韓国旅行「コネスト」 コネストと共に振り返る2006 | ニュースで見る韓国 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国の社会 > ニュースで見る韓国 > コネストと共に振り返る2006

コネストと共に振り返る2006

お気に入りに追加 (登録者 : 0人) 印刷する
みなさん年越しの準備は進んでますか?こちら韓国では旧暦(陰暦)で正月を盛大に祝うため、新暦の正月は日本ほど大きな行事でもありません。それでも一年をちゃんと締めくくって、気分新たに2007年を迎えたいですよね?そこで2006年の有終の美を飾るべく、特別記事をご用意しました!「あんなこと~こんなことあったでしょ~♪」  さあ、コネストと一緒に2006年を振り返ってみましょう!

まずはコチラ!今年はコネストも多くの芸能人に会いました
芸能・エンターテインメント部門
芸能人たちの結婚式

2006年は「双春年(サンチュンニョン):陰暦で一年に立春が2回ある年」で、結婚に吉!と言われていましたが、韓国芸能界でも例に漏れず2005年の倍以上の52組がゴールイン!

6月は「猟奇的な彼女」のキョヌ役でお馴染みのチャ・テヒョン氏が結婚!芸能人の結婚式といえば、招待客の豪華な顔ぶれにも期待がかかりますよね。この日はピ、チソン、チョ・インソン、アン・ジェウク、リュ・シウォンなどの韓流スターもお目見え。


9月には日本でも活躍中のユン・ソナさん。11月には女優のチャン・シニョンさんと芸能事務所BOFのマーケティング理事、ウィ・スンチョル氏の結婚式が行われました。BOFといえばペ・ヨンジュン氏やソ・ジソプ氏の所属事務所。残念ながらヨン様は現れませんでしたが、ソ・ジソプ氏、クォン・サンウ氏の姿をとらえました!
関連記事:チャ・テヒョンの結婚式リポート
ノンバーバルパフォーマンス旋風
台詞が少なくて国籍を問わず楽しめる「ノンバーバルパフォーマンス」が人気爆発!まだ見てないあなたは今すぐ劇場へ~!

世界トップレベルのブレイクダンスを身近で!「B-BOYに恋したバレリーナ」

世界が注目する興奮のステージ「BREAK OUT」

専用館もオープン!ますます勢いに乗る「JUMP(ジャンプ)」
映画「王の男」「怪物」の大ヒット
2006年の韓国映画界は2大ヒット作で話題持ち切り!大鐘賞、青龍賞の各映画賞でも、それぞれが賞を総ナメほどの人気っぷりでした。ただ両作品とも日本での興行成績が伸び悩んだようで、ちょっと残念な気もします。

まずは2005年12月29日公開の「王の男」。前評判はそれほどでもなかったのに、口コミでどんどん観客数を伸ばし1230万人を動員。コンギル役のイ・ジュンギが巻き起こした「美男子シンドローム」のほか、宮廷芸人に再度スポットライトがあたるなど、社会全般に影響を及ぼしました 。

続いて7月27日公開の「グエムルー漢江の怪物―」。公開38日目にして「王の男」の動員記録を塗り替え、最終的には1911万人という韓国映画最高の興行を記録。あのグロテスクな怪物が誕生するまでに2年半もの間、2000体近いイメージ像が作られたとか・・・怪物制作費用のみで約50億ウォンというから驚きです!
関連記事:
第43回大鐘賞映画祭part1
第43回大鐘賞映画祭part2
第27回青龍映画賞
第11回釜山国際映画祭
映画といえば、もはや世界的映画祭となった「釜山国際映画祭」も忘れてはいけません!第11回目を迎えた今年も、日本を始めとする世界各国から多くのゲストが訪れ、大盛況のうちに幕を閉じました。なんと、コネスト記者はVIPパーティであのイ・ビョンホン氏に遭遇!普段着でリラックスしたビョン様は、気軽にサインに応じてくれました。もちろんサインは今も大事にしまってあります。
関連記事:
釜山国際映画祭フォトレポート
コネスト記者の釜山国際映画祭レポート1
コネスト記者の釜山国際映画祭レポート 2

硬派な話題も盛りだくさん
社会部門
FTA、スクリーンクオーター制度縮小
2006年はとにかくFTA(韓米自由貿易協定)の是非に揺れた年でした。特に韓国映画界を震撼させた「スクリーンクオーター縮小」問題に話題集中!韓国映画の義務上映期間は、映画館の年間上映日数の40%に相当する146日以上でしたが、73日と半減されました。

