう!
住人の荷物があると、実際の広さがわかりづらいので要注意!
最低限これだけは確認しておこう!お部屋見学の際のチェックポイント!
・ドアや窓の開け閉めに問題はないか。カギはちゃんとかかるか。
・電気やガスはちゃんとつくか。
・水道やシャワーの水圧はどうか。お湯は出るか。
・オプションの家具や電化製品はあるのか(まだ住人がいる場合、何がオプションなのかがわかりづらいので注意)。
・修理の必要な箇所はあるか。修理が必要な場合、修理費は誰が負担するのか。
・管理費の確認(水道費などが込みになる場合もある)
・入居可能日の確認(前の住人がなかなか出ていかない場合もあるので要確認)
今回はAちゃんの希望する条件に沿うお部屋が見つかったということで、Sさんが代わりに仮契約!「保証金500万ウォン、月々の家賃20万ウォン、管理費なし」という、当初の予定よりもかなり安い金額での契約をすることができました。この日は契約書にサインと捺印、そして不動産屋への手数料10万ウォンと保証金の一部(通常は保証金の10%程度)を支払い、手続き完了。本契約と残りの保証金の支払いは引越し当日に行うことになりました。
※韓国では賃貸の契約期間は2年間というのが通例です。留学生などで、長期滞在の予定がない方は1年、または半年での契約が可能かも必ず確認しましょう!

お部屋探しが完了!あとは引越しの日を待つのみです
いよいよ迎えた引越し当日
韓国で引越しの際には「イサッチムセンター」と呼ばれる引越し業者、または「ヨンダル(用達)」という運送業者を利用するのが一般的で、ヨンダルは通常、1トントラックと運転手1名が来てくれます。今回は荷物がそれほど多くないので、ヨンダルに荷物運びをお願いしました。料金は移動距離によって変わりますが、近場であれば5~8万ウォンくらいが相場です。利用する際には1週間前までには予約しておきましょう!

いよいよ引越し当日、本来であればヨンダルのアジョッシ(おじさん)が荷物を取りに来る前に荷物を整理しておかなければならないのですが、学校の勉強などで多忙なAちゃん、約束の時間になってもほとんど片付いていない状態…。アジョッシにブツブツと文句を言われながらも一緒に荷物をまとめてもらいます。
アジョッシにお手伝いいただくこと数十分、すっかりきれいに片付きました!
予定の時間より少し遅れ、待たせてあったトラックへ急いで荷物を運び込みます。ワンルーム程度の部屋の広さであれば、男性2~3名いれば人手は十分!ヨンダルのアジョッシをもう1名呼ぶと追加料金が発生するということで、コネスト男性スタッフもお手伝いに駆けつけました。気になる荷物の量は…大きな家具や家電がなかったせいもあり、1トントラックで少しスペースが余る程度でした。
韓国の引越し豆知識~その1
引越しは「ソンオンヌンナル」に!?
占いをとても重視する韓国では、引越しが特に集中する日があります。それは「ソンオンヌンナル(ソンのいない日)」と呼ばれる、陰暦の9と0のつく日。”ソン“とは東西南北の4方位に現れ人々の活動の邪魔をする疫病神のことです。陰暦の9日、10日、19日、20日、29日、30日になるとこの疫病神が空にのぼっていなくなるため、引越しをするのに縁起の良い日とされています。特にこの日は引越しが多くなり、引越し屋の料金が高くなることもあるのだそう。
新居へ到着
トラックが新居へ到着し、荷物をせっせと部屋へ運び込みます。Aちゃんのお部屋は2階建ての建物の屋上部分にあるオクタッパン!こちらの建物にはエレベーターがないため、幅の狭い階段を何度もワッタガッタ(行ったり来たり)しなければなりません。エレベーターのない建物の場合、ヨンダルの追加料金が1~2万ウォン発生することもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また、アジョッシがトラックから荷物を降ろすだけで階上まで運んでくれない場合もあるので、階上まで運んでくれるのかどうかも合わせて確認しておきましょう!
コネストスタッフも引っ越し祝いに
引越しもひと段落したところで、コネストスタッフ数名が引っ越し祝いに駆けつけました。コネストスタッフそれぞれの手にはトイレットペーパーやお菓子、飲み物などのお祝いの品が!