そこで立ち上がったのが、韓国映画人たち。自国映画の保護を訴え、スクリーンクオーター死守集会を開き激しく反発しました。豪華スターたちの姿をひと目見ようと、訳もわからず集会に訪れた若者も多かったとか。スクリーンクオーター縮小反対1人デモでは、連日チャン・ドンゴン、イ・ジュンギなどの人気俳優が参加。数百人の取材陣や人並みが押し寄せ、わずか数分でデモが打ち切られるという事態も発生しました。
関連記事:スクリーンクオーター制度
新5千ウォン札登場
2006年1月2日より新5千ウォン札(写真上)が登場。しかし登場するやいなやリコール(不良製品の回収)騒ぎが勃発!なんでも、ホログラム(偽造防止用の立体画像フィルム)がついてなかったりしたとか。なんだか韓国っぽいな~と妙に納得してしまうのは私だけでしょうか?最初は小さい5千ウォン札に抵抗を覚えたものの、1年近くたった今では旧5千ウォン札(写真下)がどんなだったかさえも思い出せないほどです。
関連記事:韓国紙幣のお話~5千ウォン札~
ちなみに2006年はウォン高円安が続き、100円=768ウォンまで値下がり(2006年12月下旬)なんてことも!日本からの旅行者や在韓日本人にとっては厳しい一年になりました。来年こそはレートが上昇するといいんですけどね。
関連記事:1万円同時多発両替!
高句麗ブーム
今年は高句麗を扱ったものがブーム。10月にはソウル歴史博物館で、北朝鮮にある古墳を写真でそのまま再現した「高句麗古墳壁画展」が行われました。
さらにテレビ局では高句麗関連の時代劇の嵐。まずはMBC「朱蒙(チュモン)」。こちらは視聴率40%をたたき出す国民的ドラマに。それに続きSBSが「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)」、KBSが「大祚栄(テジョヨン)」を放送。そして2007年春にはペ・ヨンジュン氏主演の「太王四神記」(MBC)まで加わる予定。これは日本のファンが放っておかないでしょう!どうやら高句麗ブーム、来年まで続きそうですね。
統一地方選挙
5月31日に16の市・道知事で統一地方選挙が行われました。この日は特別に公休日となり、みんなこぞって選挙へ行こう!と呼びかけていました。その結果・・・投票率は51.3%。韓国もとうとう政治離れか?
それはそうと、韓国の選挙運動って日本と違って派手なんです!候補者や応援者が歌うわ踊るわ・・・日本人からするとかなりのカルチャーショックです。新しいソウル市長はオ・セフン氏に!

サッカーに野球にフィギュアに、韓国スポーツ界が熱い!
スポーツ部門
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)
3月に行われたWBCでベスト4の快挙を成し遂げた韓国チーム。野球に興味がなかった国民も「テーハンミングッ(大韓民国)」と叫び、一丸となって応援しました。日本の読売ジャイアンツ在籍のイ・スンヨプ選手の大活躍も記憶に新しいですよね。
決勝進出をかけた対日本戦での熱狂振りはサッカー並!?特に試合前のイチローのコメントが韓国代表&国民の闘志に火をつけたよう。サッカーだけではなく、野球も国民的スポーツか!?と思わされた瞬間でした。
フィギュアスケート・キム・ヨナ選手
韓国の氷上の妖精、金妍兒(キム・ヨナ)選手(16歳)が、12月ロシアで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナルで、日本の浅田真央選手を押さえて優勝!100年を超える韓国フィギュアスケートの歴史を新しく塗り替えた瞬間でした。帰国後「フィギュアの女王」と称えられた彼女は、国会大衆文化&メディア大賞を受賞したり、CMモデルに抜擢されたりと大忙し。これは日本フィギュア界もうかうかしていられません!
「AGAIN 2002」 2006年ドイツW杯
2006年といえば、やっぱりこれを置いてほかにないでしょう!2002年を再沸させるかのごとく街の至るところに「赤い悪魔」たちが出現。老若男女入り乱れての国民イベントとなりました。ソウル市庁・光化門(カンファムン)前には数万人の人だかり。やっぱり皆で盛り上がるの大好きな韓国人ならではですね。街が赤一色に埋め尽くされちゃいました。「テーハンミングッ(大韓民国)!!!」

今回のW杯はコネストにとっても意義深いものとなりました。「ドイツワールドカップ日本戦の観戦イベント」をコネスト主催で開催。イベント当日は、ソウルにこんなに日本人がいたのか?とスタッフも驚くほどたくさんの人が集まりました。みなさん、韓国で日本チームを応援したくてたまらなかったんですね。サムライブルーのTシャツに身を包み、メッチュ(ビール)片手に大盛り上がりでした。「ニッポン、チャチャチャ!!!」
関連記事:W杯日本vs豪州戦  観戦イベントinソウル
W杯日本vsクロアチア戦 観戦イベントinソウル
ドイツワールドカップ2006街頭応援  総集編


いや~、こうして見てみると2006年もいろいろあったんですねえ。あまりの時の流れの速さに、記者自身も書いててビックリしちゃいました。こうして1年を通じて韓国の情報をお届けしてきたコネストですが、2007年はさらに鋭く深く韓国を追究していきたいと思っています。今までもこれからも、皆さまの温かい眼差しだけがコネストを支えていきます。2007年も応援よろしくお願いします!「セヘポンマニパドゥセヨ(どうぞよいお年を~)!」

  最終更新日:06.12.30
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
2016年上半期の韓国ビッグニュースBEST9
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015/2016年冬編~
ニュースで見る韓国
「NOW!ソウル」で振り返る2015年
ニュースで見る韓国
コネストの目!ニュースで見る韓国~2015年秋編~
ニュースで見る韓国
韓国の伝統食を知る
韓国にいると、日本では想像のつかない体験をするというのはよく聞く話。「私もこんな体験がある!」という方、ぜひコネストの掲示板で教えてください!
 
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]