韓国では実用的な贈り物が喜ばれる傾向にあり、前もって本人に何が欲しいかを直接聞いてしまう場合も多いようです。今回はAちゃんからのリクエストに応じ、電子レンジなどという高価なものもプレゼントされました!
韓国の引越し豆知識~その2
引越し祝いにはトイレットペーパーか洗剤を持って行くべし!
韓国では引越し祝いに行く際、トイレットペーパーか洗剤を持って行くのが定番です。トイレットペーパーは「家庭内の問題などが円滑に進んでいきますように」、洗剤は「財産や幸せが泡のごとく膨らみますように」という意味があります。紙類や洗剤などの化学製品の値段が日本に比べて高い韓国。どちらも実用的すぎるような気もしますが、実は何よりも有り難い贈り物なのかもしれませんね。
まだまだ作業は終わらない
荷物が片付いたからといって安心してはいけません!実際に生活を始めるためにはやらなくてはならないことがまだまだあるのです!まずは鍵の取り付け。女性の一人暮らしということで、念のために鍵屋さんを呼んで新しい鍵を1つ追加して取り付けてもらいました(今回は5万ウォンでした)。また、今や日常生活に欠かせないインターネット!こちらはケーブルテレビとセットで業者に接続してもらうのが韓国流です。
鍵の取り付け
鍵の取り付け
インターネットとケーブルテレビの工事
インターネットとケーブルテレビの工事
そして、最近の新しい家ではほとんど見られなくなりましたが、オンドルや温水を使う際のボイラーの水補充も大事な作業の1つです。旧式のボイラーには、オンドル調節器の「水補充」ランプがあり(写真右下の赤丸)、ランプが点滅している場合には熱いお湯が出てきません。こんな時は説明書の指示に従い、ボイラーのタンク内に水を溜めていきます。水補充完了の合図として管から水が流れ出てくるので、最後にお鍋などでその水を受ければOKです!
水補充が必要なオンドル調節器
水補充が必要なオンドル調節器
ボイラーの水補充
ボイラーの水補充
一仕事終えた後はみんなでチャジャンミョンを出前
韓国の引越しと言えば、「引越しそば」ならぬ「引越しチャジャンミョン」を食べるのが定番!日本の引越しそばのように「おそばに末永く」だとか「細く長いお付き合いを」などといったような特別な意味はなく、ただ単に引越しの片付けに追われ料理できる状態でない時に、電話一つですぐに出前してくれるからなのだとか。なんでも「パルリ、パルリ(早く、早く)」の韓国人、こんなところでもやはりスピード重視なのですね!
こうしてAちゃんの引越しも無事終了!皆さん、お疲れ様でした~!
今回の引越しで要した費用
住まいの慣習にも現れる日韓の違い
住居の形態や賃貸制度など、住まいに関する慣習もまったく違う日本と韓国。部屋の契約や引越しの際に「日本だったらこんなことないのに!」などと感じてしまうこともしばしば。しかしそこは「郷に入っては郷に従え」という言葉通り韓国のルールをよく理解することが大事!事前の下調べをしっかりし、より快適に韓国ライフを送りましょう!
韓国の住宅事情の関連記事
住居形態・家賃制度
関連記事

  最終更新日:08.06.20
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
住民登録(在外国民)
在韓日本人お役立ち情報
EXPARO(エクスパロ)海外送金
在韓日本人お役立ち情報
役立つ韓国ウェブサイト集
在韓日本人お役立ち情報
日本から韓国への送金
在韓日本人お役立ち情報
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]